革ジャン⇔スーツ

毒は持っていません。毒と感じるのはあなたの感性。

吐いた唾

仕事の方はかなり順調で最近は凄く忙しくさせて頂いており感謝感激雨あられである。体調不良、寝不足、肥満、加齢臭、薄毛も何のそのである。その昔、と言っても10年やそこらの話であるが仕事が無いあの日の事を思えば、頂く仕事の話は漏れなく断りたくないし、あの頃何も出来ない私に仕事を振ってくれた方々に仕事で恩返しをしたい、そう思いながら関西から関東を右往左往しているというわけである。

今日ある打ち合わせでふと昔を思い出した、と言うよりもある人物(A村)の顔を久しぶりに見た。その人物は業界の競合他社社長、否、元社長と言うべきか。その会社は既に倒産しており、別会社に再就職し営業部長として私の前に現れた。元々競合という事もあり、それほど親しくしていた訳では無いが、顔も名前も知っている。相手も私を知っているだろう。あの頃それほど実績もない、仕事も無い私の事を、彼は知っている。

当時、数少ない顧客先で作業をしていた時にそこのオーナーが私に話しかけた。「先週A村が来たで。何や新商品や言うて。えらい高い見積もり持って来よったわ。」「そうですか。ええ商品なんやったらええんちゃいますか。」「高すぎるわ。ほんでな、あんたの事無茶苦茶言うとったで。あんなド素人と付き合わん方がよろしいで、詐欺みたいな男や言うて。」「そうですか(笑) まぁ社長がお前要らん言わはるんやったら身引きますわ(笑) 」「いや、アイツの方追い返したわ(笑)」「おおきに(笑)」

そんな話を私は何ヶ所かでお客さんから耳にしていた。まぁ、私にそれほどの実績はまだ無いし、しょうがねえよなぁ等と思いながら日々の仕事をこなしていた。時は経ち、我々の製品が少しづつ拡がり、私の名前も知って貰えるようになった。独立してもう10年である。計画段階から技術的な協力をしていた海外のプロジェクトに我々が参加する事が決まった。話を進めていく中で某会社が私に接触してきた。その会社の役員と営業部長であるA村である。

彼は私の目の前でペラペラとよく喋った。私の事をよく知っていると。目の付け所が他とは違う優秀な男だと。私の周囲の人物の名前を出し、どれだけ私と近いかを「その役員に向けて」話し続けた。私も終始にこやかに、冗談を交えながら、頷きながら話を聞いていた。「懐かしい話」「昔の話」を上機嫌で、二枚舌を目の前でベロベロと唾をバラ撒きながら話しているのを遮り私は笑顔で言った。

「で、今日は何をしに来られたのでしょうか。」

安いとか高いとかで私は商売をしていない。信用できる人達と面白い仕事がしたいのだ。最初に何かの一言があれば私は特に気にしないのに、何も無かったかのように、自身のアピールの為に私を利用するその腐った根性をまた惜しげも無く見せられては、もう私も何も言う事など無いし聞きたい話も無い。

私は思った。吐いた唾は返ってくるんだなと。私は彼の話を何もしていないし、帰った後の彼が社内で私の事を何と言っているのかなど興味ない。私は面白い人達と面白い仕事がしたいだけなのだ。二枚舌で生きてきたのならこれからも二枚舌で生きていけば良い。私のやり方が間違っているのなら5年後、10年後に私の会社は「ちゃんと」グシャグシャに潰れているだろう。それはそれでしょうがない。

人を下げて上に行きたいとは思わない。我々のような元々「下」の人間は、下の人間同士ギャーギャーと笑いながら面白い仕事をし、その仕事がちゃんと認められる仕事であれば勝手に上に上がれると信じている。上がれないのなら私が悪い、もしくは何かが足りないのだ。何が足りないのかを上目遣いで見ながら、嘘や文句ばかり言っている人間・会社の立ち位置を私はいつも狙っているのである。

 

※ フィクションです。

 

 

