亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

人のふり見て我がふりを直す

某マリさんのブログを見ていたらブコメで某自称恐ろしい程に傑作しか湧いてこない天才小説家ブロガーとやり合っていたので興味深く見ていた。嫌いだと言ってるのに何故分からんのだとのワンツーに仲直りしたいんだという右ストレート、そこへ仲直りなんてしたくないと見事に合わせたカウンター。まぁ私はこの小説家が好きではないので相変わらずアホだなぁと思いながら見ていたわけだが、私も不特定多数の人達からこのアホと同じように思われている可能性は大いにあるよなぁなどと思案したのである。好かれてるか嫌われてるかで言うと薄気味悪い嫌味の塊みたいな私のブログみたいなもんは嫌われてるに決まっている。私のブログは極々少数の神のような、慈悲に満ちた優しい人達によって成り立つ。そして私はその気にしてくれている優しい人達に甘え、気持ち悪いと思われてんだろうなぁと認識しながらもブコメを書いてしまうのである。これはちょっと考えた方が良いよなぁと人のふり見て思ったのだ。これでは私もあのアホと一緒だと言われても致し方ない。インターネッツは顔を合わせて話すわけでも何でもないから自身の想いを優先しがちである。これはやはり私の本意ではないのだ。私が私の言葉で嫌われるのは構わないしそれはしょうがないが、嫌だと言っている人にまた言葉を投げるのはやはり配慮が無い。好かれたいわけでも嫌われたくないわけでもないが、そこから敢えて絡みに行くみたいな事はもうやめにしたい。私のような気持ち悪いオッサンの1/3の純情な感情は不快でしかないのである。壊れるほど愛しても1/3も伝わらないし純情な感情は空回りしてI LOVE YOUさえ言えないMY HEARTとまた気持ち悪さに拍車がかかって来たので今日はここまでとする。