革ジャン⇔スーツ

毒は持っていません。毒と感じるのはあなたの感性。

蜘蛛

私が東京でゴソゴソと活動するようになって何年くらいになるだろうか。考えてみると新宿のボロいマンスリーマンションで約1年、秋葉原で1年と、併せて2年経つか経たないかくらいではないだろうか。東京をウロウロするようになった当初は建物の高さと人の多さに戸惑い、会社の規模や活動的な層が大阪とは3ステージほど違うな、と思ったものである。毎日新しい人と名刺を交わし、私が何者であるかを表情豊かに、手振り身振りで説明をし、私がそばに居る事であなたの力がより強力なものになる、あなたの会社でより利益を出すことが出来ると、誰も触らないごく僅かな隙間に私のアイデアを流し込む。おかげさまでここ東京でも私の名前が少しだけ浸透するようになってきた。情報が集中する東京で名前が上がると地方からの依頼が増える。東北や中部地方からも声を掛けてもらえて有難い限りである。自分でも思う私の長所は「調子に乗らないこと」だ。初心を忘れずとまでは行かないが、強引な営業はせずとも私がしっかりと製品を理解し、相手が欲するものをしっかりと握ることが出来れば売ろうとせずとも買ってもらえるのだ。クレクレと自分が欲しいものだけを要求し、その強引さと分厚いツラの皮を自分の能力だと恥ずかしげもなくプレゼンするような輩は私の周りにはもういない。そう、順風満帆だ、と言いたいところではあるが、いかんせん忙しすぎる。「おで、だいじょうぶなの?」とバカみたいな喋り方をした私が脳内で独り言つ。秋葉原の部屋で缶ビールを空け、胃の中へ一気に流し込んだ後ベッドに横たわり、天井を見上げる。そこに一匹の蜘蛛。1cmくらいだろうか。そういえば何ヶ月か前にも見たな。私が現場に行って部屋に居ない日もコイツはここに居るんだろうな。ボーッとその蜘蛛を目で追っていると、天井、カーテン、掛け布団へと移動し、最後に私の足へピョンと飛び乗った。蜘蛛から見た私は何者なんだろうか。何者でもない。ただ大きくてゆっくりと動く生き物。警戒もせず私の足をちょこちょこと移動する蜘蛛。無機質な関係性がお互い心地よいので放っておこうか。私は蜘蛛のために何かが出来るだろうか、出来ねえわな、と思いながら手を近づけるとピョンとまたどこかに移動した。私とこの蜘蛛はただ相手がそこにいる、という認識だけをし、警戒するでも信頼するでもなくここに存在する。あの蜘蛛はいつまでいるのかなと思いながら私はポケモンGOのアプリを立ち上げ、まだギラティナに逃げられてイライラするのである。

 

ブロガーバトン

mari12.hatenablog.com

 

さて、私のような薄気味悪いブログにもバトンなるものを渡してくださる優しい方がいらっしゃるので答えておきたいと思う。私の情報など知りたい人がいるのかと甚だ疑問ではあるが、世の中というものは見てはいけないと言われるもの、仄暗い洞穴の奥を覗きたいという好奇心や、自らは別に見る必要のない残虐なホラー、そして、こら!あの子と遊んじゃダメって言ってるでしょ!とお母さんに怒られても薄気味悪くて不気味で根暗なアイツが少しだけ気になる、といった事が1/8192くらいの確率ではあると思うので書いてみたい。私のことが嫌いな奴は遠慮なく引き返してくれ。何やらシートのようなものがあるようだが私にその手の画像処理能力はない。悪しからずご了承頂きたい。

 

f:id:punkrockers:20200816121202j:plain

 

★ アイコン

f:id:punkrockers:20200816121443p:plain

マリさんの親友 id:elve 氏が描いてくれたものである。私はブログの題名や名前に執着が無いため飽きたら名前を変えるという訳の分からないことを繰り返しており、その時にアイコンとして使っていたブタゴリラの拾い画像を見かねて描いて下さった。私の顔面はこのキャッチーでキュートな顔面そのものなので、まだ私を見たことない人が私と待ち合わせするならば、この画像を頼りに探して頂きたい。

