革ジャン⇔スーツ

毒は持っていません。毒と感じるのはあなたの感性。

水の話

www.yuruvegetarian.com

 

TwitterのTLで流れてきたので見てみた。私の見解を書いてみようか。私の仕事は大きいカテゴリで設備屋であるが、井戸水や海水を真水にする機械設計もやっている。というかそれが専門なので得意だったりする。まぁこのサイトの彼も浄水器を売りたいだけなんだろうから中傷する内容にはしないようにしよう。昔から浄水器はこういう恐怖を煽ったり大げさに表現する事でお年寄りや無知な人を標的に売る人間が多い。まだこんな売り方してる人がいるんだなぁと少し懐かしく思った。絶滅したと思っていた。私はそういう売り方が嫌いなので「水」を扱う身ではあるがこの手の商材には近づかない。

さて、この記事の表現一つ一つを拾い上げて言及しようかと思ったがめんどくさいのでやめておく。専門用語を出したところで誰も読むまい。誰が読んでも「ほー」という感じの、私がお客さんに説明するような感じでポイントを説明していきたい。この記事では「塩素」が「悪」だと大きな声で言っているようだ。そうかそうか。確かに原液は危ない。我々が現場で使うものは12%や24%の濃度、指の指紋は無くなるし目に入ろうものなら失明する可能性すらある。では水道水はどうだろうか。結果だけ言おう。

 

日本の水道水は飲める水である。

 

とだけ言っておこうか。海外はどうちゃらこうちゃら書いてあるがここは日本である。まず海外と日本では飲み水として浄水する原水が違う。塩素で殺菌してるからお腹壊さないんです!と書いてあるが、まぁ水道インフラがしっかりしていない所は菌の可能性もあるが、決定的なのは日本の水は「軟水」海外は「硬水」であるというのがポイントであると思われる。所謂カルシウム・マグネシウムである。コントレックスって昔流行ったよね。みんなあれ飲んで痩せる!ってガブガブ飲んでたじゃん?お腹ピーピーになってたじゃん?あれと一緒。

塩素が大量に入ってる!危険!って書いてあるじゃん?日本の水道水の塩素濃度は末端蛇口で0.1ppm以上なんだけど、1ppm以下なら人体に影響なんてない。今日たまたま水質検査の課長と「どんなだっけ?」と話してたところ。あと、海外と比べると水質検査が甘いなんて言う人いるけど、まぁ項目によるんだけど簡単に説明すると「毎日2L飲み続けても問題ない濃度の1/10の数値」なんですよ。それをパスしてんです。水道水は。逆に言うと毎日基準値以上の水を20L以上飲み続けないと健康に害はないです。飲めます?20Lの水。

まぁあんまり詳しく書いても私もめんどくさいのでこの辺にしておきますが、私はいつもお客さんに言うんですよ。「水道水は飲める水ですよ」と。とは言え、濃度が薄くてもやっぱり塩素は気持ち悪い!って人いるじゃないですか。そんなあなたに素敵な浄水器を紹介しましょう。これです。私アフィやってません。

item.rakuten.co.jp

349円。十分ですよ。水道水を濾過するなら。注意点はちゃんと期限で取り換えてください。安いですから。活性炭は多孔質で色んなものを吸着してくれます。ゴミ、塩素、匂い、色、有機物、彼のブログでキーキー言ってるトリハロメタンも活性炭は吸着します。元々は綺麗に濾過された水なんですから。台所で更に高度処理して取らないといけない物質なんて無いです。あと、残留塩素は揮発しますからね。夜ポットに入れて冷蔵庫、次の日には残留塩素なんてほとんど残ってませんよ。お試しあれ。

まぁ色々書きましたがね、こういう浄水器を売りたい人間って「水に何かを足そうとする」んですよ。水素水か粗粒水何か知らないけど。私の考え方はですね、「水から不要な物質を取り除く」という考え方なんですよ。いわば、浄水器屋は「水に付加価値を足し算」するけど、私は「水から要らないものを引き算」して水を作るのですよ。考えてみないさいよあなた。水ですよ。ただの水。薬じゃないんですよ水は。水の主な目的は水分補給であって病気を治すことではないです。ちゃんと水分補給・飲むことによって病気になりにくい身体を作ることは出来ますけどね。

それでもちょっと良いの欲しいなーなんて人へのお奨めはブリタ。あれは浄水・濾過能力は高いです。しつこく言いますがフィルターはケチらずにちゃんと期限守って交換してください。原水より酷い水が出来上がります。

