亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

愛敬相

はてなの言及というのは、後ろからいきなりドンッ!と背中を押される「行為」である。驚いて後ろを振り返ると反論や批判が降って湧く。しかしよくよく見ていると悪い事ばかりでもなく、背中をツンツンと押される「好意」も他ブロガーの記事を読んでいるとあるにはあるようだ。私は未だそんな甘酸っぱい好意をここはてなで受けた事は無いが。いつも嘲笑され、欺かれ、罵倒され、攻撃されながら、ここはてなに虫の息で生息しているのである。そして気付くと言及通知のアラームがPC画面の隅っこで点灯していた。

nemurenai-same.hatenadiary.jp

はてなの狂鮫、さめ氏である。噛みつかれるとちょっとやそっとじゃ離さない強靭な咀嚼力を持っているので噛まれるとかなり厄介だ。私はなるべく誰にも見つからないようにグダグダとはてなに文句を垂れ流しているのだがどうやら視界の端っこで捕らえられたようである。内容を見てみると、さほど私の記事に怒っている風ではないので「ついでにコイツも入れといたろ。何か書きよるやろ。」的なものだろう。しかしながら私も男の子である。先日も「殴られたら殴り返す」と書いたところなので持論を書いてみよう。女性を殴る趣味は無いのでピコピコハンマーを構えながら。

「泣き声がうるさい」「騒ぐと迷惑」これらの所謂「騒音」や「喧騒」で迷惑が掛かっているのは、当たり前だがどの親も承知している。承知していないDQN的な例外もいるんだろうが、ほぼどの親も分かっている。静かな電車内で泣きだしたら泣き声がうるさいことなど分かっているし皆申し訳ないと思っているのだ。その上で、だ。「うるせえもんはうるせえんだよ」「こっちは我慢してんだよ」と誰が思っているのかも分からないその状況でどう対処するべきなのか。全てを完璧に対処するのは中々難しい。ケースバイケースであるからである。

この話は多分どれだけ議論しても平行線だと思われる。赤ちゃんは泣くし泣けばうるさい、子供は騒ぐし騒げばうるさい。気にしない人もいるし、うるさいと感じる人もいるのだ。我慢してください、協力してください、なんて私は思わないし言うつもりもない。では何故貴様は書くのかと言われれば、さめ氏の記事にもう書いてある。

育児中って本っ当にしんどいから

他人の目線1つに傷つくし

他人の一言に救われるんだよね。

 

だから

小野さんの言及した元のツイートは消えちゃっててよめないけど

できることなら

ツイッターとかブログとか目につくとこに

あんまりきっついこと書かないであげてほしいなとは思う。

そんな人ばっかじゃないからあんまり委縮しなくて良いんじゃね?的な声を挙げているに過ぎない。ギャァァァァァァー!!!と泣いてても「おー赤ちゃん頑張ってるなー。泣け泣け。」と思う人もいるのだ。心が広い狭い、余裕がある無い、ではない。我々は気にならないのである。単純な話だ。だから赤ちゃんや小さな子供がいる人達は「うわぁ...どうしてもあそこに行かなきゃいけないけど電車乗るの嫌だなぁ...」「あそこで食事しないといけないけど赤ちゃんいるしなぁ...」なんて思いながら引きこもる必要などない。全員が全員「うるせーぞおい」なんて思っちゃいない。

つらつらと書いたが私もただのその辺のチンピラである。嫌いな奴は沢山いるし悪口も文句も言う。人それぞれ嫌なものは違うんだからそれだけを見て卑屈になる必要はない。私は目の前で泣かれても気にしないし、子供がキャッキャと楽しそうに暴れていても問題ない。そういう人もいるんだと認識して頂き、少しは気を楽にしてもらえれば幸いである。私の座右の銘は「取らんと欲するものはまず与えよ」で、営業のやり方から何からまずこの言葉を思いながら日々生活している。このブログに書いていない私の所業は許しがたいもの、それは悪そのものばかりである。優しく出来るところはせめて優しくありたいと思っている。

 

ピコン!

