亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

私はずっと怒っている

常に激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームである。ビッグバンテラおこサンシャインビーナスバベルキレキレマスターである。まぁどっちでもいい。私が何かをする時のエネルギーは常に「怒り」であるので怒っていないとモチベーションがダダ下がりするのだ。仕事のモチベーションは言うまでもなく、バンドのやる気は勿論怒りである。

え?なんでそんなに怒ってんの?と言われると返答に困るが、もう10代の頃から私は「怒るとめちゃくちゃ行動出来る」という事を認識していた。それを自身で気付くことになったのはある引越し屋でバイトしていた時の事だ。今でこそ引越し屋さんは一軒一軒綺麗な靴下でにこやかで爽やかで礼儀正しい青年が多く働いているが、我々が若い頃の引越し屋など「ヤンキーの巣窟」であった。

お客さんに失礼な態度は取らない(取っているアホもいたが)が、新人にやたら厳しいと言うか体育会系と言うかシバキ系と言うか虐め系と言うかまぁそんなものであった。私も知っててその引越し屋のバイトに入ったわけだから、多少の覚悟はしていた。家具や重たい荷物を持つのは持ち方やコツがあって、それを知らないと必要ない力を使う羽目になり疲れが倍増する。新人の私にそんな事が分かるはずもなく、すぐにバテていたが何とか毎日を過ごしていた。

ある日、私が嫌いなパイセンと言うかヤンキーとコンビになった。私より身体は小さくて、自慢話が好きなよく喋る嘘つきであった。面倒だなと思いながらその日は3軒の引越しを朝から行っていた。2軒目は比較的荷物が少ない家であったが、引越し先が賃貸マンションから新築戸建ての引越しだったのだ。新築はかなり気を遣うが段取りよく荷物が運ばれていった。

運び入れも終盤に差し掛かった頃、天板に石が貼ってあるテーブルがあり、一人では持てないので養生を取ってトラックで待っていた。一緒に運んでいる途中、室内の階段の所でヤンキーは早く行けと言わんばかりにグイグイと押してきたのである。テーブルと階段の間口はギリギリ。ちょっと待って下さいと言っているにも関わらずそのヤンキーは執拗に押してきた、その瞬間、階段のクロスを擦ったのだ。ヤバイ。ザックリだ。

ヤンキーは報告・謝罪に行ったので聞き耳を立てていると、慣れない新人の私のせいにしていた。あーコイツはクズなんだなとそこで認識し、私は何も言わずに、静かに怒った。一人では重量的に厳しい物も私は1人で運び、バテることなくそのヤンキーに「早く行けよ」的なプレッシャーを掛けながらグイグイ運んだ。休憩?アホか。お前だけ休んどけや俺運んどくから。しょうもないのう。と口にはせずとも顔や態度に出ていたと思われる。この時気付いたのだ。「あ、俺怒ってると結構頭と力が出るな」と。

仕事も、バンドも、このブログも同じだ。怒りがモチベーション。怒ってないと書けない。怒りは何も生まないという言葉をそこここでよく見かけるが、そんな事は無い。私は怒りながら色々生み出すのだ。知恵も言葉も体力も。コイツだけは絶対許さねえという負のパワーを表に出さずニコニコとしながら静かに怒る。先日Twitterでお嬢から「男の子ってずっと何かと戦ってるわよね」というコメントを貰った。そうだ。43歳のオッサンも意味もなく誰かとずっと戦っているのだ。

その闘志と諦めのバランスが崩れた時、男は堕ちるだけ堕ちてゆくのである。

 

戦えオッサン。