亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

私の環境は私が作る

子供に関するある記事を読んだ。不気味なブログを書く私が言及すると相手に迷惑が掛かるので言及はしない。「子供嫌い」に関して、である。そんなものは人それぞれなので私は別に構わないと思う。好き嫌いは誰にでもあるのだ。それで良いじゃないか。そのまま行け。私の知ったこっちゃない。子供が嫌いだと明言している人に私は好んで近づかないし相手も近寄って来ないだろう。コミュニティとはそういうものだ。

私にも子供が二人いる。仕事ばかりしている私が子育てをちゃんとしているのかと言われればしていないが、子供を連れてあっちこっちに行く機会はやはり沢山ある。赤ちゃんは泣くし子供は騒ぐ。当たり前だ。しかしながらこの当たり前にプンスカする人達もいる。放置する親、叱らない親、子供に甘い親にご立腹なんだそうだ。

確かに明らかに放置していたりルールを逸脱していれば我々子持ちの親だって眉をひそめる。我々親たちが子供を連れて行く場所は、子供の年齢で大体集中する。1~2才ならここ、3~4才ならここ、5才超えてくればこれ行けるかな~などなど。なので似たような年齢の子供を連れた家族が集まるわけだが、そんなに酷い親を私はあまり見たことが無い。贔屓目に見ているのかもしれないが、親は皆子供の動向をジッと観察して「YES」「NO」を判断し子供を遊ばせるのである。問題はここに各人の「許せる」「許せない」の曖昧なボーダーラインがある。万人のボーダーラインを超えないように子育てをするのははっきり言って不可能である。

我々親は赤ちゃんが何故・いつ泣くのか、子供が何故・いつ騒ぐのかは分からない。子供の相手は「お前そこでぐずんの?マジで?こないだはちゃんと出来たじゃん」の連続だ。お利口にしてる時の子供は子供が無理をしている。電車で子供が一言も口をきかずに無表情で座っていると逆に心配になる。混んでいる電車に何十分も黙って座ってろなんて言えばグズるに決まっている。だって当たり前だろう。子供なんだもの。ピシャッと怒って「はい分かりましたお父様」なんて言うわけがない。

我々親は放ったらかしにしているわけではない。子供の機嫌を損ねると余計にややこしい事態を引き起こす可能性をなるべくミニマムにすべく、周囲を観察しながら子供を泳がせる事に集中している。お菓子を渡す、スマホを見せる、抱っこする等々。そういう事が分かっているから、見知らぬ親が困っていたら席を譲ったりスペースを開けたりベビーカー動かすのを手伝ったりする。宗教じみているかもしれないが、やった事や言い放つ言葉は全て自分に返ってくると思っている。で、あれば他人に優しくする方が良いじゃないか。とは言いつつも良い人ぶるつもりは無い。殴られたら全力で殴り返す。

誰だって嫌いなものはある。ヤニカスの私が煙草を吸っていれば不特定多数の人達に「タヒね」と思われているんだろう。それはそれで良い。私が生きているだけで誰かに掛けている迷惑を別の形で何かに貢献したいと思っている。そして私「は」子供を連れた家族に優しくありたいし寛容でありたい。大変なんだもの。1秒後に何するか分かんない子供を連れて歩くのは。それでも子供を育てている親に敬意を示しつつ、誰に対しても出来るだけ優しい気持ちで接したいと思っている。ただ殴られたら全力で殴り返す。私は釈迦でも何でもない。

 

ただの優しいチンパンジーだもの。

 

 

ベトナム・ハノイ出張記

※ 写真あります。

 

只今ベトナムハノイに出張中。何やら数十億のプロジェクトらしいが、なぜ私のような零細企業のチンパンジーが呼ばれてるのかは不明。コンサルの先生曰く「うるせえ黙って俺の後ろに着いてろ」とのことなので、深くは考えずに約束の日に飛行機に飛び乗る。
f:id:punkrockers:20180613230649j:image