 

 

貴方の悪夢の上でどうか踊らせて

f:id:punkrockers:20180615111446p:plain

その日私は疲れていた。言語の分からない口喧嘩のような打ち合わせを朝からぶっ通しで行い、図面と相手の表情を確認しながら指示決定をしていると夕方頃から激しい頭痛が私を襲った。簡単な夕食をメンバーと一緒に済ませ、ホテルの部屋に早々と戻った。打合せ中は見ないようにしていたOutlookを開くと、日本の仕事を一通また一通と次々に受信してゆく。深いため息をつきながら煙草に火を点ける。部屋の小さな冷蔵庫に買い溜めしてあるミネラルウォーターを取り出して一気に飲み干した。パソコンの電池残量が少ないとアラームが鳴ったので備え付けの奥行きの無いデスクにパソコンを置いて充電をした。

デスクの隅にふと目をやると、ホテルのファイルが置いてある。何気に開けて見てみると「マッサージあります」と日本語で明記されたパンフレットが入っていた。これは助かる。価格を見ると60分で 340,000(1,700円程度)とある。すぐに部屋備え付けの受話器を取り、フロント直通の「2222」を押した。マッサージをお願いしたい旨を伝えると、電話先の女性スタッフが片言の日本語で「ワカリマシタ。ベトナム式ト、タイ式、ノ、ドチラニ、シマスカ?」という問いがある。う~む。ここはベトナム。折角なのでベトナム式でお願いしたいと私は受話器を置いた。

「さてどうしようか。」

再度ベッドに倒れ込んで煙草に火を点ける。天井を見上げながら煙を吐き出し、今期の仕事量の事を考えた。お客さんから声を掛けて頂く案件ばかりなので断れないから請けてはいるがもうそろそろキャパオーバーである。人を雇おうにも専門的過ぎて使えるまでに3年は掛かる。仕事が無くて一人で走り回っていた時期と、こうやってそこここから声を掛けて貰えるようになった期間が短すぎて捌ききれない。昔からお世話になっているお客さんも沢山いるので金額で優先順位を決めるわけにもいかない。しかしながら儲かる仕事をしていかないと会社が存続しない。また深い溜息を煙と一緒に吐き出した。

「ビー」

部屋のブザーが鳴った。いきなり大きな音が鳴ったので驚いて飛び起きた。そうか。マッサージを呼んだんだった。とりあえず目の前の仕事を一つ一つこなしていくしか方法は無い。私にブラックもクソも無いのだ。お客さんの期待に応えねばならない。一時間だけでも仕事の事は忘れて、このマッサージで身体の隅々まで血液を流すのだ。私は部屋のドアに近付いてそのドアを開けた。

施術士は女性だった。年のころはどうだろうか。30代前半~ぐらいに見える。「ヨロシク、オネガイ、シマス」笑顔で部屋に入ってきた。改めてその女性の全身が私の目に入る。派手だな...。想像していたのは作務衣か白いユニフォームだが、その女性は上半身は黄色のシースルーにキャミソール、下半身は「そんなのどこに売ってんの?」というホットパンツである。どうだろうかこれを読んでいる諸君。私は嫌な予感しかしなかった。しかし私はまさか1,700円でエロマッサージは無いだろうと高を括る。

どうしたら良いか私は彼女に聞いた。始めは笑顔であったが態度がやたらと高圧的である。彼女はTシャツを脱げと私に指示をする。マッサージなのに上半身裸になんの?と思いながらTシャツを脱ぐと、下の短パンも脱げと彼女は言う。「は?なんで?」と聞き返すも、彼女はぶっきらぼうに早く脱げと短パンを下に引っ張る。何これマジで?私は彼女の言うがままにパンツ一丁となった。とりあえずうつ伏せになってベッドに寝転ぶと、彼女は私に跨って背中にオイルを塗り始める。

