亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

私の中のセックスとは何か

セックスが私の心を占める割合が減った。性欲が減ったのかと言われればそれはまた違う。人並みにまだ性欲はある。ただ今はあまりにも忙しいのでその性欲発散の優先順位は低い。それでも私は男である、人間である以上その性欲はちゃんとある。ただ闇雲に「セックスがしたい」とは思わなくなった、という話である。

若い頃、20代の頃はバカ或いは猿のようにセックスをしていた。特別容姿が整っているわけではない私でも、「バンドマン」という場所に立っていたのでそれが簡単に手に入る環境であった。「ホテル行く?」と言えば「行くー♪」と返ってくる、そんな場所に私はいたのである。誰でも良い。ただその人が私の目の前にいたから、私はセックスをしていた。

私の中のセックスとは一体何なのか、と今振り返るとただの承認欲求であり、ただの独占欲であった。どこかの誰かに私の存在を知ってもらう行為、認めてもらう行為だったのではないか。若しくは、私自身が、私の存在を確認する行為か。何れにせよ若い頃の私は、誰かとキスをして、誰かと肌を重ねて、誰かを私の籠の中に閉じ込めること、を繰り返した。

私の中のセックスが承認欲求であったなら、今の私がセックスを求めないのも納得がいく。必要以上に誰かに知ってもらいたいとは思わないし、誰かを私の中に隔離する必要も無い。「エロ」「射精」だけが目的なのであれば、自慰や風俗でその欲求は満たされるだろう。わざわざ誰かに恋愛感情を持ってセックスしなくてもよい。それをやって、今の私に、その先に何があるのだ、と問われれば多分何も無いと言い切れるだろう。

現実社会でもここネットでも「コイツら何でそんなにセックスしたいんだろ」と思う人間がわんさかいるわけだが、自分の「居場所」を確保するのに躍起になっているのかなと、頬杖をつきながらいつも観察している。「中に出しても良い?」と男が言うのは、相手の女の覚悟を握り締めたいから、安心したいからだ。そこにしか居場所を見い出せない男の末路は悲惨である。野菜を一日1kg食っても間に合わない。

これからのセックスを私はどう捉えていこうか。まぁこれほど醜くハゲ散らかして太っている私のような醜男を好き好んで寄ってくる女性は稀だから気にしなくても良いか。私のセックスの概念は今がちょうど良い。この年でセックスに溺れたりしたら要らぬトラブルを増やすだけである。セックスしたいという衝動が無いのは心と理性をコントロールしやすい状態にある。

我々はもういい大人である。遊びは遊びだとちゃんと線を引いて、自分の心と相手の心をぐじゃぐじゃに混ぜるようなセックスは私はしない。立ち振る舞いや所作をきちんと考えながら行動したい。いい大人がセックスで相手の心を揺さぶるのは下品だと私は思う。相手を好きだという感情、自尊心、我儘が全て混在したセックスは、それはもうモルヒネである。

 

おっぱいは別腹だから揉みたい←