機内食ウェスタン!とジャパニーズ!が選べたのだが私はジャパニーズ!と叫んでいた。美味いか不味いかで言うと限りなく不味いに近い普通。


f:id:punkrockers:20180613230716j:image

ホテルに到着。アオザイみたいな服を着た綺麗なお姉さんがお出迎え。

f:id:punkrockers:20180613225604j:image

部屋は取引先持ちだぜベイべ


f:id:punkrockers:20180613230753j:image

ホテルを出てすぐ。狭い道をバイクと車がクラクション鳴らしながら通り過ぎてゆく。


f:id:punkrockers:20180613230827j:image

近くの店でとりあえず晩飯。

f:id:punkrockers:20180613230851j:image

店内。


f:id:punkrockers:20180613230923j:image

店内。


f:id:punkrockers:20180613230940j:image

私は酒を飲まないのだが迎えに来てくれた取引先のお付き合いでビールを嗜む。美味しいか不味いかで言うと限りなく普通に近い普通。てか私にビールの味など分からん。

f:id:punkrockers:20180613230958j:image

マンゴーの酢漬け?的なもの。美味しいか不味いかで言うと限りなく酸っぱいに近い酸っぱい。

f:id:punkrockers:20180613231018j:image

イカの姿揚げ。美味しいか不味いかで言うと限りなくめっちゃ美味いに近いめっちゃ美味い。


f:id:punkrockers:20180613231038j:image

牛肉焼いたやつ。八角?的なスパイスが入ってるかと思われる。美味い。

f:id:punkrockers:20180613231106j:image

チャハハーン。やべえ。うめえ。

f:id:punkrockers:20180613225623j:image

次の日のお昼の街並み。人が多い。


f:id:punkrockers:20180613225658j:image

どこを見回してもバイク。バイク。バイク。


f:id:punkrockers:20180613225740j:image

何か雰囲気のある建物。


f:id:punkrockers:20180613225808j:image

果物売ってるおばちゃん。


f:id:punkrockers:20180613225829j:image

玉ねぎ?


f:id:punkrockers:20180613230025j:image

お昼ご飯。手前はきゅうり。奥はズッキーニ。真ん中は牛肉を炒めたもの。全体的にベトナムの野菜は少し水っぽい。写真には無いがスープに入っていたパクチーを噛んで悶絶。


f:id:punkrockers:20180613230054j:image

夕暮れ時。信号あんまり関係ない。バイクが途切れるのを待ってると明日の朝になるので、渡るコツは「お前も当たりたくはねえんだろ?」的な態度で渡るとバイクはクラクションを鳴らしながら止まる。


f:id:punkrockers:20180613230124j:image

スーパーに入ってみた。


f:id:punkrockers:20180613230142j:image

調味料コーナー。見慣れない調味料が並ぶ。


f:id:punkrockers:20180613230200j:image

キッコーマン見っけ。価格はゼロ二つ取って2で割ると大体円換算出来る。キッコーマンは430円くらいね。私は普段醤油買わないので高いのか安いのか分からん。


f:id:punkrockers:20180613230217j:image

なんですかこれは。ニホンゴカイテマスガメイドインタイワン。


f:id:punkrockers:20180613230241j:image

ここのホテルはこの専用の赤い袋に洗濯物を入れておくと洗濯して畳んで置いといてくれる優秀なホテル。


f:id:punkrockers:20180613230313j:image

ロッテタワー。


f:id:punkrockers:20180613230334j:image

最上階に登りませう。トップオブハノイ


f:id:punkrockers:20180613230353j:image

65階からまだ上に登ると屋上にオープンカフェがありまぁす。


f:id:punkrockers:20180613230411j:image

オサレ。


f:id:punkrockers:20180613230428j:image

私は酒を飲まないのでラテをば。


f:id:punkrockers:20180613230457j:image

夜景。


f:id:punkrockers:20180613230512j:image

夜景。


f:id:punkrockers:20180613230524j:image

夜景。

 

明日の夜便で大阪に帰る。疲れたよ。パトラッシュ。

 

 

気付けば私はウェブの文章をもうそのまま読まなくなった

某巨大掲示板の人は言った。「嘘は嘘であると見抜ける人でないと難しい」と。インターネッツに詳しくない私はその目と脳にフィルターをかける。どこか上の空で誰かの話に聞き耳を立て、その話を話半分に聞きながら適当な相槌を打っている気分だ。その情報や話が確かな情報なのか嘘なのかを調べる知識も技術も私には無い。それが嘘か本当かを調べるには、嘘と本当が混在するGoogleの箱をまたひっくり返すしか方法は無い。

