革ジャン⇔スーツ

毒は持っていません。毒と感じるのはあなたの感性。

猫と食う寝る遊ぶ

みなさんお元気ですかぁ〜。古いですね。私がまだ青い果実の時代に井上陽水が日産セフィーロのCMでウィンドウを開けながら我々一般人に挨拶をしていました。いつ頃のCMなのか調べてみると1988年、30年以上前のようです。恐ろしいですね。計算すると私が14歳の頃。友人にブルーハーツを聴かされて衝撃を受け「俺はこんなままで…良いのか…!」と自問自答していた頃です。中2ですね。

考えてみると私の中身などは未だに中2です。ご愁傷様です。こんなオッサンになっても「今に見てろよこのクソ野郎」的な事を腹の中に秘めながら仕事をしているわけですから、中身なんてそうそう変わるものではありませんね。顔は笑いながら怒る竹中直人を見ると「私のようだな」といつも思いますわね。相変わらず滑稽なオッサンだ。

そんなこんなで毎日を仕事で消費し疲れて家に帰るとそこに猫がいる。自身の手をクロスさせた可愛い脚を枕にしてそこに顎を置き、目だけで私を見上げる。その目に感情は感じない。大好きだとも大嫌いだとも主張しないその目はずっと私を追う。私が手を伸ばすとその不恰好な私の手の匂いを嗅ぎ、そしてゴロゴロと喉を鳴らしながら手の中に頭を突っ込んでくる。

遊ぶと言ってもおもちゃがあまり無いので派手な遊びは出来ない。一通り撫でる行為に飽きた猫は私の手を甘噛みしてくる。リズミカルに後ろ脚でトントントンと私の手を弾きながら、私の手を前脚で抱き寄せながらハムハムと甘噛みしている。徐々にエキサイティングしてくると爪を立て、必死な顔をしながら私の手をハムハムする。猫のその目に感情は無い。

疲れた猫は私の横で腹を見せながら横たわった。喉が渇いた私が台所に立つと「ニャア」と鳴いて私の足元に来る。まだ産まれて4ヶ月の猫のご飯は、カリカリをお湯でふやかせたものだ。飯をくれとせがんでいる。いつまでお湯でふやかせたカリカリをあげるんだろうな、と考えながらお湯を沸かす。猫専用のお皿にカリカリを出すとその音でまた猫は興奮する。ニャアと鳴く。ふやかせるのに少しの時間が必要なので私は家の外に出て煙草を吸う。吸い終わる時間が猫のご飯タイムだ。私を見上げる猫。その目に感情は無い。さぁ食べろ。

食べ終わると脚をペロペロと舐めながら毛繕いを始める。顔をゴシゴシと擦りながら、全身の毛を丁寧に舐めている。「猫の舌のザラザラはクシのような役割をしている」というような事を聞いたことがあるなぁ、とそんな事を考えながらジッとその様子を眺めている。一通り作業が終わると、お気に入りの、いつものフワフワのクッションに移動する猫。前脚を自分の胸に折り返して目を瞑る猫。私は風呂に入るよ。ゆっくりしといてくれよ猫。私が立ち上がるとまた私を見上げる猫。その目に感情は無い。

私が風呂からあがろうと扉を開けるとそこに猫はいた。待っててくれたのか。トイレに行くときも扉の向こうで私を待つ猫。元気に走り回って遊ぶ時に三角跳びの踏み台に私の肩を使う猫。私がスマホを見ながら横になっているのにまるで私など居ないかのように私の身体や顔の上を踏みつけて横切る猫。向こうの方からブワーッと走ってきて私の顔の前でピタッと止まり「チュ」とキスしてプイとどこかに行く猫。振り返ればそこにいる猫。

私は猫にどうして欲しいということなどなく、猫も私に何かをして欲しいでもない。ただ猫はいつも私を見ていて、見られている私はどこか見られていることに安心しているのである。可愛いからコノコノコノコノコノコノ‼️と猫の顔にチュウをするのだが嫌がるでもなくジッと目を閉じて私のチュウが終わるのを待っている猫。終わるとスタスタと定位置について薄目で私を見る猫。

そこに居るだけで私は安心し、そして護られているのは私では無いか、などと考えながら、明日も猫と食って寝て遊ぶのである。

 

猫かわいい。

 

 

