亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

前の会社のパイセンに偶然街で出会った

「あれ?影か?」用事で大阪市にある生野という街を歩いているとそう声を掛けられた。その人物を確認すると、前に勤めていたブラック企業で同じ営業をしていたパイセンであった。見た目は普通というかヒョロいがかなり負けん気が強くめんどくさいパイセンであった。確か年下だったと記憶している。実に10年ぶりくらいの再会であった。「○○に聞いたでぇ。何やえらい忙しいみたいやな。ええやんけ。」何だコイツはと思いながらも私はもう大人である。私もコイツの噂は聞いていて、ワケの分からないコンサルみたいな事をやっているそうだ。私もコンサルと言われる人物を100人以上知ってるが本物は私の知り合いでは2人しかいない。急いでいるしこんなアホと話している時間はないので当たり障りのない会話をして離れようとしたが彼はこう言った。「お前ホンマにどんくさくてアホやったもんな(笑) 仕事紹介したろか?今度俺5億の仕事請けんねん。」カチンときた。まだこんな事を言ってんのかコイツは。本格的なアホだな。業種は何だ?特定建設業の許可は?そもそも貴様は会社組織でやってるのか?社会保険は?個人で5億の仕事が請けれるのか?何だそのみすぼらしい格好は。よくそんな格好で5億の仕事が請けられるもんだな。とりあえずその肩のフケを払ったらどうだ。大したもんだな。私がこれまでどれだけ真剣に、真面目にやってきたかなんて貴様のようなアホ、騙しばかりやってるクズには分からんだろうな。紹介したろか?だと?発注書を見せてみろよ。あるなら全額前金で請けてやるよ。でっけえ風呂敷広げてんじゃねぇだろうな?あ?お前何歳なんだ?大丈夫か?みたいな事を淡々と息継ぎなしでずっと質問してたら泣き始めた。すまん。まさか40手前のオッサンが泣くとは思わなかった。とりあえず昼飯でも奢ろうじゃないか。ラーメン屋で話を聞くと思った通り半分詐欺みたいな仕事をずっとやっているようで、食えてないらしい。貴様みたいないつも人や客をバカにするようなアホに一発逆転なんてあるわけねぇだろと40前のオッサンに説教である。色々な情報やこれからビジネスになるような商材を教えてあげて、やってみるならどこかの会社を紹介してやるから連絡してこいと名刺を渡した。そしてラーメンを食べ終わる頃に金が無いと言うので、3万渡して帰ろうとしたら「ビットコインって知ってる?儲かるらしいんだけど」みたいな話をし出したので私の名刺を取り上げてその金は返さなくていいから私に二度と声を掛けるなよと言って別れた。私が怒った意味などアイツは多分分かってないだろうし、アイツはずっとアホなんだと思う。サヨナラあの時のパイセン。