「ちょっと待て」

私は彼女にパンフレットを取るように言った。私が頼んだのはオイルマッサージではない、ベトナム式のマッサージだ。価格は合っているのか?このコースで間違いないのか?と問うた。彼女は言う。間違いないと。海外では「やったんだから金をくれ」と平気で言う輩が多い。まぁ、サービスでやってくれてるなら良いかと私は再度ベッドにうつ伏せになった。オイルで滑らせながらのマッサージは思いのほか気持ちの良いものだった。5分おきに彼女は言う。「キモチイイカ?」私はそれを言われるたびに「キモチイイデス」と答えた。何の罰ゲームなんだこれは。黙って揉め。

そうこうしてるうちに疲れている私はウトウトとしだす。ガチガチに固まった筋肉が解れていくのを感じながら、意識が遠のいていきそうになったその瞬間、私は違和感を感じて目が覚めた。パンツを半ケツまでずらされてお尻のほぺたをキュイキュイとつまむ。私はお尻はこっていない。そう思っているのも束の間、際どい所までオイルで滑りながら指が入って来たので「NO!」と言って手を払いのけた。彼女は私の股間を指差しながら言った。「ココ、モ、マッサージ、スル?」私は言った。「No Thank you」と。彼女は何度も「ココモマッサージスル?」と聞いて来たが私は頑なに断った。それは何故か。

ハノイはそういうエロ系にかなり厳しい地域であり、見つかると最悪ブタ箱に放り込まれる可能性があると私は事前に聞いていた。それでなくとも海外で何の病気があるのか分からないのに、安全が担保できない素性の分からん女とまぐわう気は毛頭ない。毛はまだある。そして本来は接客業であるにも拘わらず高圧的な態度と「ニホンジン、チ〇コ、ファファッ、ト、シタラ、ヨロコブ、ン、ヤロ?セヤロ?」的な思想が気に食わない。私は疲れているのだ。筋肉をほぐせと言ってるのであってチ〇コをほぐせとは言っていない。あと言い忘れたが彼女は白鳥沢麗子に酷似している。諸君は知ってるだろうか。まぁ念のために参考資料を貼り付けておこう。

 

 

f:id:punkrockers:20180615120234j:plain

 白鳥沢麗子

 

 

申し訳ないが部屋に入ってきてその派手な格好を確認した瞬間「お前なんでそんな恰好してんの?」というのが私の感想である。人を見た目で判断する気は無いが、その高圧的な態度や「ドヤ、ニホンジン、オイ、ニホンジン」的な思考が気に入らない。現に何をされても血流など無い。その後もしつこく私の秘部を触ろうとするも手をパチンと叩くを繰り返した。「えxcyjんkm;ljtchj!!!」と何やら文句を言っているようだが無視である。貴様が簡単に触れるほど私も落ちぶれちゃいない。さっさと仕事しろ。それらを10分も繰り返されるとさすがに私ももうめんどくさいので頼んだ料金の倍を払ってもういいから帰れと帰らせた。

まったくこんなところで私は何をしているんだとまた溜息をつきながら煙草に火を点ける。ベッドの横には全身を写す姿見が壁に備え付けられていた。そこに写っているのは疲れた顔をした、醜くブクブクと太り禿げ上がった、全身をオイルまみれにされてテカテカに光らせながら肩を落としている引退前のモンゴル相撲力士である。半ケツのパンツを上げる気力も私にはもう無い。そのまま部屋の窓を開けて街を見下ろす。裸電球と安物のネオンがチカチカと私の視覚を刺激する。傷だらけの私の心を誰か優しく包んでくれないだろうか。夢の中で誰か抱きしめてくれと心の中で叫びながら私は眠りについた。

 

半ケツで。

 

 

 

 

私の環境は私が作る

子供に関するある記事を読んだ。不気味なブログを書く私が言及すると相手に迷惑が掛かるので言及はしない。「子供嫌い」に関して、である。そんなものは人それぞれなので私は別に構わないと思う。好き嫌いは誰にでもあるのだ。それで良いじゃないか。そのまま行け。私の知ったこっちゃない。子供が嫌いだと明言している人に私は好んで近づかないし相手も近寄って来ないだろう。コミュニティとはそういうものだ。