私には友人と呼べる人が数える程しかいない。お前みたいな嫌な奴に友人など出来るわけなかろうという声が聞こえるが無視する。バーカバーカ。性格の問題がかなりの割合を占めるのは百も承知である。しかしながら私は友人など要らぬと思いながらこの15年仕事をしてきたのだ。

周りを見渡すと「そんなに面倒くさそうな感じなのにそれって友人なの?」「希薄すぎない?」「行きたくないと言いながら行く飲み会って意味あんの?」みたいなのばかり目にしてきた。そして30歳手前までバンドしかしてなかった私がバンドを辞めると友人など1人もいなくなった。そこからは年配のお偉い様にしか近付かないしその年代の人達としか付き合いが無くなったのである。

友人とは何か。私は「普段全く連絡せずともふと連絡がしたくなる人」「普段全く連絡せずともふと連絡がある人」と定義している。そんなに何人もいない。しかしその友人だと呼べる人が確かに私には数人であるがいるのである。年に1度か2度、LINEもしくはイタズラ電話をする友人が。

そのうちの一人は30歳を少し過ぎた頃、仕事の同僚として出会った。第一印象は最悪であった。何だこのいけ好かないクソ野郎は、と思ったものである。そいつに私の印象を聞くと「何だこの頭空っぽのゴリラ」と思ったそうである。シバくぞ。仲良くなるには時間は掛からなかった。一緒に営業に出た軽四車で全ての窓が曇るほど2人で爆笑しながら営業をした。

1年を過ぎた頃、彼はこんなクソみたいな会社で仕事出来るかと辞めた。そこからである。1年のうち数回、長電話をして爆笑し「お前キャラ濃すぎるから年1回喋ったら腹いっぱいやわwww」「こっちのセリフじゃボケwww」と悪態をつきながら最後に「またな」と電話を切るのである。思いついた頃に「もしもしなにわ警察ですけどあんたオレオレ詐欺してまっしゃろ」などのイタズラ電話をしていた。

そして先日、アイツは何やってんだろと思っていたところ、今日東京に向かうために乗っていた地下鉄で目の前にそいつが現れた。私は気付かないそいつに肩パンした。驚いた顔をしながらそいつは私の顔をしばらく見つめて爆笑した。私も周りを気にせず同じく爆笑した。何やってんねんお前www うるさいわボケシバくぞwww 何でこの時間のこの車両のこの位置に立っとんねんwww 知るかボケお前尾行しとったんちゃうんかwww 

目的の駅までお互いの近況を教え合った。そいつは優良企業のメーカーで本部長にまで登りつめていた。私は大阪と今度東京に支店か別会社作るよと報告した。儲かってまっか?ぼちぼちでんなぁ。そうか、良かったな。お前が伸し上がるのは承知の上だ。当時の営業同期など俺達以外は行方不明だ。俺達は昔も今も、死ぬほど、狂ったように仕事してんだ。当たり前だ。

ほな、またな!と別れた。もうお腹いっぱいや。身体に気いつけや。また一年後に爆笑せなあかんしな。ちょっとぐらい休みや。お互い様やな。俺らは何目指してんのやろな。また飯でも行こか。これ読んでる人も縁があったら友達になりましょか。別に無理して会わんでももええねん。たまに連絡したなる友達で。

 

ほなさいなら。

 

 

狂気と本気の狭間で足掻いて


f:id:punkrockers:20190109011211j:image

私は20代の頃色んな学生運動の本を興奮しながら読んでいた。PUNKをやるなら少しぐらい政治に興味を持ってみよう、と軽い気持ちであった。そしてどハマリしたのである。誤解のないように説明をしておくが、別に革命を起こそうとか爆弾作って混乱させてアジテーション咬ましてやるとか暴力で国家をどうにかしてやるとかそんなヤバみ全開でハマっていたのではない。私はこれらの「人達」に興味を持ったのである。

「何故にこんなに真剣に、命を懸けているのか」

この人達はその事で死んでもいい、殺したって構わないと思うほどに、ある種宗教的なものもあったんだろうが、そうでない人達もいた。私は読めば読むほどに「狂っている」と思った。そして興奮した。こんなにもその何かに夢中になり、本気でやってやろうというその姿勢に。勤勉で真面目である反面、狂気を含んだ何かを持つ我々は日本人なんだとその時思ったのである。

