亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

私の仕事のやり方

天邪鬼 - 亡霊の戯言

人は一人では生きていけないのだ。お前昨日と言ってることが違うじゃねぇか何言ってんだこのキチガイと思われるだろうがまぁ待て貴様ら私がキチガイなのは今までの私の記事を読んでいれば百も承知だろうそんなにヤイヤイ言わなくても良かろうも。さて仕事の話に移行しようか。私の仕事のやり方、と言ってもそんなに大した話でもなんでもない。テクニカルでトリッキーな仕事法が知りたいのなら才能研究家のやぎペー( やぎぺー@才能研究家 (@yagijimpei) | Twitter  )のとこにでも行って才能を見出してもらうか帰りの飛行機代を知らない人から貰える方法でも教えてもらえばよい。私はそんな才能も面の皮も持ち合わせていない。私の仕事のやり方は簡単だ。沢山の人に会うという事、自己紹介がキチンと出来る事、ただそれだけである。ここで重要なのは自己紹介である。私は何者なのか、どんな会社でどんな事が出来るのか、私はあなたのどんな困ったことを解消できるのか、などをちゃんと簡潔に説明出来るかだ。世の中の沢山の人達の脳内に「私」をインプットさせる。「何かあった時」その人の頭の中で、いの一番に「私」を思い浮かばせる努力、それが私の仕事であり営業である。私の仕事は小難しい仕事であるが小難しい話や説明など一切しない。しかしながら小難しい話が必要ならば相手が「もういい」と言うまで詳細を説明する。「知ってるけど言わない」と「知らないし言わない」は違うので注意されたし。日々勉強だ。私に才能さえあれば飛行機代誰か出してくれるのに...クソッ!ここまでは沢山の人に「私」を知ってもらう仕事であるが、次は相手を知る仕事である。「あなた」は何をやっていてどんな事が出来て、私のどんな困った事を解消出来るのか、をヒアリングし「私」の脳内にインプットする。数えた事は無いが、多分数百人は私の頭の中には「あなた」が存在する。仕事をしていると色んな場面で「これどうする?」が絶えず出現するわけだが、その時に「あ、〇〇がこれ出来るって言ってたな」と閃く事が出来れば紹介してあげれば良い。その時仕事にならなくてもよい。紹介した方もされた方からも「私」は感謝され、そしてその双方の頭の中に「私」は刻まれる。私は一人ではない。頭の中に数百人のそれぞれのプロが存在し、そしてその人達は、私を、お客さんを助けてくれるのである。これらを繰り返していると、何か困った事案が発生すればその種類は関係なく誰かの頭の中で「私」が出現し「影に聞いたらどうにかしてくれるんじゃね?」的な位置となるわけだ。営業としてこんなに嬉しい話は無い。営業だろうが技術だろうが経理だろうが販売員だろうが関係ない。沢山の人に会って沢山の人を知り、そして「私」を知ってもらうのだ。私の頭の中には上場企業の役員から不動産屋からパン屋から保険屋から西成の日雇い労働者まで色んな人達が実在している。

「影に聞いたら何か知ってんじゃね?」

私はその辺の汚いただの設備屋であるが、アンテナが人より太くて長い。情報が集まると仕事が集まって人が集まるのである。目先の金なんてどうでも良いじゃないか。金の臭いをプンプンさせながら一人数百円を集めてドヤ顔するより、汚ねえ手でガッチリ握手しながら「先に仕事をする」んだ。金は後だ。我々の仕事で誰かが喜んだら、それが金に代わるのだ。才能研究家達のアレが自由なら私は自由など要らん。やり方さえ知っていれば、今はインターネット回線に乗って札束が降る時代なのかもしれないが、私は油まみれのくしゃくしゃの一万円札を握りしめて家に帰るよ。私の願いは一つだ。

 

おっぱい揉みたい。