サラリーマンをほとんどした事が無いから逆に不安が無い

私サラリーマンというのをあまりした事ないんですよね。20代はイベント系のパネル設営のバイト、後半は家具屋さんでバイト、30歳でサラリーマンになるも2年弱くらいで倒産、次にその倒産した社員で新しく立ち上げた会社の社長が一年弱で「社長やめたい。」とか言い出して社員全員で「はぁあ???」みたいな感じで「んじゃ誰やんのよ」と話し合った結果全員が私を見て「わべ一択ね」といきなり社長やらされてですね。と言ってもオーナーがいたから雇われ社長というやつです。まぁこれが地獄でですね。これもサラリーマンみたいなもんですが借金やら未払い保険料を私に被せて来ようとする輩オーナーと喧嘩して独立、今に至るという感じですね。サラリーマンを体験したのは3〜4年というところでしょうか。なので何事もなく与えられた仕事をこなせば来月定額の給料が入る、みたいなのは今までほとんどなかったわけですね。バイト時代は頑張って管理まで上り詰めて「来月金要るな…」と思えば長く働いて給料増やしてましたし、独立して仕事が無く売り上げが無ければ私の給料も無いと。ゼロですね。ZERO。ZE〜RO〜。極悪ブラック企業からの雇われ社長では手取りの給料が15万くらいでしたけど不動産系の副業してそこそこ稼いでましたね。まぁここまで適当に生きてきた私が言えるのは「やろうと思えばなんとかなる」という事なんですね。「やろうと思えば」というところがミソなんですけどね。絶望なんてしないですね。とりあえず「なんとかなる」と思ってるので。今の私が何もかも失った場合、この年でどうなるんだろうな〜なんて事をたまに考えるんですけどね。地べたから這い上がる方法とかメンタルの作り方はもう大体分かってるのであまり心配してないですね。40代50代で一から始めるのはキツい、なんてよく聞きますけどね。なんとかなるんですよね。なんとかなると思って私は動くので。決まった方法なんて無いです。環境で私を取り巻く状況は変わりますものね。でも大丈夫ですよ。絶対に大丈夫だ、と思いながら私は動くので。私ではどうにもならないのはただ一つ「健康」ですよ。身体と頭が動けば何も心配することはない。大丈夫だ。何も問題ない。そう思いながら昨日も一時間半、サンドバッグを殴り倒し、連続ミット打ちで吐きそうになりながら身体の中の悪いものを絞り出して、目の前に居座る沢山の困難と睨めっこするわけです。

皆様もコロナに気をつけて下さいね。

大丈夫。問題ない。

 

早く大人になりたい

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

新聞や本なんてものを手に取らないバカを絵に描いたような私の10代の頃の「情報」はテレビしか無くて、それも好んで見ていたテレビは、夜中に放送している大人達が好きな事を好きに喋る番組をよく見ていた。いつしか私の中の「大人」のイメージや色はこれらの色で彩られ、そして私もこれらに近づくものだと勝手に思っていた。

あの頃から数十年経った今YouTubeなる便利なものが当たり前となり、そこで私の好きなものを検索する。最近流行っているもの、皆が喜んで見ているものにはやはり興味が薄く、その私の「神経の波」みたいなものに沿う、というかその波長にピタリと合わずともそれに近いものでないとストレスになるらしい。となると上記のような動画をどうしても選んで、好んで見ているということになる。

別に今を否定しているわけでも昔を肯定しているわけでもない。昔のテレビが今より優れていると思っているわけでもない。ここに出ている人達の言葉や話し方や表現が私は好きで、広い視野とか考える過程とかその人の中にある想いであったりが垣間見えるテレビが私は好きだったのだ。ガチャポンのように、無駄なものは全て排除された、効率化されてすぐ目の前に出る「ほら!面白いでしょう!」に私は興味が湧かないのである。

この手の動画を見ていると、気づく事が一つある。動画の中の人達はあの頃のままであるが、私は確実に年を重ねている。あの頃私が思っていた「大人」達に私はどんどん近づいているのである。私はこの人達のような素敵な大人になれているのだろうか。この人達のような知識や教養が今の私にあるんだろうか。答えはNOだ。全然ダメだ。まだまだ色んな経験を積んで色んな失敗をして怪我をして仲間とバカ笑いをしながら勉強をしてさらに深みを出さねばならぬ。

もっと「今」に興味を持たねばならない。Twitterのタイムラインに流れてくる新しいコンテンツや新しい価値観を眺めながら、今日も古い動画に切り替えて「ビートたけしの横に座ってる岸木加世子ごって可愛いやん」とひとりごちた。

 

 

