亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

「僕は、いらない」と言いながら私は大人になった

「僕いらない」は、私の小さな頃からの癖である。皆が「わあぁぁ」と取り囲んで喜ぶような物でも僕は要らないと言っていた。当時何故そう思っていたのかは覚えてない。今は分かる。欲しがって手に出来ない可能性があるなら最初から欲しがらない方が良いと思っていた。皆が欲しがるガンダムを欲して取りに行くよりも「僕はジムで良いよ」と思っていた。確実に手に出来るジムを欲し、そしてそのジムの格好良い所を必死で探す子供であった。これは例えなので私はガンダムを全く見ていないし知らないのでご了承頂きたい。キン肉マンならロビンマスクウォーズマンを取らずにジェロニモを選ぶような子であったのだ。その「感覚」は大人になるまで、そして今もある。欲しがらない。期待しない。私は昔から欲しいものが無い。持っておいた方が良いんだろうなという買い方をする。100円持ってれば50円の適当な物を買う。だから私が今手にしている物は全てそういう物である。車も、時計も、服も、何もかも。一番のステイタスが手に出来るぐらい頑張って二番手・三番手を買うのだ。だから私は自分で何が欲しいのか分からない。やはり、欲しいものなど無いのだと思う。しかしながら、こんな私でも仕事だけは別であった。では仕事で頑張って私は何が欲しいのか。金か。金は必要以上は要らない。地位か。そんなものも、仕事の精度が高ければ勝手に上がるから、別に率先して欲しいとは思わない。期待していないと言いながら、私は何かに期待してこれだけ仕事をしているのではのいか。「成功」と言われてもその「成功」の定義が分からない。ブロガー達が口にする「月100万稼ぐこと」が成功なのか。仕事の色んなプロセスが楽しい私は金を目標になんてしない。と、ここまで書いて分かった。楽しいから、面白いから続いているのだ。私が欲しいものは「楽しい事」だ。「楽しい事」は金や名誉で手に出来ない。高級クラブのお姉ちゃんも高級外車も私には必要ない。この「ずっと楽しい」がいつまでも続くように、私は明日もドロドロの作業着を着て、職人と冷たい弁当を食いながら腹を抱えて笑うのである。そうやって手にした金は、自分でも驚くほど嬉しくて、私の中の価値が高い。これからも私は、自身の器以上のものは必要ないし欲しがらない。

 

 

他人の行動を制限したがる人たち

f:id:punkrockers:20180117135122j:image

よく見かける。他人は何がどうであっても離れる時は離れるし、好かれていれば傍にいてくれるのだから、そこをこちらがコントロールするべきでない。好きな人が離れないように、自身が魅力的であり続ける努力をすれば良いだけの話。そんな事を思いながら、今日も私はネギを喰らう。今週は滋賀県の山奥で工事をしています。

 

私は老けているそしてもっと老けたい

老けてるんですよ。私。電話で話すと相手は大概私を50代後半と勘違いし、会えば50代前半に見られます。大体デブって若く見られるんですけどねぇ。まぁ良いでしょう。私はですね、老けて見られるのが嬉しいんです。早くから自分で仕事してるせいか、早く歳をとりたい・ナメられたくないという思いが強かったのですな。だから積極的に年配の人達と付き合うように環境を変えたし、考え方や話し方、身振りや服装なんかも真似した。だから私に、43歳に見えないとかもっと上に見えると言うのは褒め言葉なのですよ。物怖じしないとか妙に落ち着いてるとか偉そうとか態度がデカいとかよく言われますね。全部褒め言葉として受け取ってますが。男はどうなのかな、若く見られたい人もいるのかな?私はジジイに見られたい。髭生やしたいけど男性ホルモンが少ないのか生えない。髭生やしたいから男性ホルモンマジで打とうかなって考えたことあるけど「ハゲるよ」の一言アドバイスでやめた。顔ツルツルだから嫌だ。髪の毛真っ白しろすけの白髪になりたいけど中途半端にしかならない。スーツの色とか生地も起毛の結構ジジ臭いのを選びます。ループタイとかしたい。何とかもっとジジイになれないものか。あージジイになりたい。何故こんなにジジイになりたいのかと言うと、ビジネスシーンでウチのような若い会社、若造はまだまだ説得力が無いのです。数千万であれば問題ないけど数億になるとやはりキツい。ではジジイならいけるのかと言えばそうではないですが、相手に少しでも安心してもらいたい思いで言うと、やはりそれなりの年齢・見た目であった方が良いと思うわけです。あージジイになりたい。素敵なジジイに私は早くなりたい。

 

 