となると、私はこのインターネッツに嘘か本当かの判断など必要ないのではないかと思ってしまう。どっちにしろ私には正解が分からない。この人「本当は」何を言ってるんだろうと裏を読みながら見ていると疲れるのだ。「花が綺麗だ」と書いてあるなら「花が綺麗」なんだろう。「好きだ」と書いてあるなら多分「好き」なんだ。私はいつしか「本当は」どう思ってるんだろうか、この表現の裏には何が隠されてるんだろうと考えながら読むようになってしまった。

私がそうやって読むのだから、私の話もそうやって読まれてるのだ。私がここで書いているのは別に誰かに何かを伝えたい訳ではなく、有益な情報を発信している訳でもない。ただただ思ったことを書いて放流している。だから嘘も本当も無い。嘘をつこうとは思っていないし真実を訴えたいわけでもない。嘘でも本当でもない。ただの私の心の中なのだ。今その時はそう思っているけど明日には変わっているかもしれない。今日は叩くけど明日擁護するかもしれない。

要するに結論はインターネッツでの話などハッキリ言って私はどっちでも良いのだ。その時楽しく読めればそれで良いし、それが例え嘘でもパクリでも私がその時「おお、そうか」と消化出来るなら腹も立たないし問題ない。全くの嘘は私自身で判断出来るわけだしね。どっちか分からないものはどっちでも良いのである。100%正しい事など世の中そんなに沢山あるんだろうか。正義やら悪やらは各人の主観とその似た者同士の集合体。であれば「何が正解か」は問題ではなく「私はどう思うのか」が大事なんだと思うわけだ。

インターネッツなどどっちでもいい。我々がちゃんと生きているのは現実社会であり、正解や不正解、成功や失敗、嘘や本当が経験値として積み上がるのはこのリアルの空間だけである。しかしながらこんなどっちでもいい世界で稀に見つけることが出来る素晴らしい考え方や文章。私も何度目から鱗が落ちた事だろう。それが嘘かどうかなどどっちでもいい。私の中で積み上がった経験値がその言葉や考え方を消化し、身体の中で形を変える。これらが「真実か嘘」のどちらかに変わるのは、その発信者に会って顔を合わせて話をしたその時である。私の経験値が「嘘」か「本当」かどちらかに振り分けるのである。

であるからして、ここにいる私も即ち「どっちでもいい」のである。ハゲてるのかデブなのか、早漏なのか変態なのか、大わき毛なのかパイパンなのかは「どっちでもいい」のだ。ただ一つだけ、ここに私の真実があるのなら「おっぱい揉みたい」という思想。

 

真実はそれだけである。

 

 

不倫のススメ

私のブログは以前のものも含めて検索流入のほとんどが「仕事」「営業」「不倫」である。求められているのなら書いていこうか。

ススメとは書いたが別に勧めているわけではない。先日仲の良い取引先の若い営業が真っ青な顔をしていたのでどうしたんだ調子悪いのかと尋ねたところ、不倫して相手を妊娠させたのがバレて離婚騒動になっているという。私は当然の如く大爆笑しながら話を聞いた。細かい事は書かないが、逃げずに責任をちゃんと全うするよう叱責し励ました。

 不倫する奴はバカである。否、言い方を変えよう。不倫がバレる奴はバカである。以前のブログでも私は不倫を叩いていたが、それは聖人君子のような理由で叩いていたわけではない。バレるような奴は不倫などするな、と言いたいのである。バレなければやっても良いのかと問われれば「勝手にしろ」と答える。もし私の妻がやっていたら?答えは「別に構わない」だ。ただし条件は「バレないようにしろ」とそれだけである。

バレなければやっていないのと同じなのだ。バレるから誰かが不幸になる。心の繋がりがどうのこうのと言うつもりは無い。私の足りない部分を誰かが補って尚、完全犯罪なら私は「やっていない」と判断するし詮索も疑ったりもしない。特に心配もしていない。信用していると言えばそうだろうし頭の良い女性だと私は思っている。

取引先の彼にも言ったが、好きになるからバレるんだ。避妊をしないのもお互いの覚悟、確認の真似事だろう。恋だの愛だの言ってるからわきが甘くなるのだ。遊べない人間がそんなリスクの高いゲームをするべきでない。運命の赤い糸だと?あるのかもしれない。しかし数%の小さなリスクがもし発生したその時、運命の赤い糸すら躊躇いなくお互いが切れないのならそんな関係がバレないはずはない。お互いが、どちらかがその赤い糸にしがみつくからバレるのである。