蜘蛛

私が東京でゴソゴソと活動するようになって何年くらいになるだろうか。考えてみると新宿のボロいマンスリーマンションで約1年、秋葉原で1年と、併せて2年経つか経たないかくらいではないだろうか。東京をウロウロするようになった当初は建物の高さと人の多さに戸惑い、会社の規模や活動的な層が大阪とは3ステージほど違うな、と思ったものである。毎日新しい人と名刺を交わし、私が何者であるかを表情豊かに、手振り身振りで説明をし、私がそばに居る事であなたの力がより強力なものになる、あなたの会社でより利益を出すことが出来ると、誰も触らないごく僅かな隙間に私のアイデアを流し込む。おかげさまでここ東京でも私の名前が少しだけ浸透するようになってきた。情報が集中する東京で名前が上がると地方からの依頼が増える。東北や中部地方からも声を掛けてもらえて有難い限りである。自分でも思う私の長所は「調子に乗らないこと」だ。初心を忘れずとまでは行かないが、強引な営業はせずとも私がしっかりと製品を理解し、相手が欲するものをしっかりと握ることが出来れば売ろうとせずとも買ってもらえるのだ。クレクレと自分が欲しいものだけを要求し、その強引さと分厚いツラの皮を自分の能力だと恥ずかしげもなくプレゼンするような輩は私の周りにはもういない。そう、順風満帆だ、と言いたいところではあるが、いかんせん忙しすぎる。「おで、だいじょうぶなの?」とバカみたいな喋り方をした私が脳内で独り言つ。秋葉原の部屋で缶ビールを空け、胃の中へ一気に流し込んだ後ベッドに横たわり、天井を見上げる。そこに一匹の蜘蛛。1cmくらいだろうか。そういえば何ヶ月か前にも見たな。私が現場に行って部屋に居ない日もコイツはここに居るんだろうな。ボーッとその蜘蛛を目で追っていると、天井、カーテン、掛け布団へと移動し、最後に私の足へピョンと飛び乗った。蜘蛛から見た私は何者なんだろうか。何者でもない。ただ大きくてゆっくりと動く生き物。警戒もせず私の足をちょこちょこと移動する蜘蛛。無機質な関係性がお互い心地よいので放っておこうか。私は蜘蛛のために何かが出来るだろうか、出来ねえわな、と思いながら手を近づけるとピョンとまたどこかに移動した。私とこの蜘蛛はただ相手がそこにいる、という認識だけをし、警戒するでも信頼するでもなくここに存在する。あの蜘蛛はいつまでいるのかなと思いながら私はポケモンGOのアプリを立ち上げ、まだギラティナに逃げられてイライラするのである。

 

ブロガーバトン

mari12.hatenablog.com

 

さて、私のような薄気味悪いブログにもバトンなるものを渡してくださる優しい方がいらっしゃるので答えておきたいと思う。私の情報など知りたい人がいるのかと甚だ疑問ではあるが、世の中というものは見てはいけないと言われるもの、仄暗い洞穴の奥を覗きたいという好奇心や、自らは別に見る必要のない残虐なホラー、そして、こら!あの子と遊んじゃダメって言ってるでしょ!とお母さんに怒られても薄気味悪くて不気味で根暗なアイツが少しだけ気になる、といった事が1/8192くらいの確率ではあると思うので書いてみたい。私のことが嫌いな奴は遠慮なく引き返してくれ。何やらシートのようなものがあるようだが私にその手の画像処理能力はない。悪しからずご了承頂きたい。

 

f:id:punkrockers:20200816121202j:plain

 

★ アイコン

f:id:punkrockers:20200816121443p:plain

マリさんの親友 id:elve 氏が描いてくれたものである。私はブログの題名や名前に執着が無いため飽きたら名前を変えるという訳の分からないことを繰り返しており、その時にアイコンとして使っていたブタゴリラの拾い画像を見かねて描いて下さった。私の顔面はこのキャッチーでキュートな顔面そのものなので、まだ私を見たことない人が私と待ち合わせするならば、この画像を頼りに探して頂きたい。

 

★名前

わべ

ブログを始めた当初は「サマンサ田端」とか「おちょい」とか「影」とか「ネバダ臭」とかなんかそんな感じで名乗っていた気がする。名前を変えるたび優しい周りの人たちはその名前で呼んでくださるが当の本人は自分の事を呼んでいると気付かないという天然のファインプレーを常時していた。

 

★年齢

45歳(今年46歳)

 

★ブログ歴

前のブログを一度消しているので曖昧ではあるが、丸3年経ったなぁ的な記事を更新してそのブログを閉鎖、そしてこのブログが3年弱なのでもうすぐはてなに6年くらいいるんではなかろうか。インターネッツでの成長は全くみられない。