 

★名前

わべ

ブログを始めた当初は「サマンサ田端」とか「おちょい」とか「影」とか「ネバダ臭」とかなんかそんな感じで名乗っていた気がする。名前を変えるたび優しい周りの人たちはその名前で呼んでくださるが当の本人は自分の事を呼んでいると気付かないという天然のファインプレーを常時していた。

 

★年齢

45歳(今年46歳)

 

★ブログ歴

前のブログを一度消しているので曖昧ではあるが、丸3年経ったなぁ的な記事を更新してそのブログを閉鎖、そしてこのブログが3年弱なのでもうすぐはてなに6年くらいいるんではなかろうか。インターネッツでの成長は全くみられない。

 

★2020年8月16日現在総記事数

182(前のブログは分からん)

 

★更新頻度

新幹線で移動中に気が向いたら書く。

 

★ブログのジャンル

と言われても私には分からん。私の心の中。

 

★ブログを始めたきっかけ

当時、アフィブログなるものがあると何かで見て「私の文章は金に変えると幾らになるんだろう」と 初めてみたは良いが年間のはてなPro代がペイする程度だったので辞めた。

 

★今後のブログの野望

野望は別にこれと言って無いが、インターネッツでやってみたい事やアイデアはあるので時間が作れればやってみたい。

 

★ひとこと

生きる!

 

★一番古い記事

punkrockers.hatenadiary.com

 

前のブログから転生した記事が古い記事のようだ。この頃はまだ他のブロガーとポカポカ殴り合いをしていた時期であるが、今はもうそんなガラ悪いブロガーはいないようである。「あの頃は言及とか喧嘩とか何やかんやで楽しかったなぁ!」なんて言っているブロガーが多い中、私は本気で腹立つとか嫌いな奴としか言及でやり合っていなかったので、楽しかったような思い出はない。

 

★お気に入りの記事

お爺ちゃんなので内容の似た記事が多い。

 

★バトンを回したい人

www.cobalog.com

 

どうせならこういうバトンとかあまりやらない、やってるのあんまり見ない人へ渡そうと思う。コバやんである。私のような薄気味悪いオッサンブロガーは、とにかく男ブロガーが全く寄り付かない中、このオッサンだけはブログを立ち上げた最初の頃からとにかくブコメやスターをくれていた。こういった人達がいたからブスブスと燻った火が消えないで思い出したかのように今でもブログを書くことが出来ているのであろう。暇な時にこのバトン記事を書いてくれれば幸いである。

このバトンに関して、皆簡単に書いていたので私は逆にこれまたしつこくクドいものを書いてやろうと挑戦した結果、当たり前のようにクドいバトンとなった。こんなクドくて気持ち悪い文章をよくここまで読んでくれたものだ。臭いけど慣れると旨い、好きな人は好き、私は納豆のようにネバネバでどこかの誰かがクセになるような何かを書ければ良いなと、思い出したようにはてなブログのアプリを立ち上げるのである。

 

 

俺の普通はどこにあるのか

30歳で就職した会社では営業資料を渡されて「んじゃ行ってこい」というような会社であった。誰も、何も教えてくれない。「お前営業やろ?グダグダ言うてんととりあえず売ってこんかいな。売れへんのはお前の営業能力が低いんや。」という無言の圧力がこれでもかと事務所中に封入されていた。私のような頭の悪い人間は何も疑わずに「売れないのは私が悪いのだ」と必死で売り歩いた。朝は朝礼で社訓を叫び、3分間スピーチを強要され、何も分かっていない私に社内プレゼンをさせては失笑されるという毎日であった。

これが普通なんだ

数年もすると「何かがおかしいな」と私のような頭の悪い人間でも分かる。そこから切り替えた(開き直った)のだ。何を言われようとも、売れ上げが無くとも、製品の知識を付けるのが先だ。私はここで給料を貰いながら勉強をするんだと。それが嫌ならクビにしろよと。出来るのか?出来ねえだろ。出来るわけないよな。他の営業も売上無いんだから。そこからは猛勉強と同業他社との付き合いが始まる。売り上げ?知るかそんなもん。お前売ってこいよ。

これが普通なんだ

仲良くなった同業他社にお願いをして営業資料を貰った。中身を見て驚いた。我々が使ってる資料の精度の低さに。自社の技術者が描いた図面と他社のものを比べると、自社のものはもう子供の落書きである。私が営業に出てお客さんとその資料を見ながら話す時のお客さんの苦笑い。これか…と思った。私は自腹で金を作って他社に発注した。我々の製品はこういうものだ、図面を描いてくれないか、と。

これは普通なのか?