不倫はバレるから不倫なのだ。バレなければそこには何も存在しない。始まってはいないし終わってもない。責任が取れるなら好きにすれば良いが、責任なんて取れない奴がバレるしバレる奴は責任なんて取れない。君を愛してるんだと囁きながら生でしようと腰をカクカクさせている男は純度100%のバカなので女性陣は気をつけた方がよろしい。ゲームなら誰も傷つかない。

心配して頂かなくとも私は大丈夫だ。髪の薄い太った中年、巨大な卵のような風体、言わば私はずんぐりむっくりのハンプティダンプティ。塀から落下すれば誰も私を元に戻す事など出来ない。ハンプティダンプティは堕ちると元には戻れないのである。

 


純愛ラプソディ 竹内まりや mariyatakeuchi - YouTube

 

 

あなたが私を好きなのかどうかなんて私には分からない

営業マンはエスパーじゃないといけない、と私は常日頃思っている。お客さんが何を思っているのか、何に困っているのか、どう解決して欲しいのか、などなど。

そして私はまぁまぁエスパーになりつつある。ここがこうなっているんだったらこうなってませんか?こんな事で困ってるでしょう?こうなれば良いのになと思ってませんか?とお客さんが喋る前に言い当てるのである。

当たり前だがお客さんはビックリする。なんで分かるの?!てなもんである。しかしながら私がお客さんの心を言い当てることが出来るのも当たり前だ。何回も同じトラブルを経験し、何回も同じトラブルを私は改善しているからである。

機械や設計に関してはこうなってればこうなるだろうなという事は読める。が、人間関係ではどうだろうか。当たり前だがこれは今まで43年間生きてきた私でも読めない。あなたに好かれてるのか嫌われてるのかなんて私には分からないのだ。

「好きです」と言われても「嫌いです」と言われても本当のあなたの心の中は私には分からない。あなたから私に話しかけてくれるのは好かれているのではない。これは「普通」なのだ。

真ん中の「普通ライン」から私は「好きエリア」にいるのか「嫌いエリア」にいるのか。私の立ち回り方はこうだ。全てにおいて「私主導」ではなく「あなた主導」でものを考える。

「私がこうしたいから」ではなく「あなたはどうしたいんだろうか」を考える。「私はこうしたい」とあなたに言うのは、あなたの「好きエリア」に私はいるんだろうな、と確信してからだ。

それまで私は主張などしない。あなたから聞く、情報を吸い上げる作業を行う。自ら行うアドバイスなど以ての外である。もちろん聞かれたらちゃんと答えるし、言い方も「私ならこうする」という言い方をする。

私の考える「好き」「嫌い」というのは「相手を許せる範囲」だと思っている。大好きなら何でも許せるし少しでも嫌いなら些細なことも許せない。であれば、あなたが私のことを好きなのか嫌いなのか分からない状況での自己主張など得策ではない。

こうして欲しいと相手に何かを求めるのはただのエゴイスト。まず私はあなたに沢山の何かを与えないといけない。しかし押し付けはいけない。求められれば与える、を繰り返すのである。私があなたを好きなのであれば、私があなたの「好きエリア」に入れるまでジッと待つ。

私の声があなたに聞こえなくてもよい。私の声をあなたに聞かせようなんて思わない。私の希望は、あなたの「無意識」に入り込む事だ。

営業も男女も同じである。何か困ったことが起きた時、あなたの頭の中でまず私の顔が浮かぶかどうか。そのあなたの「無意識」に私が入り込めたとき、それまでの私の営業活動の花は咲き誇り、ハラハラ舞い散る桜と共に私の髪の毛も枕に散るのである。

 

来年も咲くんやろ?ワシの髪の毛。あかんか?