 

★2020年8月16日現在総記事数

182(前のブログは分からん)

 

★更新頻度

新幹線で移動中に気が向いたら書く。

 

★ブログのジャンル

と言われても私には分からん。私の心の中。

 

★ブログを始めたきっかけ

当時、アフィブログなるものがあると何かで見て「私の文章は金に変えると幾らになるんだろう」と 初めてみたは良いが年間のはてなPro代がペイする程度だったので辞めた。

 

★今後のブログの野望

野望は別にこれと言って無いが、インターネッツでやってみたい事やアイデアはあるので時間が作れればやってみたい。

 

★ひとこと

生きる!

 

★一番古い記事

punkrockers.hatenadiary.com

 

前のブログから転生した記事が古い記事のようだ。この頃はまだ他のブロガーとポカポカ殴り合いをしていた時期であるが、今はもうそんなガラ悪いブロガーはいないようである。「あの頃は言及とか喧嘩とか何やかんやで楽しかったなぁ!」なんて言っているブロガーが多い中、私は本気で腹立つとか嫌いな奴としか言及でやり合っていなかったので、楽しかったような思い出はない。

 

★お気に入りの記事

お爺ちゃんなので内容の似た記事が多い。

 

★バトンを回したい人

www.cobalog.com

 

どうせならこういうバトンとかあまりやらない、やってるのあんまり見ない人へ渡そうと思う。コバやんである。私のような薄気味悪いオッサンブロガーは、とにかく男ブロガーが全く寄り付かない中、このオッサンだけはブログを立ち上げた最初の頃からとにかくブコメやスターをくれていた。こういった人達がいたからブスブスと燻った火が消えないで思い出したかのように今でもブログを書くことが出来ているのであろう。暇な時にこのバトン記事を書いてくれれば幸いである。

このバトンに関して、皆簡単に書いていたので私は逆にこれまたしつこくクドいものを書いてやろうと挑戦した結果、当たり前のようにクドいバトンとなった。こんなクドくて気持ち悪い文章をよくここまで読んでくれたものだ。臭いけど慣れると旨い、好きな人は好き、私は納豆のようにネバネバでどこかの誰かがクセになるような何かを書ければ良いなと、思い出したようにはてなブログのアプリを立ち上げるのである。

 

 

俺の普通はどこにあるのか

30歳で就職した会社では営業資料を渡されて「んじゃ行ってこい」というような会社であった。誰も、何も教えてくれない。「お前営業やろ?グダグダ言うてんととりあえず売ってこんかいな。売れへんのはお前の営業能力が低いんや。」という無言の圧力がこれでもかと事務所中に封入されていた。私のような頭の悪い人間は何も疑わずに「売れないのは私が悪いのだ」と必死で売り歩いた。朝は朝礼で社訓を叫び、3分間スピーチを強要され、何も分かっていない私に社内プレゼンをさせては失笑されるという毎日であった。

これが普通なんだ

数年もすると「何かがおかしいな」と私のような頭の悪い人間でも分かる。そこから切り替えた(開き直った)のだ。何を言われようとも、売れ上げが無くとも、製品の知識を付けるのが先だ。私はここで給料を貰いながら勉強をするんだと。それが嫌ならクビにしろよと。出来るのか?出来ねえだろ。出来るわけないよな。他の営業も売上無いんだから。そこからは猛勉強と同業他社との付き合いが始まる。売り上げ?知るかそんなもん。お前売ってこいよ。

これが普通なんだ

仲良くなった同業他社にお願いをして営業資料を貰った。中身を見て驚いた。我々が使ってる資料の精度の低さに。自社の技術者が描いた図面と他社のものを比べると、自社のものはもう子供の落書きである。私が営業に出てお客さんとその資料を見ながら話す時のお客さんの苦笑い。これか…と思った。私は自腹で金を作って他社に発注した。我々の製品はこういうものだ、図面を描いてくれないか、と。

これは普通なのか?