知識を得た私、しっかりした図面、当たり前だが売れないわけが無い。私はその会社で唯一「会社に金を持って帰る営業」になった。しかし、残念ながらその会社の体力はもう無かった。当たり前だが倒産した。そして自分で一から始め、今に至るという具合である。

普通とはなんだ。その会社の普通、俺の普通、相手の普通、普通はこうだろう?と言われても「どの普通」のことを言っているのかは私には分からない。私は思う。相手の普通はどの位置にあるんだと、私の普通とどれだけ距離があるんだと。私の普通を相手に押し付けるような事はしない。「私の普通」はどうでも良い。あなたはどの軸でどの位置にいて、今私とどの高さで話をしようとしているのか、それを雑談や会話、コミュニケーションで相手からどんどん引き出していく。私の普通を相手に合わせに行く。

私の中の普通が見当たらない

今大きな会社との打ち合わせが多いわけだが、やはり大きな会社には優秀な人達が沢山いて、その「普通」の精度が高い。分からない事は頭を下げて教えてくれとお願いし、自分でもなるべくその位置の普通で会話が出来るように毎日勉強している。私がよじ登らなければ、私が這い上がらなければ私の「普通」は確立しない。「普通」は私だけでは成り立たない。色んな人の「普通」をジッと観察しながら、私はどの位置の普通を出そうか、といつも考えている。

「普通」を押し切る、押し切れる、決めつける人間はそうやってれば良い。相手が「ふーん」と思うだけの話だ。私の中の普通はカチカチに固まっていない。グニャグニャと変形しながら移動して、あなたの「普通」にまとわりつくのである。

 

 

胡散臭いと言われ続けて

今のこの業界で仕事するようになってからずっと胡散臭いと陰口及び面と向かって言われ続けた私でありもーすが、まぁしょうがないんですよ。私はもうすでに第一印象、格好から顔面全てが胡散臭いわけですね。工事屋の営業なのにそんな感じ?的な立ち振る舞いをしているわけですが、覚えてもらうためにワザとやってんですよ。と、言っても相手が「胡散臭せーな」と思うのには変わらない。まぁブログやTwitterでもいつも言ってますが、私は私の考え方があって、それが裏付けがちゃんとあって説明出来るもの、お客さんがちゃんと欲しがるものであれば、私がどんな顔面であろうと私がどんなバカ営業マンであろうと、勝手に売れると思ってるんですよね。ちゃんとしたものを作ろう、ちゃんと勉強しようと。だから私は自身の製品についての知識や経験は誰にも負けないと思ってるし、どんな質問があってもその場ですぐに回答出来るんですよ。「その件は…少し調べてからメールで回答致します…」なんて言わないですねぇ。なので格好や顔面なんてあまり気にせず「何か変なのがいるな?誰?」みたいなスタイルをもうずっと続けてますね。

そこで、ですよ。そんなこんなで私の事を「胡散臭い奴」「あの詐欺師みたいな奴」的な事を言う人ってやっぱ沢山いるんですよ。何が気に入らないのかは知らないですけども。そういう人は別に「そう思ってりゃ良いんじゃないですかね。」と私は考えるので言わせとけば良いし関わらなかったんですけどね。そうこうしてるうちに大手と組む話が決まって、まだそこまで外部に話してないのに私の事を胡散臭いと触れ回ってた人達が近付いてきたんですよ。「すごいね!」って。自社でも扱いたいって。まぁ普通に考えりゃ「よし!見返してやったぞ!このやろう!」と思うんでしょうけど、「きんもー⭐︎」と思っちゃったわけですね。だっておかしくないですか?そんなにすぐ寝返れるもんなんですかね。そんなにコロコロ仰向けになったりうつ伏せになれる人間なんて信用出来ないですよね。とりあえず「ウチの製品の事をちゃんと理解してくれている企業としか組まないんですけどどうですか?理解してくれてますか?」と色々質問するも、何も答えられず。こういう会社に販売を任せるとクレームになるんですよね。出来ます出来ます全部出来ますと曰う何も考えてない営業マンが多いです。仰向けにならなくて良いです、うつ伏せのまま帰って下さい。