私は昭和が好きだ。それはノスタルジックなソレやセピア色のアレで言っているのではない。私が好き好んで年配者と付き合うのは、その時代に生きた人達の本気が好きだからだ。なりふり構わず目的を見つめるその「本気」は狂気を含んでいる。私はその本気と狂気を見つけてはニヤリと口角を上げその人物に近付くのである。そういった人物は例外なく重要なポジションにいる。

私のように何も持っていない人間がもし本気で、狂ったように何かに集中すればどこまで出来るのだろうか。お手本は沢山周りにいる。時代に合っていないのは百も承知である。しかし私はこの方法を選んだのだ。狂ったように何かをしてやる。どうせみんな狂ってるんだ。お前らも狂ってんだよ。涼しい顔して小難しい事言ってる奴やら見てると吐き気がするんだよ。本気でない人間に何かを変える力など無い。

金や名誉など必要以上要らぬ。狂ったように何かをして他人より脳みそを1%でも余計に動かすのだ。シャブ中のように瞳孔を開いてモノをよく見るのだ。そこら中にクソみたいな連中がいるじゃねえか。どうせ俺らと一緒で自分の事しか考えてねえ癖に偉そうに問題提起してんじゃねぇ。俺たちゃ全員同じ穴のムジナだ。俺はキチガイ丸出しで何度も殴られながら感覚を研ぎ澄ましていくんだ。やるしかねえ。

ふははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははは

 

みたいな事をボーッと考えながら、今日のお昼はしらす丼食ってました。ご馳走さまでした。

f:id:punkrockers:20190109011242j:image

ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”

 

世の中全ての人の幸せなんて別に私は願ってない

その大きな「想い」が優しさなのであれば、私は優しくなんかない。しかしながら目の前で誰かが困っていればちゃんと手を差し伸べるし、私に顔が見えている人については、私で良ければとお手伝いをするし幸せになって欲しいと思う。

でもまずは最優先で家族を幸せにしたいし友人を幸せにしたいし私の知り合いを幸せにしたい。私が近くにいる事で得をして欲しいし面白いと笑って欲しい。騙されても構わないと私が思う人に騙されてもダメージなど無い。

私はただ闇雲にみんなを幸せになどと宗教家みたいな事は私は言わないしインターネッツで文句を垂れ流すだけで世界が変わるとは思ってない。やりたい奴はやれば良いけどそんな発言に興味なんて無いし私は私が実際何かをする事で何かを得てその何かを周囲に還元する事が楽しいしその輪が広がれば良いなぁとは思っている。

そもそも大した学歴も目を見張る技術も知識も何も無い私に出来ることなどたかが知れている。ではそんな私に何が出来るのかを考えてなるべく多くの知らない人に会いたいし、多くの人とただ私はバカ笑いしたいだけなのである。

日々インターネッツを眺めていると不器用に生きる人達を多く見かける。もっと我儘に生きれば良いのにと思うのだ。もっと図々しく、もっと自分勝手に。しかしながらそれには条件がある。我々大人は「やる事」を「やらなきゃいけない」のだ。やる事をちゃんとやっていれば誰も文句を言うまい。

ではやる事とは何だ。人それぞれやる事、やらなきゃいけない事なんて違うだろうし「これ」というものなんて無いのかもしれない。でも「やってる」人は「やってる」んだ。「やってるであろう人」は周囲に必ずいるはずで、分からなければ観察すれば良いし聞けば良いんだ。必ず教えてくれる。

私は存在するのかどうかも分からない人達の運命に興味などない。それに関わって目の前の「やらなきゃいけない事」が疎かになるのであれば問答無用で排除する。私はやる事をやってまず自分や自分の周囲を幸せにする事に力を使うのだ。その力を増幅させるのは他でもない、人なのだ。

 

あれ?私は結局、誰かのために「やる」のか。また何言ってるか自分で分かんなくなってきたな。ま、いっか。

 

あ、あけおめ。

 

 