私にも子供が二人いる。仕事ばかりしている私が子育てをちゃんとしているのかと言われればしていないが、子供を連れてあっちこっちに行く機会はやはり沢山ある。赤ちゃんは泣くし子供は騒ぐ。当たり前だ。しかしながらこの当たり前にプンスカする人達もいる。放置する親、叱らない親、子供に甘い親にご立腹なんだそうだ。

確かに明らかに放置していたりルールを逸脱していれば我々子持ちの親だって眉をひそめる。我々親たちが子供を連れて行く場所は、子供の年齢で大体集中する。1~2才ならここ、3~4才ならここ、5才超えてくればこれ行けるかな~などなど。なので似たような年齢の子供を連れた家族が集まるわけだが、そんなに酷い親を私はあまり見たことが無い。贔屓目に見ているのかもしれないが、親は皆子供の動向をジッと観察して「YES」「NO」を判断し子供を遊ばせるのである。問題はここに各人の「許せる」「許せない」の曖昧なボーダーラインがある。万人のボーダーラインを超えないように子育てをするのははっきり言って不可能である。

我々親は赤ちゃんが何故・いつ泣くのか、子供が何故・いつ騒ぐのかは分からない。子供の相手は「お前そこでぐずんの?マジで?こないだはちゃんと出来たじゃん」の連続だ。お利口にしてる時の子供は子供が無理をしている。電車で子供が一言も口をきかずに無表情で座っていると逆に心配になる。混んでいる電車に何十分も黙って座ってろなんて言えばグズるに決まっている。だって当たり前だろう。子供なんだもの。ピシャッと怒って「はい分かりましたお父様」なんて言うわけがない。

我々親は放ったらかしにしているわけではない。子供の機嫌を損ねると余計にややこしい事態を引き起こす可能性をなるべくミニマムにすべく、周囲を観察しながら子供を泳がせる事に集中している。お菓子を渡す、スマホを見せる、抱っこする等々。そういう事が分かっているから、見知らぬ親が困っていたら席を譲ったりスペースを開けたりベビーカー動かすのを手伝ったりする。宗教じみているかもしれないが、やった事や言い放つ言葉は全て自分に返ってくると思っている。で、あれば他人に優しくする方が良いじゃないか。とは言いつつも良い人ぶるつもりは無い。殴られたら全力で殴り返す。

誰だって嫌いなものはある。ヤニカスの私が煙草を吸っていれば不特定多数の人達に「タヒね」と思われているんだろう。それはそれで良い。私が生きているだけで誰かに掛けている迷惑を別の形で何かに貢献したいと思っている。そして私「は」子供を連れた家族に優しくありたいし寛容でありたい。大変なんだもの。1秒後に何するか分かんない子供を連れて歩くのは。それでも子供を育てている親に敬意を示しつつ、誰に対しても出来るだけ優しい気持ちで接したいと思っている。ただ殴られたら全力で殴り返す。私は釈迦でも何でもない。

 

ただの優しいチンパンジーだもの。

 

 

ベトナム・ハノイ出張記

※ 写真あります。

 

只今ベトナムハノイに出張中。何やら数十億のプロジェクトらしいが、なぜ私のような零細企業のチンパンジーが呼ばれてるのかは不明。コンサルの先生曰く「うるせえ黙って俺の後ろに着いてろ」とのことなので、深くは考えずに約束の日に飛行機に飛び乗る。
f:id:punkrockers:20180613230649j:image