どうですか。もう水に幻想を抱くのはやめなさい。水はただの水。喉カラカラで冷やして飲めば水道水だってちゃんと美味しい。はっきり言って水道水をろ過するのに1万円以上かけるのは無駄。中に入ってるものなんて一緒だもの。浄水器を選ぶときは「水道水の何を取りたいのか」を考えて選ぶと良いです。

 

以上。ご清聴ありがとうございました。

 

 

 

神が私に与える縁

分かり合えない人と無理に分かり合おうとする必要なんてない。こんなものはどうやったって噛み合わない。分かり合いたいのに分かり合えないのも同様。ここに正解不正解は無い。誰かと議論になった場合に反対意見を排除しろと言う話では決してないのでご理解を。相手が正反対の意見を言ってきた時、私「は」どんな姿勢でその話を聞いているか、という話である。

私が繋がっていたいと思う相手には、私は相手の話を理解しようとするし共通認識を探す、所謂落とし所を探そうとする。それでもダメな場合、それすら私がしない相手とは切れても構わないと常日頃思っているのだ。もうこれは私の感覚でしかないし、少々スビリチュアル的な匂いがして私はあまり好きではないが、何か引き合わせるものがもしあるならば、双方がお互いを「許す」という感情を生もうとする、なんて思っている。それが「縁」なのではないか。

どうでもいい相手、嫌いな相手の反対意見など私は聞きたくない。だってそこには愛が無いもの。相手をバカにしたような発言をする人間の話に私の心を動かす言葉など無い。「何か好き」「何か嫌い」という直感がその全てではないが、私は好きな人・繋がっていたい人の反対意見が聞きたい。双方相手の話を聞こうとする姿勢で行うディスカッションでは気付くことが多いし、また自分の考えの反省もする。例え正反対の意見でも、私は誰かの話で感動したいのである。

少し前、どうやっても嫌われてんだろうなぁと思う相手から「ご飯行こうよ」と誘いがあった。私は嬉しかった。好きとか嫌いとかそういう話ではない。あー、この人とは縁があったんだなぁと思った。縁なんてものは自身でコントロール出来るものじゃない。引き合せるもの、その時の環境、その時の感情、印象全てが混じった結果、私の周りに人がいるのだ。

ブログでもTwitterでも現実社会でも、私は毎日知らない人と「どうもはじめまして」と挨拶をしている。その縁が長く続くのかその日だけで終わるのかは神のみぞ知る。会う人は会うし会わない人は会わない。続く人は続くし続かない人は続かない。ずっと友達でいて下さいと土下座したところで離れる人は離れるのだ。そんな不安定なものに私は神経を使わないしそこは神に委ねる。私は追わないし逃げもしない。

「ふーん」と思うのも「繋がっていたい」と思うのも直感であり縁。私はその直感や縁を信じて、今日もどこかの誰かと「はじめまして」を繰り返すのである。そしてこんな薄気味悪いブログを読んでくれている方たちには感謝しかない。これもまた縁。もし機会があるならばお会いしましょう。

 

ププッピドゥ♡

 

 

「関西弁を文章にすること」について考えてみた

どないやあんたら。元気かいな。俺か?俺は元気や。金もあれへんのに元気無い言うたらどないもならんやろ?とりあえず元気出して笑ろとったら何とかなるわ。知らんけど。まぁ挨拶は程々に、今日俺の数少ないフォロワーさんとTwitterでやり取りしててやな、ちょっと気になったから色々考えてたら話纏まったから記事にしとるとそういうわけや。そのやり取りのツイートがこれやな。

大阪弁が難しいと。前のブログにも書いたことあるけど関西弁であんまり文章書かへんわな。俺もそや。ブログやらTwitterになったら急に「〜じゃんね」とか「〜だよね」言うとるわ。まぁ関東圏の人らとやり取りするんやったらくどい関西弁ゴリ押しするより郷に入っては郷に従えっちゅうわけや。俺も大人やしな。

ほんでちょっと考えてたんやけど、文章で関西弁を表現する時に気をつけるてどないな感じなんやろなと、ふと考えたんやな。ほんでブワ~っと想像してたらやな、敬語に関しては文字にしたらそないに変わらんのちゃうかなと思った次第や。ほぼイントネーションの違いになる。敬語でもこれは大阪弁使うなぁって言葉はどんなもんやろか。