知識を得た私、しっかりした図面、当たり前だが売れないわけが無い。私はその会社で唯一「会社に金を持って帰る営業」になった。しかし、残念ながらその会社の体力はもう無かった。当たり前だが倒産した。そして自分で一から始め、今に至るという具合である。

普通とはなんだ。その会社の普通、俺の普通、相手の普通、普通はこうだろう?と言われても「どの普通」のことを言っているのかは私には分からない。私は思う。相手の普通はどの位置にあるんだと、私の普通とどれだけ距離があるんだと。私の普通を相手に押し付けるような事はしない。「私の普通」はどうでも良い。あなたはどの軸でどの位置にいて、今私とどの高さで話をしようとしているのか、それを雑談や会話、コミュニケーションで相手からどんどん引き出していく。私の普通を相手に合わせに行く。

私の中の普通が見当たらない

今大きな会社との打ち合わせが多いわけだが、やはり大きな会社には優秀な人達が沢山いて、その「普通」の精度が高い。分からない事は頭を下げて教えてくれとお願いし、自分でもなるべくその位置の普通で会話が出来るように毎日勉強している。私がよじ登らなければ、私が這い上がらなければ私の「普通」は確立しない。「普通」は私だけでは成り立たない。色んな人の「普通」をジッと観察しながら、私はどの位置の普通を出そうか、といつも考えている。

「普通」を押し切る、押し切れる、決めつける人間はそうやってれば良い。相手が「ふーん」と思うだけの話だ。私の中の普通はカチカチに固まっていない。グニャグニャと変形しながら移動して、あなたの「普通」にまとわりつくのである。

 

 

胡散臭いと言われ続けて

今のこの業界で仕事するようになってからずっと胡散臭いと陰口及び面と向かって言われ続けた私でありもーすが、まぁしょうがないんですよ。私はもうすでに第一印象、格好から顔面全てが胡散臭いわけですね。工事屋の営業なのにそんな感じ?的な立ち振る舞いをしているわけですが、覚えてもらうためにワザとやってんですよ。と、言っても相手が「胡散臭せーな」と思うのには変わらない。まぁブログやTwitterでもいつも言ってますが、私は私の考え方があって、それが裏付けがちゃんとあって説明出来るもの、お客さんがちゃんと欲しがるものであれば、私がどんな顔面であろうと私がどんなバカ営業マンであろうと、勝手に売れると思ってるんですよね。ちゃんとしたものを作ろう、ちゃんと勉強しようと。だから私は自身の製品についての知識や経験は誰にも負けないと思ってるし、どんな質問があってもその場ですぐに回答出来るんですよ。「その件は…少し調べてからメールで回答致します…」なんて言わないですねぇ。なので格好や顔面なんてあまり気にせず「何か変なのがいるな?誰?」みたいなスタイルをもうずっと続けてますね。

そこで、ですよ。そんなこんなで私の事を「胡散臭い奴」「あの詐欺師みたいな奴」的な事を言う人ってやっぱ沢山いるんですよ。何が気に入らないのかは知らないですけども。そういう人は別に「そう思ってりゃ良いんじゃないですかね。」と私は考えるので言わせとけば良いし関わらなかったんですけどね。そうこうしてるうちに大手と組む話が決まって、まだそこまで外部に話してないのに私の事を胡散臭いと触れ回ってた人達が近付いてきたんですよ。「すごいね!」って。自社でも扱いたいって。まぁ普通に考えりゃ「よし!見返してやったぞ!このやろう!」と思うんでしょうけど、「きんもー⭐︎」と思っちゃったわけですね。だっておかしくないですか?そんなにすぐ寝返れるもんなんですかね。そんなにコロコロ仰向けになったりうつ伏せになれる人間なんて信用出来ないですよね。とりあえず「ウチの製品の事をちゃんと理解してくれている企業としか組まないんですけどどうですか?理解してくれてますか?」と色々質問するも、何も答えられず。こういう会社に販売を任せるとクレームになるんですよね。出来ます出来ます全部出来ますと曰う何も考えてない営業マンが多いです。仰向けにならなくて良いです、うつ伏せのまま帰って下さい。

これから私がどうなるのか、なんて分からないし考えても仕方がないのでやる事やってりゃ何とかなるだろと思ってやらなきゃしょうがない。胡散臭いだの詐欺師みたいだの大した事ないだの小心者だのとまぁ好き勝手言う人沢山いますけども、最終的に私がどこに立って何をしてるのかがその時点でのそれまでの私の全ての答えだと思っているので、気にせずやっていきましょう。輩はどっちなんだ?と私が聞いて回らずとも、必ず誰かはちゃんと見てくれているんだと信じてやるしかない。ゴロゴロと時間が経つ毎に色を変える「脱却」とか「再生」みたいなキラキラとした信念など私は要らん。埃だらけで汚ったねぇガッチガチに固まったコンクリートみたいなそれをこれからもポケットに忍ばせて、金の話ばかりするクソみたいな奴らと腹の探り合いをしていきますよ。

まぁそんなクソに私は多分負けないと思いますけど。