目の前で起こった事しか私は信じない

よく「あの人はこうらしいよ」とか「聞いたんだけどあの人結構酷いらしいよ」などという噂話を耳にする。私はいつも「ほー」と聞き流す。私は嫌な人間「らしい」人から実際酷い事を目の前でされるまで信じない。もっと言うと本当に酷い人なのか近付いてみて酷い事をされたい衝動に駆られるのである。やられたらキッチリやり返すけど。まぁその「酷い事」や「嫌な事」はその他大勢の主観である事が多いので、私は別に気にしないというような事が多々ある。そんな誰かの噂話で人の縁を切るのは勿体ない。「誰々があなたの事をこう言ってた」「あなたがこう言ってたとあの人に聞いた」という類のものも同じ。その人が私に直接言ってない、私が直接その人に言ってないのであれば私は「ほー」「へー」と聞き流す。これは所謂「信用」である。私が何も言ってない、私は何もやっていなくても、私に信用が無ければ「やってなくてもやったことになる」し「言ったことになる」のである。そういう場合は遠慮なく私は縁を切るし、相手に縁を切られても問題ない、というかしょうがない。相手に私を信用させることが出来なかった、という私の力不足である。その人が私にとって大切な人でも、わざわざ弁明などしない。どうぞそちらへ、という具合である。なので私の人間関係はかなりサッパリしている。私が信用していれば「誰が何と言おうと」私はその人の傍にいるし、私を信用していないのであれば私は離れるし離れて貰っても構わない。そこには「個人的な」信用しかない。これはネットでも現実社会でも同じである。あーじゃこーじゃややこしい事を考える必要はない。シンプルに考えれば良いのだ。私が信用しているか否か。私を信用しているのか否か。それだけでめんどくさい人間関係は驚くほどシンプルになるのである。

 

(´;ω;`)ヒー!!! ハー!!! 

 

 

ヤラない俺カッコイイと思ってる男

小野さんのブログ面白かった。ヤレたかもは誰にでもある 「あるある」でやっぱ面白いよね。基本的に男の方がチキンだから男の「ヤレたかも」は大概ヤレてる。たまに「お前ムーンサルトみたいな勘違いしてんな」みたいな話もあるけど。それはそれで面白い。さて表題にある「ヤラない俺カッコイイと思ってる男」についてですが、小野さんの記事のブコメで見かけたので書いてみましょう。私も結構「ヤラない」んですよ。別にそれがカッコイイとは思ってないんですけどね。簡単にヤレる女性とセックスしてもしょうがねぇじゃねぇですか。高まらないというか何というか。だから私は風俗とかも好きでは行かないんですよ。目の前で「はいどうぞ」的な感じがどうも合わない。だから「この人とセックスしたいなー」と思った時点で「この人いいなー」と思ってる事が多いので、ヤッちゃダメなんです。私は。エラい事になるから。その辺を簡単に考える男が好きならそういう男と付き合えば良いんでしょうけど、そういう男ってアホが多いから女性も気を付けて下さいね。女性からしたらどっちでもエラい事になりますね?まぁ程々に。割り切った関係なんてよく聞きますけど、セックスするだけの関係なんて面白いんですかね。やっぱ好きじゃないと面白くないと思うんですけどねー。私にはよく分かりません。今押されてんのかなー俺も押してみようかなー勘違いしてたらやだなーちょっと押してみようかなーあれー反応悪いなーまた今度にしよーかなー今何してんのかなーうわー誰かとどっか行くのかなーやだなーみたいなのが楽しいんじゃないのかなーなんて私は思いますけどね。という事でセックスが目的になった時点で私はヤリません。ここまで書きましたが、残念ながら私はブラマヨの小杉に瓜二つなので上記シチュエーションは私には到底訪れません。ヤリませんではないですね。なんて偉そうな話をしてるんだ。失礼しました。「ヤレません」でした。あしからず。

 

(´;ω;`) ヒーハー!!!

 

 

高みを目指すその行き先とは

ベンツに乗りたいとか高い腕時計がしたいとかそんなものはハッキリ言ってどうでもいい。そんなものはローンでも何でもすりゃアホでも買える。いい暮らしや目の前の金などどうでもいい。いい女をはべらしたいなどとも微塵も思わない。自分の実績が評価されれば金は後から必ず付いて来ると信じている。とりあえずやる事・やらなきゃいけない事をやりゃ良いのだ。ブラック?知るかそんなもの。私は自分がやりたいからやれるだけやる。金や車、女がどうでもいいとなると何のためにこのハゲは働くのか。何のためにこんなにハゲ揚がっていくのか。五年くらい前ある不動産会社の社長と仲良くなり、開発のプロジェクトチームに入れと指示があった。いつもの如く「いいっすよー」と軽い返事で指定の店に行って驚いた。勿論一見客など入れる店ではなく、店にも驚いたがそこにいるメンバーにも驚いた。食事をしながら私のプランの説明をしたり色々話していて思った。こんな店でこんなに凄い人達がこんなに次元の違う話を、こんなに面白い話をしてるのかと。私もこんな場所にいつも呼ばれる人間になりたいと。然るべき場所で然るべき人達が然るべき話をしている。私はその「然るべき人」になりたいのである。ではその然るべき人になるにはどうすれば良いのか。実績、規模、人脈、金、情報、その全てを「それなりに」しないとあそこには行けない。私はもう43歳、世の中ではオッサンだ。でも「あそこ」に行けば私などは赤子同然。ヨチヨチ歩きのクソガキである。40前にあの景色が見れた私はラッキーだった。おかげで私の行き先が明確になったのだ。「あそこ」でボロボロになっている人間をよく目の当たりにする。しかし私は今目の前にあるこの「盤」ではなく、あの「盤」であの人達とあの場所で私自身の「駒」を私自身が動かし、あの人の「駒」を取りたい。人脈や手持ちの駒の強さ、自身の駒のレベルで行き先が一気に地獄にも天国にもなるあの「盤」で面白い話がしたい。ビジネスの手法が違う関西と関東で、私そのものの「個人の駒」を最大限使えるのは東京だと、だからお前早くこっちに来いとお師匠さんに言われた。さて私はどうなるのでしょうか。震えてますね?まぁ良いか。今年は結構東京でウロウロしてます。運が悪けりゃ死ぬだけさ。

www.youtube.com