  • 本当ですか? → ほんまですか?
  • 良いんじゃないでしょうか。 → ええんとちゃいますか。
  • どうしますか? → どないします?
  • ごめんなさい。 → すんません。
  • そんなに、あんまり → そないに
  • ダメです。 → あきません。

考えるの邪魔くさなってきたからこれぐらいにするわな。こういう細かい部分は多少出るけど、そないに変わらんのよ。ほんで今この文章は語り口調で書いてるんやけど、こうやってコテコテの関西弁になんのは「タメ口」の時やねんな。その時ばっかりはもう皆さんお馴染みの、テレビでよく見る関西芸人の関西弁、所謂「クセ」が出るわけですわ。

せやから小説とかテレビで我々関西人が見た時の「違和感」は、そんな関係性の相手に対してそんな喋り方せえへんわw的な事が多いように思うわけやな。せやから何かを書くときに関西人を表現するんやったら会話文をコテコテにせんと、描写とか印象を強めにして会話は細かい関西弁を散りばめたら自然になるんちゃうかと思ったんやな。関係性によってコテコテの調整したら違和感は消えると思うわ。

まぁどっちか言うたら私は初対面でも失礼のない程度のフレンドリー系の喋り方するからちょっと関西弁キツイかもしれんけどな。関東では笑わせるために多少関西弁キツめに喋るようにしてるしな。まぁその辺は人それぞれになってくるわな。さすがに図太い関西人でもここで書いてるみたいな喋り方はせえへんで。まぁ最後に適当に関西弁貼っとくさかいに見て行って。

  • ふざけんじゃねえぞコラ → シバきまわすぞ
  • やんのかコラ → ͡コテくりまわすぞ
  • かかってこいよテメー → お前の奥歯前歯にすんぞ
  • うるせえ → やかまし
  • やめてよ! → なんでやねん!
  • マジで! → なんでやねん!
  • 嫌だ! → なんでやねん!
  • 無理! → なんでやねん!
  • ビックリした! → なんでやねん!
  • 悲しい.... → なんでやねん...
  • ラッキーwww → なんでやねんwww
  • 恥ずかしい////// → なんでやねん/////
  • く、苦しい → な、なんでやねn

ハッ!!!!!!!ホーッ!!!!!!!!

いきなり訳の分からない表題で申し訳ないがこれは所謂「オッサンのくしゃみ」である。オッサンのくしゃみは何故あんなに大きいのか。ふざけるなと。会議中にバカバカしい議論を聞きながら気を抜いていると隣でいきなり「ハッ!!!!!!!!ホーッ!!!!!!!!!」とやりやがる。驚いた私はいつも「ビクン!ビクン!!!!!!」となる訳だが、もう目の前にハリセンがあったら顔面に思いっきり叩きつけてやろうかと思うぐらいムカつくのだ。「なめるな!!!!」と一喝しそうになる。私もオッサンだが気を使って口を手で覆いながらなるべく音が出ないようにするぞ。同じオッサンだがあの「ハッ!ホーッ!」だけはどうにも許せん。私がもしか弱い美少女であったらビックリしすぎて「ぎいいいいやああああああ!」と叫びながら手に持ったシャープペンシルでオッサンの顔面ぶっ刺すくらいのことはしてしまうだろう。そもそも普段ボソボソと喋ってるオッサンのくしゃみが何故あんなに大きいのかと私は推測するわけだが、普段のあのボソボソした声量具合であんなに高デシベルな発声が出来るわけがなく、くしゃみをする瞬間に口の中・舌の上で小さいオッサンが200人くらい並び、同時に「ハッ!!!!!!!!ホーッ!!!!!!!!」と叫ばなければ無理だ。では口の中のその小さなオッサンをどうやって撃退するかという議論になるわけだが、口の中に手を突っ込んで全員を締め上げるのは手に唾が付いてチョベリバ及びバイブスが完全に下がるし、くしゃみをする瞬間クソ苦い龍角散を口の中に放り込んで撃退!などと思ったがタイミングを間違えるとくしゃみの風力で私の顔面が龍角散まみれになるという惨事が予想される。サイレンサーを仕込もうにもオッサンの口の周りにはボルト穴が無いため固定が出来ない。何とかならないものだろうか。会議中に知ってるオッサンならまだしも、電車の中や食事中に後方から知らないオッサンからの「ハッ!!!!!!!ホーッ!!!!!!!!」砲を喰らうと背中まで腕をひねりあげて私人逮捕でもしてやろうかと思うほどムカつくのである。

全員が全員そうではないし、人間性が問われる部分ではあるが、オッサンになると様々な周囲への気遣いが緩くなる。これを読んでいる「ハッ!ホーッ!」のオッサンは注意して頂きたい。いきなり電車で羽交い締め及び飯屋でくしゃみ後龍角散を口の中にぶちまけられたらそれは私である。

 

私は「ハッ!ホーッ!」を断じて許さない。

 

 

私が思う仕事の面白さとは何なのか

営業で汗かくって気持ちいいよね( *˙ω˙*)و グッ!