これから私がどうなるのか、なんて分からないし考えても仕方がないのでやる事やってりゃ何とかなるだろと思ってやらなきゃしょうがない。胡散臭いだの詐欺師みたいだの大した事ないだの小心者だのとまぁ好き勝手言う人沢山いますけども、最終的に私がどこに立って何をしてるのかがその時点でのそれまでの私の全ての答えだと思っているので、気にせずやっていきましょう。輩はどっちなんだ?と私が聞いて回らずとも、必ず誰かはちゃんと見てくれているんだと信じてやるしかない。ゴロゴロと時間が経つ毎に色を変える「脱却」とか「再生」みたいなキラキラとした信念など私は要らん。埃だらけで汚ったねぇガッチガチに固まったコンクリートみたいなそれをこれからもポケットに忍ばせて、金の話ばかりするクソみたいな奴らと腹の探り合いをしていきますよ。

まぁそんなクソに私は多分負けないと思いますけど。

 

弱く儚いものたち

私はただのボンクラである。どの程度ボンクラなのかと問われ答えると「お…おう…」と相手が言葉を失くす程度にはボンクラだ。しかしながらこのデブい上半身を使ってたわわなパイパイを揺らしながら華麗なスウェー及びウェービングを行い、偉そうなクソ野郎どものイヤ吉やパワハラ、陰湿な仲間外れを交わしながら生きてきた。自分でもよく普通に生きているなと感心するほどである。たわわなパイパイが相手からの皮肉や嫌味を吸収してくれているのかどうかは知らないが、筋トレをやってもやっても無くならないこのパイパイは、生きやすいように、生きるために、私に必要なんだろうと自分をごまかしそしてすでに諦めている。

そんなボンクラが、どこの仕事、どんな仕事でもいる嫌な奴や悪い奴をどう交わしていたのか。若い頃などは変に難しく考えておらず、ボンクラはボンクラらしく、理不尽な事を言われたり要求されたら「どついて辞めたろ」という姿勢で臨んでいた。なので分かりやすいイジメや嫌がらせは受けた事がない。強い者は弱い者をイジメない。弱い者が立場的により弱い者をイジメる、ということを私は知っている。だから私は変な事を言う輩には先輩だろうが上司だろうが一目で分かる不機嫌な顔をわざとしていた。

その弱い者はその私の顔を見て当たり前のように怯えて引いていく。その後すぐに普通に戻る。あれ?コイツちょっと頭おかしいんじゃない?くらいすぐにニコニコして腰の低い態度をとるのである。「あのわべって奴…なんかちょっと怖いよね…」と「そいつにだけ」思われれば成功である。強者の着ぐるみを着た弱者は、本当の強者には弱い、立場的に弱いけど怖い奴にも弱いのである。

変なパワハラをするような奴に強い奴なんて絶対にいない。大体バカで弱い。だからこちら側はちゃんと力を付けていれば負けるはずはない。知識や経験をちゃんと積んでいれば負けるはずないのだ。そして我々の仲間を増やしていれば、もう終わっても構わねえと我慢できずに机を蹴り上げて啖呵を切っても、どちらが「正」なのかは周りが判断するだろう。

気をつけなければいけないのは、ちゃんと頑張っていないと、ちゃんと結果を握りしめていないと、啖呵を切って辞めると宣っても「あ、そう。お疲れ。」という何とも恥ずかしいシチュエイションが待っている。是非ともそれだけは回避する事をお勧めする。何も出来ない、やろうとしない人間が突如辞めてやる!と叫んでも、それはただの変な奴である。