 

 

 

あなたの手が狂おしいほどに愛おしい

妻が愛してやまない私の身体の部位がある。表題にもあるように「手」である。別に白魚のように綺麗なわけでも美しいわけでもない。太くて短い指、マメだらけの掌、所謂ゴツゴツとした工事屋の「手」である。ゴリラである。ブタゴリラである。特徴を一つ挙げるならば、私の「手」は異常にデカい。身長は177なのでそれほど高くは無いが、私より大きな手をあまり見たことがない。妻はその大きな私の手を溺愛しているのだ。手フェチであればもっと綺麗な手を好むはずだが、先ほど述べたように私の手は不細工甚だしい。何故にそれほど溺愛しているのか。私の大きな手は妻の頭をすっぽりと包む事が出来る。妻の大好物、それはヘッドスパである。大きな手のひらと握力、そして天才的な私のマッサージセンスによるヘッドスパは妻を楽園へ連れ去る。では方法を説明しよう。その儀式の舞台はお風呂である。妻が前に座り私は後ろからまずシャンプー。頭皮を洗いながら程よく頭をマッサージしよく洗い流す。そしてトリートメントはクシを使いながら入念に髪へキューティクルを封入、少し時間を置きたいのでその間に首、肩、腕、背中のマッサージに入る。トリートメントはオイルのような滑りがあるのでマッサージも捗る。トリートメントを流せばコンディショナーで仕上げ。この時、私の大きな手は妻の頭のあらゆるツボを刺激する。コンディショナーを流せば肩と腕のストレッチ。お風呂を出て妻を座らせドライヤーで髪を乾かし、最後はオイルで仕上げてこの儀式は終了となる。全て終える所要時間は約2時間。妻はこのヘッドスパを至福の時間としているが、私は2時間も奉仕し続けて大変なのでなるべくイベントデーのみの儀式だ。誕生日、結婚記念日、母の日その他である。年に3〜4回程度であるが、妻はその日を今か今かと待ちわびる。プレゼントなんて要らないからヘッドスパで!!!と言わしめる程に私の「手」に夢中なのだ。機会があれば披露したいが、これはお風呂で髪をケアしながらの儀式となるため一般体験は不可である。残念だ。オッサンは体験出来るかだと?何で私がオッサンと風呂に入らねばならんのだ。バカを言うな。奥さんが「一緒にお風呂入る?♡」と私に声を掛けてくるのはラブラブモードでは決してない。しかしながら仕事が忙しい私に文句も言わず、子育てをほぼ一人でやってる奥さんへのご褒美はこれが一番のようだ。最近疲れた顔をしているので、近々L'OCCITANEにヘアオイルでも見に行ってこよう。

 

私?私の頭にヘアオイルだと?アホか?私の頭にヘアオイルなんか塗ったら髪が無いから頭皮ベトベトなるわ。

 

 

それは誰のための正義なんだ

ボーっとTwitterを眺めてるとフェミニストが「貴様のような奴はフェミニストなんかじゃない」とフェミニストを叩いていた。違う方向を向くと煙草を辞めた奴らがそれは絶対悪だと、煙草より大麻の方が安全だと叫ぶ。また上を見上げると日本は終わりだこんな国は滅べばいいと自分では何もしないで手ぶらで歌う。バカバカしい。コイツらは何をもってこんな事をいつも偉そうに吐き続けてんだろ。自分が知らずに掛けている他人への迷惑には気付きもせずに。私は咳込んで嘔吐きながら「何でこんなもん吸ってんだろ」と思いながらいつも煙草の煙を見つめている。他人の意見なんてどうでもいい。誰かがそうだから、世の中がそうだから、こうやって言えばこう見えるからなんてどうでもいい。クソだ。私は自分が思うように生きて迷惑かけてやる。しかしそれだけじゃ脳が無いじゃないか。だから私は迷惑かける以上の良いこともやってやる。文句と能書きばかり垂れて何もしない奴らよりマシだろ。死ぬときに悪い事と良い事が50:50なら御の字だ。煙草吸ってるけどアイツ好き、性格悪いけどアイツ好き、どうやったらそうなれんだろな。まぁいい。そうやって考えながら、他人に迷惑かけながら私は良いことをやってくんだ。死ぬとき独りなら良いことやってなかった証拠だ。結果はそれまでのお楽しみってわけだ。どうせ善と悪を我々はいつも両方握ってんだ。誰のためだかよく分かんねえ正義翳す前に、近くの、目の前の人の顔見てみろよ。もし悲しそうな顔してるならそんな正義に何も意味は無い。

 

なんて事を思いながらまた煙草を吸っている私は紛れもないヤニカスです。