お客様の笑顔が私のモチベーション(๑>؂•̀๑)テヘペロ

もっと働きたいだってやれば成果は出るもの(〃艸〃)

仕事は私を成長させてくれるんです(。+・`ω・´)キリッ

チームの一体感がファビュラス(♡˙︶˙♡)

 

いつも読んでくれている方達なら分かって頂けると思うが、私はこんなビジネス宗教みたいな事は微塵も考えていない。仕事好きの連中は「仕事 =充実感」であったり「仕事 = やり甲斐」みたいに思われる人が多いが、私の考える仕事の面白さは「人間模様」である。勿論「契約」であったり「完成」であったりと、その仕事のゴールは必ずあるし達成感みたいなものは無いとは言わない。しかしながら私が思う「仕事の面白さ」はそれだけではない。人間の嫌な部分、汚い部分を見ると私はニヤリとするのである。

例を出していこう。先日珍しい人物から私の携帯が鳴った。その人物は、私がまだ駆け出しの頃に営業に行った先の社長だ。工事を頼みたいんだけど見積もりして貰えないだろうか、という内容だった。私は「良いですよ。ありがとうございます。」と電話を切った。そして私はニヤリとした。

その社長は傲慢で有名な人、自分が一番物知りだと信じて疑わない。値段も「俺がやればこの値段で出来る」と恐ろしい値切りをしてくる。それでも仕事をかなり出すので業者は我慢して付き合いをしていた。私はと言えば、かなり前に営業した際「貴様のような無名の会社使えるわけねえだろ」と、けちょんけちょんに罵られた為距離を置いていた。

時は過ぎ、我々がどんどん実績を積んでいる中、傲慢社長からはどんどん人が離れていったのだ。高い見積もりを持って行き「高い!こんな工事ならバカでも出来る!」と言われたので「では他社でやって下さい。その金額ではウチは無理です。」キッパリ言うと、何やらモゴモゴと「まぁ…、今回はこれで良いよ…。」と受注した。

もう一つ。胡散臭い機械を販売する会社社長がある施設にくっついていた。その施設から呼ばれた私はウチの機械の説明をするわけだが、その胡散臭い社長は「ダメダメ!こんな機械何も分かってない奴が扱うんだよ!ド素人だよこの人!」と私をお客さん(課長)の前で罵った。まぁ別にどっちでも良いかと帰ろうとしたらお客さん(社長)が現れた。私は「イエーイ」とその社長とハイタッチした。私はそれまで、設備の相談を無料で行っており、社長にかなり食い込んでいたのだ。「ウチの製品はド素人でダメみたいですよ(笑)」と社長に伝えると「え?なんで?」とその胡散臭い社長を見た。信号機の青より顔が青かった。

仕事なんて嘘とか大風呂敷広げてやるもんじゃない。普通にしてりゃいい。ぐじゃぐじゃ言ってくる奴なんてほっときゃいい。私が日々仕事をしながら何を面白がっているのかと言うと「こういう奴ら」を横目で見ながら私を認めてもらう過程が面白いのである。嘘・寝返り・裏切り・足の引っ張り合い・騙し。この人間模様を現実で目の当たりにすると私は顔を下に向けながらニヤリとするのだ。

仕事を取るという行為は製品や会社の大小だけではない。汚くて醜い人間が私を潰そうとしてくればしてくるほどに、私はふへへへへへと笑いながらこの場所のキーマンは誰だと、絶えずその環境を上目遣いで観察するのである。

 

仕事って本当に面白い。

 

 

私が会社を起こそうとした理由

「仕事、やっと取ってきました」

「おー!凄いやんけ!どこや!」

「○○化学です。」

「やるなぁ!なんぼや!」

「6000万です。」

「良かったなぁ。頑張ってたもんな!」

「ありがとうございます。やっと会社に貢献出来ました。」


f:id:punkrockers:20180828220141j:image

 