私はクソ野郎のボンクラであるが、今までの仕事は全てちゃんと頑張っていた。では何故そんなに私は仕事を頑張るのか。社畜なのかい?あんた大丈夫かい?アンタそれヤバくな〜い?などとよく言われていたが、私が頑張る理由は会社の為でも意識高いスピリッツでもない。理由は一つ、自分を守るために頑張るのである。自分の為だ。誰かに何かを突っ込ませるスキを与えず、誰かに追い込まれることなく、自分で自分を先に追い込んで全ての説明を淀みなく出来るようにしておくのである。金なんかどうでもいい。お前に文句を言われたくないとただそれだけなのだ。

怒ると怖そうなイキフン、自分の為にちゃんと頑張る、会社なんかここだけではないと、この3つを心に留めておけば、弱ッちいチンピラに負けることはない。仕事なんて何でもいい。その職場で如何に自分が長く続けられる環境を作れるか、如何に仲間を増やす事が出来るか、如何に自分が頑張れるテーマを見つけられるかだけ考えている。今の仕事が全て消えてゼロになっても問題ない。その時はまた一から、ひょっとこのお面を付けながらニコニコと愛想を振りまき、頑張るだけである。

もしそこで、よく分からないイチャモンをつけてくる輩がいれば、「お前みたいな奴、どこでもいんのな」と心の中で呟き、そしてお面の下の私の目つきが少しだけ悪くなると、ただそれだけである。

 

f:id:punkrockers:20200724170109p:image

 

Air Rhythm

私はお腹が弱い。弱いと言っても普段は便秘症で、酷い時はピンクの小粒を荒ぶって飲む程度には緩い感じではないと自分では思っている。私のお腹が緩くなるのは決まって「辛いものを食べた翌日」と限定される。その当日になると、いつもにこやかな私の表情は一変し、終始ピリピリとした緊張感・少し影のある哀愁漂う中年の表情と化す。

朝から腹の調子が悪い。昨日食べた激辛ガパオライスが原因である。私は辛いものがあまり好きではない。では何故食べるのか。私が聞きたい。自分に問いたいのだ。何故食べるんだと。お前は辛いものが好きではない、そして次の日お腹痛くなるのが分かっているんだろう。あの辛味に美味しさなど感じていないだろう。何故食べるんだと。心に問いただしたが答えは分からない。あれば食う。ただそれだけである。

そんなこんなを考えているうちに、色んな業務をこなしながら腹の痛みが少し変わった気がした。危険な痛みである。危険な痛み、それはどんなものか。腹から背中にまでジワジワと鈍痛が広がる痛み。これはある程度我慢できる痛みではない。すぐにトイレに行かなければいけない。しかしながらここは現場である。私は汚いトイレで排泄出来ないタイプの人間なのだ。汚いトイレで排泄するくらいなら漏らした方がマシだと、健康の為なら死んでもいい的な言わば少しイっちゃってる⤴︎(ナダル参照)感覚の持ち主なのである。近くの商業施設まで約400m。そこまで行くしかない。歩くしかない。私は若干の内股と外股を繰り返す変な動きでオアシスに向かった。Siriの力を緩めないように、気をそこに集中させないように、振動をなるべく与えないように、まるで剣道の達人のすり足を思わせる足さばきで400mを横移動した。

顔面からゴマ油吹き出しながら到着したその多目的トイレに腰を下ろし、そして安堵した。ふと膝まで下ろしたパンツに目をやると、10円玉大の茶色いドットが目に飛び込んだ。ほう…。やってしまったか…。私は自分自身に言い訳のように言ったよ。「これは漏らしたうちに入らないんじゃないか?」と。これはオナラの延長線だと。スラッジ混じりのガスだと。ちくしょう、多目的トイレでヨロシクやってる奴もいればこうやって絶望している初老もいるんだ。不公平だ。人生はイロイロ、男もイロイロなのか。頭の中で現実逃避を繰り返しながらふと多目的トイレの大きな鏡に写る絶望した初老の背後を見ると、そこにはニヤリと笑う大きなカマを持った死神がいて、そして目があった。

