革ジャン⇔スーツ

毒は持っていません。毒と感じるのはあなたの感性。

私は艶やかなコスプレイヤー

こんにちは。コスプレイヤーわべの部屋へようこそ(ニッコリ) アホな私も「主語の大きさ」なるインターネッツのルールを覚え、はてなでのIDコールで呼び出し喰らうことも少なくなって来ましたが久しぶりに呼ばれたのでご紹介しながらお話してみましょうか。主張という程の話ではないので私の考えなどをつらつらと。

 

snack.elve.club

 

最初にお会いした時から可愛い人でしたが最近また女に磨きをかけておられるエルベ様です。未だに「友達だろ?」と聞くと「違う」と返ってきます。あと何年かかるのでしょうか?この記事の中では格好をどう捉えるのか、的なお話が書かれております。私が小綺麗にしてるのは「格好をつけたい」は勿論含まれてますがもう一つ理由があります。

その理由とは「相手に警戒させる」というもの。普通、営業マンなら親しみやすく警戒を解く手法を選ぶものですが、私は真逆、裏の裏は裏である的なよく分からない深読みをして自爆、卵が先か鶏が先か的な話と胡散臭い見た目を融合させて相手を煙に巻くなどという戦法は最終的に詐欺師がよく使用する手法であるがまぁ似たようなものだ。

冗談?はさておき、何故相手を警戒させるのか、であるが、私の会社などは誰も知らない看板の大きさなど無いに等しい会社だ。大きな会社に勤務されておられる猛者達には分からないだろうが、会社の規模やネームバリューというものは商談にいちいち影響する。例えば1万円の物を売る時、相手に「コイツはこれを売りたいんだな」と思わせると私は負けるのだ。だから私は見た目だけでも最初からバッキバキに武装する。第一印象で完全武装していれば、相手は少し「引く」のである。

話始めればそこからは私の実力しかもう武器はない。知識も技術も無ければ、ただの格好つけたバカなオッサンとして相手にされなくなるだけである。しかしながらそこでちゃんと話が出来れば、会社の規模など関係なく「ウチの商品が欲しいのか否か」だけ集中して話が出来るし変な値切りも発生しない。私が強気の金額を提示してもそこには「相手が欲しいのか欲しくないのか」だけで、後はその金額でOKなら連絡して下さいと商談は終わる。

結局私は「見た目だけで変な隙を作りたくない」という理由で武装してることになる。靴もスーツもシャツも。「隙」を作るのは話し始めてちゃんと同じ高さで話が出来ているなと確認してからでよい。誤解のないように記しておくが、そんなに良い物ばかりを身に付けている訳では無い。クリーニング然り、靴磨き然り、いつも綺麗にしているだけ、である。ワイシャツのお気に入りはユニクロ。あれはめちゃ良い。

格好は多分人格を変える。仕事する時はバッキバキのスーツを着るしバンドする時はボッロボロの革ジャンにボッロボロのジーパンにボッロボロのブーツ。家にいる時はパーカーにジーパン。そのシチュエーションと格好で我々は顔も話し方も仕草も変わっているのではないか、と私は思っている。

 

女性と食事をしている時は、鼻の下がびんよよよーんと伸びきって気持ち悪いオッサンと化しているのは言うまでもない。

 

これを書きながらエルベ氏が友達になってくれない理由が今判明した。