そこは小さな会社であったが、店舗で販売員をしていた私をその会社の社長が引き抜いた。理由は「お前オモロいやっちゃな!一緒にやろや!」であった。今まで全く関わらなかった業種で、何もかもが初めて見るもの、初めて体験するものであった。私はその会社で、必死に製品のことを勉強し、必死にその環境に慣れようとしていたが営業成績は鳴かず飛ばずだ。店舗営業ではそこそこの営業成績をこなしていたので、その焦りは尋常ではなかった。何故私にこれが出来ないんだろうか、勉強が足りていないのか、話し方がおかしいのか、そんなことばかり毎日思いながら仕事をし、勉強し、そしていつも無理をして笑っていた。

営業内容は、提案型のコスト削減製品を売ることだ。一昔で言う「ソーラーパネル」であったり「LEDの蛍光灯」のようなものである。それを自分で見つけた営業先に提案し、売上にするのが私の仕事である。リストアップという名で親兄弟の名前や友人の名前を書かされ、時には電話帳片手にテレアポ電話営業をし、飛び込み営業に関しては大阪の北から南まで歩いて回った。売れなかった。理由は分かっていた。この会社には私を教育する人間がいないのだ。私は私の知りたいことを私自身が調べて本を読んで知識を得なければいけない。周りの営業マンはやる気のない奴らばかりであった。

「数字が上がらない営業はただのバカ」「お前の相手に対する気遣いが足りない」「可愛がってもらえる人間になれ」「女にモテない奴は仕事も出来ない」などなど名言の多い会社であったが、右も左も分からない私は全てを鵜呑みにした。「売れない私が悪いのだ」と。少しずつでも金を会社に持って帰ろう、稼げない私が経費を使って会社の金を減らすわけにはいかないと、交通費や雑費は全て自腹で買った。その社風に合っていた同僚は、みるみる出世していった。しかしながら不思議と悔しさは無かった。その同僚営業も売っていなかった、数字が無かったからである。おべっかで成り上がれなくとも構わない。

ある日私は方向転換した。エンドユーザーを標的にした営業はやめた。知識や技術を身につけながら物を売るにはどうすれば良いのか。同業他社に頭を下げてお願いしながら資料を少しずつ集め、自社に足りないものを補いながら他者からのおこぼれ仕事をかき集めた。本当にちょっとずつ、ちょっとずつ人脈を広げたのだ。気が付けばそこそこの売上を集めることが出来た。その時である。超大手から声が掛かった。「手伝ってくれないか」と。勿論ですと回答した。

超大手役員との打ち合わせ、会議、現場調査、組み立て工場の査察、見積もり。全て順調だった。そして最後に「よし、発注するよ」と発注を貰ったのだ。纏まった売上が初めての私は「よっしゃあー!!!6000万!!!」と恥ずかしげもなく喜んだ。お客さんもよくここまで手伝ってくれたと喜んでくれた。そして会社に帰った私は社長に報告をする。今までタダ飯食わせてもらっていたからやっと恩返しが出来ると心踊った。

 

「仕事取ってきました。」

「え?こないだ会議で言うてたやつ?なんぼ?」

「6000万です。」

「無理やで。」

「…?」

「材料代無いで?どないするん?」

「どないする...?とは?」

「金どないすんねん。そんな金会社に無いで。前金頼まれへんのか?」

「幾らかは… 多分…」

「材料屋に金払ろてへんから注文出来へんで。どないするん?」

「どないするて…」

 

泣いた。この社長は社員の私に「資金繰り厳しいからアコムかどっかで借りてきてくれへんか...」と言ってのけた社長である。私は思った。こんなボンクラのカスでも社長になれるなら私でも出来るんじゃないだろうかと。「社長」を少し「凄い」と思い込み過ぎていたのだ。社長だろうが専務だろうが、私と同じ人間だしコイツは多分私と同じ、いや、それ以下のクズだ。やれると思った瞬間「お前自分で断れよ」と言って会社を辞めた。まぁ数字を持ってない営業の私が辞めたとて苦しくなる事などないだろう。と、言いたいが先ほど少し書いたようにグングン出世する同僚も数字を持っていない。結果、会社に金を持って帰ってきていたのは私だけであった。程なくしてその会社は潰れた。

社長など偉くも何ともない。偉そうな社長程ほどクズ度が高い。やり手の社長は皆腰が低い。社長かどうかなんてどうでもいい。私は自分が取ってきた仕事が面白いから、皆より前を走ってるだけなのであーる。