機内食ウェスタン!とジャパニーズ!が選べたのだが私はジャパニーズ!と叫んでいた。美味いか不味いかで言うと限りなく不味いに近い普通。


f:id:punkrockers:20180613230716j:image

ホテルに到着。アオザイみたいな服を着た綺麗なお姉さんがお出迎え。

f:id:punkrockers:20180613225604j:image

部屋は取引先持ちだぜベイべ


f:id:punkrockers:20180613230753j:image

ホテルを出てすぐ。狭い道をバイクと車がクラクション鳴らしながら通り過ぎてゆく。


f:id:punkrockers:20180613230827j:image

近くの店でとりあえず晩飯。

f:id:punkrockers:20180613230851j:image

店内。


f:id:punkrockers:20180613230923j:image

店内。


f:id:punkrockers:20180613230940j:image

私は酒を飲まないのだが迎えに来てくれた取引先のお付き合いでビールを嗜む。美味しいか不味いかで言うと限りなく普通に近い普通。てか私にビールの味など分からん。

f:id:punkrockers:20180613230958j:image

マンゴーの酢漬け?的なもの。美味しいか不味いかで言うと限りなく酸っぱいに近い酸っぱい。

f:id:punkrockers:20180613231018j:image

イカの姿揚げ。美味しいか不味いかで言うと限りなくめっちゃ美味いに近いめっちゃ美味い。


f:id:punkrockers:20180613231038j:image

牛肉焼いたやつ。八角?的なスパイスが入ってるかと思われる。美味い。

f:id:punkrockers:20180613231106j:image

チャハハーン。やべえ。うめえ。

f:id:punkrockers:20180613225623j:image

次の日のお昼の街並み。人が多い。


f:id:punkrockers:20180613225658j:image

どこを見回してもバイク。バイク。バイク。


f:id:punkrockers:20180613225740j:image

何か雰囲気のある建物。


f:id:punkrockers:20180613225808j:image

果物売ってるおばちゃん。


f:id:punkrockers:20180613225829j:image

玉ねぎ?


f:id:punkrockers:20180613230025j:image

お昼ご飯。手前はきゅうり。奥はズッキーニ。真ん中は牛肉を炒めたもの。全体的にベトナムの野菜は少し水っぽい。写真には無いがスープに入っていたパクチーを噛んで悶絶。


f:id:punkrockers:20180613230054j:image

夕暮れ時。信号あんまり関係ない。バイクが途切れるのを待ってると明日の朝になるので、渡るコツは「お前も当たりたくはねえんだろ?」的な態度で渡るとバイクはクラクションを鳴らしながら止まる。


f:id:punkrockers:20180613230124j:image

スーパーに入ってみた。


f:id:punkrockers:20180613230142j:image

調味料コーナー。見慣れない調味料が並ぶ。


f:id:punkrockers:20180613230200j:image

キッコーマン見っけ。価格はゼロ二つ取って2で割ると大体円換算出来る。キッコーマンは430円くらいね。私は普段醤油買わないので高いのか安いのか分からん。


f:id:punkrockers:20180613230217j:image

なんですかこれは。ニホンゴカイテマスガメイドインタイワン。


f:id:punkrockers:20180613230241j:image

ここのホテルはこの専用の赤い袋に洗濯物を入れておくと洗濯して畳んで置いといてくれる優秀なホテル。


f:id:punkrockers:20180613230313j:image

ロッテタワー。


f:id:punkrockers:20180613230334j:image

最上階に登りませう。トップオブハノイ


f:id:punkrockers:20180613230353j:image

65階からまだ上に登ると屋上にオープンカフェがありまぁす。


f:id:punkrockers:20180613230411j:image

オサレ。


f:id:punkrockers:20180613230428j:image

私は酒を飲まないのでラテをば。


f:id:punkrockers:20180613230457j:image

夜景。


f:id:punkrockers:20180613230512j:image

夜景。


f:id:punkrockers:20180613230524j:image

夜景。

 

明日の夜便で大阪に帰る。疲れたよ。パトラッシュ。

 

 

気付けば私はウェブの文章をもうそのまま読まなくなった

某巨大掲示板の人は言った。「嘘は嘘であると見抜ける人でないと難しい」と。インターネッツに詳しくない私はその目と脳にフィルターをかける。どこか上の空で誰かの話に聞き耳を立て、その話を話半分に聞きながら適当な相槌を打っている気分だ。その情報や話が確かな情報なのか嘘なのかを調べる知識も技術も私には無い。それが嘘か本当かを調べるには、嘘と本当が混在するGoogleの箱をまたひっくり返すしか方法は無い。

