亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

お金は追うものではなく付いてくるもの

おい貴様サボってねぇで毎日更新しろよと某ブロガーにお叱りを受けたので気が向いた今のうちに更新する。先日ゆるふわ可愛い毒牙系ブロガーのさめ氏から言及(紹介)を頂いた。ここはてなでは「〇〇でIDコールがありました」と通知が来ると完全に身構える。え?なんで?俺なんかした?最近煽り記事書いてないけどな… なんだろ… などと思案しながらその言及記事内で白目血だらけでピクピクと意識を失っている私を見に行く、というのがここはてなでの言及である。恐る恐る見に行くとそこには俯きながら恥ずかしそうに立っている私に「面白いよー」と有名ブロガーが紹介してくれていたという有難い誤算であった。あざした!その記事にはもうぴーぶいは追わない、好きなこと書くと宣言されていた。私も同意見である。検索エンジンだか何だか知らないが、自分ではない他者のシステムや集客ノウハウ・テクニックに依存しその収益に一喜一憂するなど本当にバカバカしいと思うのである。私のブログなどはブクマが10を超えれば800〜1000、普段は100〜300のド底辺ブロガーである。しかしながらこれが私の実力なのだ。検索流入とやらのテクニックも営業活動も何もしていない。純粋に「あのオッサンまた何か言ってる」と見に来てくれている人の数である。私は本当にブログで金を掴みたいならこの「分母」を増やすのが本来の姿なんじゃないの?と思うのだ。そしてそうやっている人達に私は儲けてほしい。今儲かってるアッピールしているブログで面白いなーって人を私は知らない。タイトルが大事とか色やら改行なんて私はどうでもいい。私が好きなあなた達が書いたものなら形式はどうだって私は読む。最終的に強いのは「書く人」であり「テクニック」ではないと私は信じたい。さすればプラットフォームがどうなろうと人が離れることはないのだ。「金玉袋を伸ばしてモモンガみたいに飛んでみた」みたいな釣りタイトルで騙してるような連中に明日などない。では私は本当に金玉袋を伸ばしてモモンガのように飛んでやろうじゃないか。金玉袋の伸縮性、空気抵抗、空気圧や空気の滞留、スピードを計算して。乾燥して袋が破けるといけないからニベアを買っておこうか。何の話をしているか分かるか?分からんだろう。当たり前だ。私にも分からん。ただ1つ言えるのはこんなクソ記事をここまで読んでる貴様らは私に夢中だと言うことだよ。残念だったな!また会おう。ふはははははははははははははははははははははは