広くて浅い正義に興味がない

モラルってあるじゃないですか。私はこんなものは完全な主観であると思っていて、ぼんやりとは線が引いてあるけど、ミクロでその線を見た時、それぞれの環境であったりそれまでの教育であったり、わざと穿って見る人もいるしそういう細かい所にあまり興味がないんですよね。

「へぇ〜」「自分と違うなぁ」と思うだけで。私が怒る時と言うのは私もしくは私に関係のある人に害がある時なのですね。あとはある程度の影響力のある人間が優しくない発言をした時かな?イラッとしますけど。その境界線も私の中でかなり曖昧ですけどね。まぁ、我儘ですよね私。そうです。我儘なんです。すみません。

先日和洋中予約の人のあるツイートが炎上しましたね。あれを見た瞬間は「変わった人だなぁ」と思いましたが別に腹が立つ事は無かったです。例えば私の店で当日キャンセルされて本人のあんなツイート見つけたらそりゃ怒りますよ。何だ貴様と。いい加減にしろよクソ野郎なんて思いますけど私の店じゃないですから。じゃあ関係なければやって良いのかなんて話はナンセンスで、当たり前だけど良いわけないじゃないですか。ダメですよそりゃ。

私が言ってるのは「関係ない人間が何でそんなに怒んの?」って話です。正義の仮面被った憎悪が恐いし気持ち悪いのですよ。色々な「ダメな事」って大体みんな分かってるわけでしょ。その「線」って大体みんな同じなんですよ。あの線踏んじゃダメだなって。そして大体みんなその線を踏まないんだけど踏む奴もいるわけですよ。まぁそういう奴は言っても踏むんですよ。もっと言えばダメだと言ってる奴もたまに踏んでるよね。私も多分色んなシチュエーションで踏んでると思うし。

何言ってるか分かんないでしょ?私も分かんないですよ。まぁボンヤリ分かってもらえりゃ良いですよ。

最終的に自分でしょ?って話です。他人の曖昧なモラル違反を攻撃するんじゃなくて、自分の足元を細かく見てたいなと。そんな大した人間ばっかいないでしょ。ダメなのは分かってんですよ。我々も。あなた達がそんなに言わなくても。自分がどうあるべきか、が大事なんじゃないですかね。

どこの誰だか分かんない人がよく分かんない事言っててもあまり興味無いしそれについての鉄槌は輪をかけて興味無い。だって「それがダメだ」って私は分かってんですもん。私はしない、それで良いじゃないですか。でもやるかもしれない。「それがダメだ」って分かってるけどね。ダメってどこからがダメなんですかね。沢山失敗してその線の正確な位置がだんだん見えてくるんじゃないでしょうかね。

私が見てる景色とあなたが見てる景色は同じなんでしょうかね。どうなんでしょう。多分大体同じだと思いますけど。いや、あなたには言ってもらわなくて結構ですよ。どこの誰だか分かんないし。私は私の環境の中で、私が知ってる誰かに怒られながら線の位置を正していきます。そしてそれがダメなのかどうかを自分で考えて、ちゃんと自分を律していきたいと思う次第であります。

 

誤解も含めてそれが自分の評価

どこかの誰かに「わべは○○らしいぜ」と吹聴されたとする。そこでその話が本当か嘘かはさて置き、周りの人間がその話を信じた、私よりその人間の話を信じた時点ですでに私の負けなのだ。私がやるべき事は第一声で「私はそんな事はしていない」と否定するだけで、それ以上誤解を解く何かをして回るという事を私はしない。しても意味が無い、と思っている。「アイツはやった」と「私はしてない」この二つの話を聞いた人間がどちらに着くかが自身の「信用」であると思っているのだ。我々はこの「信用」を毎日少しづつ貯金する。貯まっていれば貯まっているほど誰かの訳の分からない攻撃にも狼狽えること無く耐える事が出来る。逆も然りである。この「信用」を上手く利用する為の裁量が私の能力となる。

 

