亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

仕事ぐらいで絶望するなんてバカバカしい

人それぞれ仕事について色んな悩みや苦しみがある。バカプップの私ですらある。しかしながら実際本当に悩んでいるのかと聞かれれば「悩んでない」と答えるだろう。悩んでどうにかなるのなら悩まずともどうにかなるし、どうにもならないものは今現在自分にどうにかする力を持っていないんだから、何をどうしたってどうにもならないのだ。ではそれを切り捨てれば良い。ポイントは「早目に」だ。悩む人間は大抵「出来るはずなのに出来そうにない」か「出来るのにやってない」か「出来ると言った手前今更出来ないと言えない」とそんなところだろう。自分は出来るはずだというのはただの「驕り」である。まず何でもやってみるのは良いことだ。しかし必ずすぐ気付くはずである。「出来ない」と。その出来ない状態を変に悩んで引っ張るから疲弊し苦しむのである。何故引っ張るのか。驕りだ。プライドだ。出来ないであったり、ヤバい出来るけど時間がかかるといった場合は早目にヤバいと言え。出来ない奴ほど出来ないと言わない。何でも出来ます!やります!はヤル気でも何でもない。ただのバカである。そしてそのバカは紛れもなく私であった。ヤル気を見せるため何でも引き受けて全てを放ったらかしにした。ヤル気を見せるための私の「出来ます!」は相手の期待を完全に裏切る行為なのである。今は技術的に出来ないことは「出来ない理由」を、私は出来ない(やらない)がこうやれば出来るんじゃないかという提案を、やらない方が良いことはその理由を最初の段階で言うようにしている。そうすれば相手は私に必要以上の期待をしないのだ。方法論を提案してあげれば他も当たるだろう。要はその仕事を「私が」しても「誰かが」しても完遂すれば依頼者の目的は果たされる。そこを分かっていないから「出来ます!」なんていい加減な事を言ってしまうのである。仕事なんかで悩んだり病気になるなんてバカバカしい。全て自分でやる必要など無いのだ。自分を頼ってくれた仕事を断るのは心苦しい。が、ちゃんと考えて早い段階で断るのは自分も相手も傷が浅いのだ。おかげさまで私は来期の請負金額が目標額の2倍だ。お分かりだろうか。もう受けた後である。この調子のいいこの口が「出来ます!」なんて口走る。誰かコピーロボット作ってくんねぇだろうか。今宵も私は眠る事を許されない。