亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

パワハラやブラック企業の話を聞くとウンザリする

www.keikubi.com

私はこの人のブログがあまり好きではない。読者登録も早々に外したしTwitterも見ないようにしていた。ふと今日のはてなブログのトップを見るとデカデカと鎮座していたのでポチーと開けてしまった。

 

警察は相変わらずである。

 

 

いまから10数年前、私上司を撃った彼と同じく、

18歳で警察官になり上司からパワハラを受けた。

 あの事件はパワハラだったのだろうか。ニュースでしか見聞きしていないので真相は分からないが、どこのニュースでも「叱責されたので撃った」「怒鳴られたからやった」と書かれている。叱責がパワハラなのか。ニュースを見て私が思ったのは素直に「撃った奴の頭がおかしい」である。昔ながらの体育会系・厳しさなどはあるのかもしれないが、叱責とパワハラを紐づけて書くこの記事は読んでいて気分が悪い。

警察がクソだというのは簡単だ。警察内部の事情なんて私は知らないし毎日のように不祥事だってある。しかし、私が今、外へ一歩出て包丁やバットを振り回すアホがいたとする。私は何の躊躇もなく110番で警察を呼び、その警察官は命を懸けて私の替わりに戦ってくれるのだ。警察官は我々一般人より強い。当たり前だ。身体も心も我々より強くなるべく、日々訓練している、してくれているのだ。警察官になろうと志す人を私は無条件にカッコイイと思うし尊敬する。全ての危険に立ち向かう警察官は強くなければいけないのだ。警察内部の教育の厳しさはそこに理由があるのではないかと私は思う。

 

警察が不祥事を起こすたびに、

このブログのアクセスが急激に伸びる。 

 

最近は数日で40万を超えるアクセスがあった。

いかがなものかと思う・・・・

 

さてさて・・・・上司を射殺か・・・・

 

警察だけでなく、社会に足を踏み込むと、

ぶっ殺してやりたい上司の一人や二人いるもんだ。

 パワハラはダメだ。そんな事は私にでも分かる。しかしこの話はどうなんだろうか。警察の不祥事なんだろうが、この殺された警察官はぶっ殺してやりたい上司の一人だったんだろうか。

www.asahi.com

警察をクビになった著者が当時どんな酷い事をされたのかは私は知らない。が、この記事を読むとまるで被害者上司のパワハラが原因での犯行のように受け取れる。こんな浮かばれない話があって良いものか。厳しいのがパワハラなのか。ブログでは恐ろしい数字のPV数を叩き出し、本を出し、莫大な数のフォロワーを持つ、今は強者となったあなたはこんな記事を書くべきでないと私は思う。今まで人より大変な思いをしてきたんだろうが、恨み節や呪いのような文章ではなく、せっかく強者となったのだから人を笑わせるような文章を書いてもらいたい。嫌なら見るなと言われるんだろうが、私はこの手のパワハラブラック企業の話を聞くのはもうお腹いっぱいだ。そろそろ私は「じゃぁどうすれば良いのか」という改善策が聞きたい。人が死んだ話をわざわざ私は聞きたくない。