となると、私はこのインターネッツに嘘か本当かの判断など必要ないのではないかと思ってしまう。どっちにしろ私には正解が分からない。この人「本当は」何を言ってるんだろうと裏を読みながら見ていると疲れるのだ。「花が綺麗だ」と書いてあるなら「花が綺麗」なんだろう。「好きだ」と書いてあるなら多分「好き」なんだ。私はいつしか「本当は」どう思ってるんだろうか、この表現の裏には何が隠されてるんだろうと考えながら読むようになってしまった。

私がそうやって読むのだから、私の話もそうやって読まれてるのだ。私がここで書いているのは別に誰かに何かを伝えたい訳ではなく、有益な情報を発信している訳でもない。ただただ思ったことを書いて放流している。だから嘘も本当も無い。嘘をつこうとは思っていないし真実を訴えたいわけでもない。嘘でも本当でもない。ただの私の心の中なのだ。今その時はそう思っているけど明日には変わっているかもしれない。今日は叩くけど明日擁護するかもしれない。

要するに結論はインターネッツでの話などハッキリ言って私はどっちでも良いのだ。その時楽しく読めればそれで良いし、それが例え嘘でもパクリでも私がその時「おお、そうか」と消化出来るなら腹も立たないし問題ない。全くの嘘は私自身で判断出来るわけだしね。どっちか分からないものはどっちでも良いのである。100%正しい事など世の中そんなに沢山あるんだろうか。正義やら悪やらは各人の主観とその似た者同士の集合体。であれば「何が正解か」は問題ではなく「私はどう思うのか」が大事なんだと思うわけだ。

インターネッツなどどっちでもいい。我々がちゃんと生きているのは現実社会であり、正解や不正解、成功や失敗、嘘や本当が経験値として積み上がるのはこのリアルの空間だけである。しかしながらこんなどっちでもいい世界で稀に見つけることが出来る素晴らしい考え方や文章。私も何度目から鱗が落ちた事だろう。それが嘘かどうかなどどっちでもいい。私の中で積み上がった経験値がその言葉や考え方を消化し、身体の中で形を変える。これらが「真実か嘘」のどちらかに変わるのは、その発信者に会って顔を合わせて話をしたその時である。私の経験値が「嘘」か「本当」かどちらかに振り分けるのである。

であるからして、ここにいる私も即ち「どっちでもいい」のである。ハゲてるのかデブなのか、早漏なのか変態なのか、大わき毛なのかパイパンなのかは「どっちでもいい」のだ。ただ一つだけ、ここに私の真実があるのなら「おっぱい揉みたい」という思想。

 

真実はそれだけである。

 

 

不倫のススメ

私のブログは以前のものも含めて検索流入のほとんどが「仕事」「営業」「不倫」である。求められているのなら書いていこうか。

ススメとは書いたが別に勧めているわけではない。先日仲の良い取引先の若い営業が真っ青な顔をしていたのでどうしたんだ調子悪いのかと尋ねたところ、不倫して相手を妊娠させたのがバレて離婚騒動になっているという。私は当然の如く大爆笑しながら話を聞いた。細かい事は書かないが、逃げずに責任をちゃんと全うするよう叱責し励ました。

 不倫する奴はバカである。否、言い方を変えよう。不倫がバレる奴はバカである。以前のブログでも私は不倫を叩いていたが、それは聖人君子のような理由で叩いていたわけではない。バレるような奴は不倫などするな、と言いたいのである。バレなければやっても良いのかと問われれば「勝手にしろ」と答える。もし私の妻がやっていたら?答えは「別に構わない」だ。ただし条件は「バレないようにしろ」とそれだけである。

バレなければやっていないのと同じなのだ。バレるから誰かが不幸になる。心の繋がりがどうのこうのと言うつもりは無い。私の足りない部分を誰かが補って尚、完全犯罪なら私は「やっていない」と判断するし詮索も疑ったりもしない。特に心配もしていない。信用していると言えばそうだろうし頭の良い女性だと私は思っている。

