亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

ブログ書いてて良かったなぁと今日初めて思った

f:id:punkrockers:20171218192036j:image

前のブログは丸2年?書いてて、インターネッツ古参の人からするとまだまだ新人で、右も左も何も分からねえ空気読めよコイツみたいなチンカスだったわけですが、書いてる方は書いてる方で途中何度も「俺何やってんだろ」という自己否定みたいなものが生まれていたわけですよ。こんなの書いてて意味あるの?的な。まぁそんな事は周りの親切なブロガーさん達にちょっかいかけてもらったり、たまにシャーペンでケツをチクッと刺されたり机の中に腐りかけのパン入れられたりタバコの葉っぱを綺麗に全部抜き取ってその葉っぱに七味を大量に混ぜて知らぬ顔でまた箱に戻したり玄関のドアに粗大ゴミを大量に置いて開けられなくしたりちょっとタバコくれよと言われて新品のタバコから19本とライターを取り上げられたりと、ブロガーのパイセン達・同期達が優しく接してくれたこともあり続ける事が出来ていたのです。しかしながら私の未熟さにより前ブログを消すに至ります。消した時は優しい皆さんがLINEやらメールで「何で消えてんの?」と声を掛けて下さって有難いなぁと思いながらタバコの葉っぱに赤い異物が入ってないか目を血走らせながら確認したものです。まぁこうやって転生してまた一からちょこちょこ書いてるわけですが、今日メールが届きました。

 

f:id:punkrockers:20171218183931j:image

 

ちょっと感動した。知ってるブロガーや絡んだことのある人なら「〇〇です」と連絡をくれていたので、多分どこの誰だか知らない人からのメール。あー、意味はあったんだなと思いました。別に何万人、何十万人に読んでもらえるブログを私は目指していた訳ではない。どこかの誰かの少しの刺激になれば良いなーと思いながら、そこに心を入れて書いておりました。本当に嬉しいなー。また書きますよ。いつまで続くのかは分かりませんけども。誰かと喧嘩してイラッとしてまた消すかもしれないけども。ウェイウェイアフィリエイターやら胡散臭いブロガー達による100万PVよりも、たとえどんなに数が少なくてもこういうものの方が私には価値がある。このメールのおかげで今日は凄く幸せな気持ちになりました。あれ?カレーの匂いがしますね。そろそろ晩ご飯でしょうか。ほっこりしてるのも束の間。ここはてなは戦場でしたね。斧の準備は出来てますか?さて、参りましょうか。