 

図面描きながらどん兵衛食ってたら思い出したから書いてみた。

 

俺達は身体を使うよ

私は所謂底辺DQNである。金があるとか無いとかそんなものは関係ない。よく「アイツの金の使い方は宝くじが当たって浮かれて破滅するやつだ」などと揶揄する何も分かってない、表面しか見えてないバカがいるが、今の私の稼ぎは「たまたま入ったタナボタ」ではなく、時給1500円の仕事を1日20時間、休み無しで働いているに過ぎない。私は良い大学に入って良い就職先で9時17時の仕事をしながら稼ぐような時間単価の高い有能では無いのである。

私はずっと「あっち側に行く必要はない」と思っていたし「あっち側へは行けない」と思っていた。それは私の「ベース」が低すぎるからである。同年代が「それ」を積み重ねていた時、私はバンドをしながら遊び呆けていた。仲間と酒を飲み、ライブをし、その日暮らしで日雇いの仕事をして生活費を稼いでいた。その当時の私が見ていたのは未来でも過去でもなく「今日だけ」を見て日々生活していたのである。

確かに私の育った環境は貧しいものであった。友達が親から与えられていたものが私には与えられなかったとしても、私は「それ」を言い訳にはしなかったし、私は「それ」を可哀想だとも恥ずかしいものだとも思っていなかったのだ。金が無くとも、家に多額の借金があろうとも、夕飯におかずが無くご飯に醤油をかけて食べようとも、塾に行けなくとも、良い学校に入れなくとも、私は私を「普通」だと思っていたし今もそう思っている。

アルバイトが出来る年齢になった私は楽しい物を見つけた。音楽である。運良く安物のエレキギターを手にした私はそれはもうのめり込んだ。毎日弾いて毎日ギターを抱きしめて眠った。ある程度の年齢になるとバンドをしながらアルバイトをする生活を始める。その時私は未来を想像した。当たり前であるが何も見えなかった。バンドでプロを目指していたわけではなく、工事現場で石膏ボードやセメントを運んで一日の日当を貰い、その日のご飯を買い、酒を飲んでいたのだ。

明日仕事をしなければ明日は飯が食えない。昨日何に金を使ったのか覚えていない。そんな生活をずっとしていると、その生活から抜け出すのはかなり困難である。それは1ヶ月分の生活費が手元に無いからだ。今なら「貯めれば良いじゃないか」と簡単に考えるが、そもそもしっかり貯金なが出来る人間はそんな生活に陥らないのだ。10年後、20年後の未来だと?そんなもの見えるわけないだろう。1ヶ月先が見えないのに。1週間先すら。

転機はバンドを辞めてからである。仕事を頑張ってみようか。入社したその会社は月給が12万、一日18時間労働の超絶ブラックであったが、金がないことに慣れていた私は「仕事」とちゃんと向き合ったのだ。誰の役にもまだ立っていない私が金を貰えないのは当たり前だ。私はこの時「仕事をして金を稼ぐ」ことよりも「金を貰える男になろう」と心に決め、「金を貰える男」達に近付いて徹底的に勉強し、徹底的に「金を貰える男」達の真似をしたのだ。運良く今の私は少しだけ「金を貰える男」に近づく事が出来た。

私はずっと「普通」である。誰かの「普通」を押し付けられるのは真っ平御免だ。金を持っていようが持っていまいがそんなものは関係ない。ドロドロの作業着を着てボサボサの頭で人に避けられるのも、スーツを着て革の鞄を持っているのも「私」である。中身は何も変わっちゃいない。昔も今も哀れみをかけられる事など何も無い。スーツだろうが何だろうが、私は床下でも天井裏でも入る。私は何も変わっちゃいない。

今の私は「そっち側」にも行けるけど、私は「そっち側」から「こっち側」を見ないんだ。私はずっと「こっち側」にいたから。私は未だに「そっち側」の人達と「そっち側」で喧嘩するんだ。だってお前らは「こっち側」から「そっち側」を見たこと無いだろ?お前らが言う普通なんて私は興味無いんだよ。だって私は、今も昔もずっと「普通」なんだから。

まぁせいぜい「頭」使って頑張ってくれよ。我々は「身体」使うからさ。そんなに悲しそうな顔で見ないでくれよ。俺達は大丈夫だよ。何も奪われてなんかない。

 

だって俺たちゃ「そっち側」の事を、何も知らないんだ。