と堅い話はここまでにして結局の話「おいわべはアナルファッカーらしいぞ」と噂されて「違う!俺はアナルファッカーなんかじゃない!」と言ったところで「あーやっぱりねー」「そういう雰囲気出てるよね」「肛門みたいな顔してるもんね」などと周囲が納得すれば私がどう誤解を解こうともどうにもならんという話である。誰が肛門みたいな顔しとんねんシバくぞ。イメージというのもここに当てはまるんだろうが、私が女性を食事に誘う時は高い店を選ぶというのも、私は仕事で顧客幹部の接待する店を探さないといけないからなのね。場所を問わず。だからどうせなら一人で行くより誰かと飯食う時にそういう店を選んで、料理だとか接客だとか店の雰囲気を見てるわけさ。その上一緒にご飯食べてる人が美味しそうにほぺた膨らましてるのを見れるならその方が良いという事なのだよ。「見栄」とか「貸し」という感覚は全くなく、店の下見に協力してもらってる感覚。なので私と食事する時は往復の交通費だけあれば財布を持ってこなくて良いです。肛門みたいな顔したオッサンと飯を食いたいという特殊趣味の人がいらっしゃれば男女問わず誘って下さいな。

 

誤解の根源は普段の私の言動や行動の積み重ねである。根も葉もない事を言う奴がいれば肛門アタックでやっつけます。

 

 

お前は能力のない金魚のフンみたいなクズだな

と、私は思われているのだろう。営業活動の半分を関東に移してもう3ヶ月ほど経っただろうか。こっちに来た当初は「アウェイだ」「ハブられている」などと愚痴をこぼしながらも気を張って毎日挑んでいた。実際に古巣のデカい看板を盾にしたクズ野郎には「お前バカだな」「おいいつもの調子でバカ笑いしろよ。お前が居るの気付かねえだろ。」「この大阪野郎」と行く度に皆の前で罵られていた。

いつも読んでくれている人達なら分かって頂けるだろう。私のモチベーションは怒りである。こんなクソ野郎にキレて私がプロジェクトから外れる訳にはいかない。私は私がやるべき仕事を粛々とこなし、待つ。ひたすら待つのだ。笑顔が引き攣っていても構わない。その時は必ず来ると私は信じる。一人、また一人と、周囲の人間、関東の人間をこちらに巻き込み、その環境を俯瞰で見るのだ。誰だ。ここで権力を握る人間は誰だ。

 

見えた。

 

いつものようにやれば良い。その人が好むものは何だ。仕事のやり方は?話し方は?癖は?いつも何を飲んでいるんだ?打ち合わせで忙しそうだから昼飯を買って行こう。その人が持っていない知識やノウハウ、情報を見返りなく提供しよう。いつも笑顔で大きな声で笑うんだ。頼まれた仕事は直ぐに返すんだ。打ち合わせが長引いているならコピーや図面の手直しをその場で手伝うのだ。

 

「おいわべ。飯行くぞ。」

 

「おいわべ。次の打ち合わせお前も同席しろ。」

 

「おいわべ。これお前に任せるからやっといてくれ。」

 

「おいわべ。帰るぞ。」

 

「おいわべ。」

 

権力者はいつも自分の傍に私を置くようになる。するとどうだ。周りの連中は手の平を返すように「私に」協力的になるのである。嫌味を連発していたクソ野郎も同じで猫撫で声で近付いてくる。しかしながら内心は面白くないだろう。私は所謂「金魚のフン」である。私は誰にどう思われようと全くもって問題ない。何故なら、必要な資料が貰えなかったりメールが届かなかったりが全て無くなった。当たり前だ。私は権力者の隣にいるんだ。

お前らは何を勘違いしてるんだ。私は金魚のフンでも構わない。そう思いたい奴はそう思えば良い。金魚のフンとなった今「私の仕事の環境は激変」したのだ。私がいつも考えている事は何か。それは如何に自分で自分の仕事をやりやすい環境にするのか、である。やり方なんていくらでもある。私はその場の権力が欲しいわけじゃない。そうだ。何も恐がらなくて良い。こっちへ来いよ。仲良くしようじゃないか。

 

そんな顔すんなよ。

 

手伝ってくれよ。

 

な?