取引先の彼にも言ったが、好きになるからバレるんだ。避妊をしないのもお互いの覚悟、確認の真似事だろう。恋だの愛だの言ってるからわきが甘くなるのだ。遊べない人間がそんなリスクの高いゲームをするべきでない。運命の赤い糸だと?あるのかもしれない。しかし数%の小さなリスクがもし発生したその時、運命の赤い糸すら躊躇いなくお互いが切れないのならそんな関係がバレないはずはない。お互いが、どちらかがその赤い糸にしがみつくからバレるのである。

不倫はバレるから不倫なのだ。バレなければそこには何も存在しない。始まってはいないし終わってもない。責任が取れるなら好きにすれば良いが、責任なんて取れない奴がバレるしバレる奴は責任なんて取れない。君を愛してるんだと囁きながら生でしようと腰をカクカクさせている男は純度100%のバカなので女性陣は気をつけた方がよろしい。ゲームなら誰も傷つかない。

心配して頂かなくとも私は大丈夫だ。髪の薄い太った中年、巨大な卵のような風体、言わば私はずんぐりむっくりのハンプティダンプティ。塀から落下すれば誰も私を元に戻す事など出来ない。ハンプティダンプティは堕ちると元には戻れないのである。

 


純愛ラプソディ 竹内まりや mariyatakeuchi - YouTube

 

 

あなたが私を好きなのかどうかなんて私には分からない

営業マンはエスパーじゃないといけない、と私は常日頃思っている。お客さんが何を思っているのか、何に困っているのか、どう解決して欲しいのか、などなど。

そして私はまぁまぁエスパーになりつつある。ここがこうなっているんだったらこうなってませんか?こんな事で困ってるでしょう?こうなれば良いのになと思ってませんか?とお客さんが喋る前に言い当てるのである。

当たり前だがお客さんはビックリする。なんで分かるの?!てなもんである。しかしながら私がお客さんの心を言い当てることが出来るのも当たり前だ。何回も同じトラブルを経験し、何回も同じトラブルを私は改善しているからである。

機械や設計に関してはこうなってればこうなるだろうなという事は読める。が、人間関係ではどうだろうか。当たり前だがこれは今まで43年間生きてきた私でも読めない。あなたに好かれてるのか嫌われてるのかなんて私には分からないのだ。

「好きです」と言われても「嫌いです」と言われても本当のあなたの心の中は私には分からない。あなたから私に話しかけてくれるのは好かれているのではない。これは「普通」なのだ。

真ん中の「普通ライン」から私は「好きエリア」にいるのか「嫌いエリア」にいるのか。私の立ち回り方はこうだ。全てにおいて「私主導」ではなく「あなた主導」でものを考える。

「私がこうしたいから」ではなく「あなたはどうしたいんだろうか」を考える。「私はこうしたい」とあなたに言うのは、あなたの「好きエリア」に私はいるんだろうな、と確信してからだ。

それまで私は主張などしない。あなたから聞く、情報を吸い上げる作業を行う。自ら行うアドバイスなど以ての外である。もちろん聞かれたらちゃんと答えるし、言い方も「私ならこうする」という言い方をする。

私の考える「好き」「嫌い」というのは「相手を許せる範囲」だと思っている。大好きなら何でも許せるし少しでも嫌いなら些細なことも許せない。であれば、あなたが私のことを好きなのか嫌いなのか分からない状況での自己主張など得策ではない。

こうして欲しいと相手に何かを求めるのはただのエゴイスト。まず私はあなたに沢山の何かを与えないといけない。しかし押し付けはいけない。求められれば与える、を繰り返すのである。私があなたを好きなのであれば、私があなたの「好きエリア」に入れるまでジッと待つ。

私の声があなたに聞こえなくてもよい。私の声をあなたに聞かせようなんて思わない。私の希望は、あなたの「無意識」に入り込む事だ。

営業も男女も同じである。何か困ったことが起きた時、あなたの頭の中でまず私の顔が浮かぶかどうか。そのあなたの「無意識」に私が入り込めたとき、それまでの私の営業活動の花は咲き誇り、ハラハラ舞い散る桜と共に私の髪の毛も枕に散るのである。

 

来年も咲くんやろ?ワシの髪の毛。あかんか?