亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

あしみじかおじさん

その日は普段あまり乗らない最終電車に乗り込んで帰路を急いでいた。地下鉄谷町線。最終に近くなるとこの電車は誰も乗っていない。乗り換えの駅まで時間を潰すためにイヤフォンをセットし、私は全神経をポコポコに向けた。クソッ!俺はなんて不器用なんだとイライラしていると向かいの座席に綺麗な女性が座っていることに気がついた。俯いて具合悪そうな顔をしているが今のご時世、こんな気持ち悪いオッサンが話しかけてもリスクしか無い。私は再びポコポコに全神経を集中しようとしたその時、目の前の女性がボロボロと涙を流し始めた。さすがにちょっと恐いな… 早く乗り換えの駅に着かないかな…などとチラ見しながらポコポコでボコボコにされているとその女性の泣き顔は号泣に変わっている。両手をダラりとシートに付けて、上を向いて泣いている。そして私は見たのだ。鼻水が大量に出ている。私はその姿に笑ってしまった。乗り換えの駅に着きそうなので、私は立ち上がって「差し上げますから返さなくても良いですよw 鼻水w」とハンカチを渡した。いつもの汚い作業着なら出来なかったが、幸い小綺麗なスーツ姿だったのでその女性は泣きながら、少し笑いながら、そのハンカチを受け取った。その数ヶ月後、そんな事など綺麗さっぱり忘れていたら夕方の駅のホームでバッタリ再会した。いつか返そうと綺麗にアイロンを当てて可愛いビニール袋に入れたハンカチをいつも鞄に入れていたとの事。偶然だねーなんて言いながらハンカチを受け取って乗り換えの駅まで話をしていたら「あの時のお礼にお酒でもご馳走したい」との申し出に、私はお酒飲まないからコーヒーで良いよwと駅の中にある昔ながらの喫茶店でまた話をした。あの時は当時の彼氏に酷いフラれ方をしたそうで、悔しくてムカついて恥ずかしくて情けなくて泣くのを我慢出来なかったそうだ。その目の前で見知らぬオッサンが爆笑したから更にムカついたようだが「あんな鼻水出して号泣しとったら笑うやろそんなもん」の意見に納得したようだ。またご飯行きましょーとの事だったのでLINEを交換し、腹減ったとLINEくれたら良いよとその日は別れた。それから数ヶ月に一度「来週の何曜日お腹空いてます」とLINEが入るようになり「はいよー」と飯を食いながらお互いの近況を話す。「彼氏が出来ない」「理想高けえんじゃねぇの」「そんなことない」「誰か紹介して下さい」「オッサンの周りにはオッサンしかいねえんだよ」「どんなのが好きなの?」「おディーン的な」「んじゃおディーンのTwitterにでも死ぬまで張り付いてろ」「ひでえwww」そんなこんなで2年ほど経った先日またLINEが入った。「私結婚するんです」「えー良かったじゃーん」「最後にご飯行きましょーよー」「良いよー」付き合ってそんなに経ってないけど良い人と出逢えたようだ。「で、おディーンにそっくりなんでしょその人良かったじゃん」「んな奴いるわけねーだろ喧嘩売ってんのかオッサン」「お前が言うとったんやろがいwww」たっぷり惚気を聞いたその別れ際、彼女がボロボロと泣き出したのでハンカチを渡した。「返さなくて良いよwww」「分かったwww」

 

※ フィクションです。