何度も何度もペーパータオルを濡らして汚れを拭き取る。私は素人ではない。トイレットペーパーを濡らしたならばすぐにその紙はボロボロバラバラになり二次災害へ突入する。私がそんなケアレスミスはしない。ここでパンツをペーパタオルで拭いているのはビッグミステイクだがそんなことはもうどうでもいい。すぐに乾いてくれるエアリズムのパンツに歓喜しそして安堵した。いける…!鼻歌が出る程度にはホッとしたのか私の足はリズムを刻んでいた。もちろんその時の歌は「悲しみが止まらない」である。切なすぎるバラードが多目的トイレをこれでもかと埋め尽くした。

インターネッツにかじりついている貴様らももういい年だろう。気をつけた方が良い。我々くらいの年齢になるとSiriのバルブが腐っている。そしてリスクヘッジとしてパンツを濃色のエアリズムに変えるんだ。明日は我が身だ。

私の今回の粗相は「漏らした」うちに入るのだろうか。私は「ノーカン」としてやり過ごしているがどうだろうか。いや、どうだろうかもクソもない。私はノーカンとしてもう処理済みである。辛いものはもう食わないと心に誓って今磯辺揚げとビールを味わっているところだ。私もいい年だ。同じ事を何度も繰り返してはならぬ。風呂に入って今日の汚れをキレイさっぱり全て落とすのだ。

 

そして私は今日も、風呂上がりにまたエアリズムのパンツを履くのである。

 

f:id:punkrockers:20200721185336j:image

 

 

iQOSは結局どうなのよ的な

私は考えた。加温しているiQOSを握りしめ、ウンコの気配を感じながら「昔はトイレでウンコする時必ず煙草吸ってたよなぁ」とか「煙草吸わないとウンコ出ないとか言ってたなぁ」とか「煙草の匂いを嗅ぐとウンコしたくなる」とかいうワケノワカラナイ記憶に想いを馳せながら、iQOSでもウンコを呼び寄せる起爆剤になっている事を確認し、そして熱い蒸気を口先から吐き出した。

喫煙者は必ず言う。「iQOSてクッとくるんか?」と。非喫煙者にはこの「クッ」が何かなんてサッパリ分からないだろう。しかしながら喫煙者にとって煙草の「クッ」はかなり重要な要素と言っていい。通常この「クッ」はニコチン・タールともにキツい煙草では必ず得られるものであって、低タールの煙草では「クッ」が無いので満足感がない。私はiQOSを吸いながらこの「クッ」について考えたのだ。

iQOSにはこの「クッ」が存在するのである。ニコチン・タールがほぼ無いのに、である。軽い煙草を観察してみると大体フィルター部分に穴が空いている。煙を吸い込む時にこの穴から空気を一緒に吸い込み、煙の濃度を薄くし、そして煙の温度を下げているのではないか。と、私はそう思っている。私は煙草を切らした時に誰かから貰ってもし低タールのものであればその穴を指で塞いで吸う。だから私低タールの煙草など無意味なんだろうなと思っているのである。

そしてこのiQOSには「クッ」が存在する。私は思う。この「クッ」でiQOSにするのかどうかを悩んでいるのであれば変えてみてはどうかと。私は大半の喫煙者はiQOSで満足すると思う。ニコチン・タールが無くともこの「クッ」があれば問題ないのだ。煙草の「クッ」は煙の熱にある、キツい煙草だから「クッ」とくるわけではない、そう思った次第である。どうしよっかなーなんて迷っている人がいるなら変えてみてはどうだろうか。

ちなみに私はiQOSと普通の紙煙草の二刀流で世の中のルールに従って吸っている。紙煙草を吸っている理由など特に無い。加温する時間がめんどくさい時は紙煙草、家や周りに人がいる時はiQOSといった具合である。

そんなもん誰でも知っとるわという話であれば申し訳ない。ウンコをしながらiQOSを見つめボンヤリとしながら考えていた中年の戯言がただここに漏れた、と思って頂いて構わない。私はただここで「煙草吸うとクッてくるよね」と言いたかっただけなのかもしれない。

くるでしょ?クッと。喉に。

ね?