亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

人の本当の優しさは口を開けて空を見てるだけでは口には入らない

と言うようなことをある人と話していて思ったのだ。「本当の優しさについて」である。ほんの小さな優しさは私もよく振りまく。相手が誰だかよく分からなくても「ガム食べますか?」「飴一つどうですか?」程度のものは自分をすり減らすものでは決してない。ただただ与えるだけの小さな優しさ。しかしながら本当の優しさというものは、優しくする方も優しくされる方も衝突して傷つかないと見えないのである。片方が本当に大切に思いながら優しく気遣っても、片方が傷つくのを恐れて立ち止まるとその優しさには気付けない。これ以上痛いのは嫌だと踵を返してしまう弱さは、相手の本当の優しさを闇に葬るのだなと思った。私はインターネッツの関係性など希薄この上ないと思っている。誰一人本当の事など書いてなんかいないと。せいぜい飴やガムのやり取りをしてれば良いじゃないか。私は本当の事を書いている!という人もいるだろう。しかしそんなもの全ては伝わらない。「書き方」と「読み方」でその文章の本当の意味はまるで正反対になるのだ。こんな、嘘と虚勢と誤解しかないインターネッツで、ただジッとしてるだけでは誰かの本当の優しさになんて触れられるはずがない。誰かと分かり合うのなんて無理だ。存在してるのかどうかすら怪しい人と薄く繋がって深く傷つけ合うのは不毛以外の何物でもない。インターネッツなんてもっといい加減で良いし、はっきり言ってどうでもいい世界だと私は思っている。誰かの本当の優しさを知りたいなら、会ってちゃんと目を見て話をして、笑ったり怒ったりするのが本来の姿であると思う。我々の居場所は現実社会である。勘違いしてはいけない。ネットの言葉だけがどこかの誰かの本心ではない。現実社会でお互いを認識し、その人の言葉を耳で聞き、その人の優しさが少し見えた時、信用が生まれる。嘘か本当かは、相手の声と、目と、仕草で、自分自身が判断すればよろしい。

 

現実社会でおっぱい揉みたい。