亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

仕事ぐらいで絶望するなんてバカバカしい

人それぞれ仕事について色んな悩みや苦しみがある。バカプップの私ですらある。しかしながら実際本当に悩んでいるのかと聞かれれば「悩んでない」と答えるだろう。悩んでどうにかなるのなら悩まずともどうにかなるし、どうにもならないものは今現在自分にどうにかする力を持っていないんだから、何をどうしたってどうにもならないのだ。ではそれを切り捨てれば良い。ポイントは「早目に」だ。悩む人間は大抵「出来るはずなのに出来そうにない」か「出来るのにやってない」か「出来ると言った手前今更出来ないと言えない」とそんなところだろう。自分は出来るはずだというのはただの「驕り」である。まず何でもやってみるのは良いことだ。しかし必ずすぐ気付くはずである。「出来ない」と。その出来ない状態を変に悩んで引っ張るから疲弊し苦しむのである。何故引っ張るのか。驕りだ。プライドだ。出来ないであったり、ヤバい出来るけど時間がかかるといった場合は早目にヤバいと言え。出来ない奴ほど出来ないと言わない。何でも出来ます!やります!はヤル気でも何でもない。ただのバカである。そしてそのバカは紛れもなく私であった。ヤル気を見せるため何でも引き受けて全てを放ったらかしにした。ヤル気を見せるための私の「出来ます!」は相手の期待を完全に裏切る行為なのである。今は技術的に出来ないことは「出来ない理由」を、私は出来ない(やらない)がこうやれば出来るんじゃないかという提案を、やらない方が良いことはその理由を最初の段階で言うようにしている。そうすれば相手は私に必要以上の期待をしないのだ。方法論を提案してあげれば他も当たるだろう。要はその仕事を「私が」しても「誰かが」しても完遂すれば依頼者の目的は果たされる。そこを分かっていないから「出来ます!」なんていい加減な事を言ってしまうのである。仕事なんかで悩んだり病気になるなんてバカバカしい。全て自分でやる必要など無いのだ。自分を頼ってくれた仕事を断るのは心苦しい。が、ちゃんと考えて早い段階で断るのは自分も相手も傷が浅いのだ。おかげさまで私は来期の請負金額が目標額の2倍だ。お分かりだろうか。もう受けた後である。この調子のいいこの口が「出来ます!」なんて口走る。誰かコピーロボット作ってくんねぇだろうか。今宵も私は眠る事を許されない。

 

 

自由の鎖

私は知る人ぞ知る天邪鬼である。若い頃からだ。パンクバンドをやっていた頃も「このバンド知ってる?え?知らないの?」やら「このバンドはあれに影響受けてるよね。聞いてないの?」やら「パンクやるならこれ聞かないとダメでしょ!」みたいな事を言う奴に関しては「俺はパンクあんま好きちゃうねん」と言っていたし「いつも何聴いてるの?」と聞かれたら「中森明菜とか小泉今日子」と答えていた。これは嘘ではなく本当に聴いていたのである。何かの音楽雑誌のインタビューで読んだのだが、ギタリストのCharが「昔のプロってコードとか理論とか当たり前に知ってたけどね。最近はそういうの無いよね。」みたいな事言ってて私は「ふ〜ん、そうか。じゃあ昔の歌謡曲をちょっと掘り返して聴いてみよう。」と思ったのである。

山口百恵やらキャンディーズ、ショーグン、松田聖子やら中森明菜を改めてバンドとして聴いてみるとかなり面白い。うわ!このベースラインめっちゃカッコイイなとか、歌のメロディとコード進行をこうやればこんな風に聴こえるんだなぁやら、ギターリフめっちゃカッケーwwwやらが沢山あるのだ。皆がメロコアやらエモやらUSハードコアやらを聴いている時に私はそんな事ばっかやっていた。反体制やら反権力と言いながらも同じような奴らが団子になって同じような事してるのを見て嫌悪していた。

今やっている仕事も同じである。10万円の物を8万にしますとか、似てますけどウチはここがちょっと違いますなんて事を私はやりたくない。この業界、これはこうじゃなきゃいけないなんて言われた日にゃ「なんで?」となるのである。結果が同じであれば方法は簡単で安い方が良いじゃないかと私は私の考えで動く。自分でも思うが面倒な性格だ。しかしながらバンドの時も今の仕事も、私のバックグラウンドや思考の裏側をちゃんと理解・賛同してくれる人もやはりいる。だから今有難い事に私はちゃんと食えているのだ。

先日私の知り合いの、ネットや世間ではフリーランスと呼ばれるような人物と食事をした。彼は言う。「自由とはなんぞや」「社会に縛られている貴様らは可哀想」「自己啓発のこの本を読んでないのか今度読んでみろ」「自由人ばかりが集まっている交流会があるから来てみろよ」と。私は思ったのだ。コイツらもパンク野郎もみんな大して変わらんなと。お前らは自由だ自由だと言いながら、自由を叫ぶ人間同士で縛られてるんじゃないのかと問うた。1人でやる根性も無いくせに自由もクソも無いだろうと。1人で何かを生み出してそれを金に変えれるのかと。無理だね。誰かと共存しなきゃいけないならそんなものは自由でも何でもない。で、あれば、サラリーマンもフリーランスもさほど変わらんのだ。お前らは平日朝8時に出社するのが嫌なだけだ。

私は「自由 = 孤独 = 無欲」だと思っている。少しでも欲があるなら自由になんてなれない。私が想像する自由は、ベーシックインカムで金を貰って最低限の食事をしながら毎日図書館の本を読んで生きていくことだ。1つは生きられること、1つは知識を得られること、この2つ以外を欲さなければ自由になれる。私はもっとボロボロに傷付きながら生きて行きたいのだ。何を言っているのか分からんだろう。私にも分からん。大体の雰囲気だけ伝わればそれでいい。こんなめんどくさい事ばかり言っているから私には友達がいないんだ。

誰か友達になって下さい♡

 

 

頭ポンポンの謎

我々男どもは何故ゆえに女があれ程「嫌悪」している「頭ポンポン」を「良」としているのか。昨今では「イケメンでも無理」と言ってる人を多数見聞きする。そもそもこの「頭ポンポン」は効果的なのであろうか。もっと言えばその効果、何を期待して「頭ポンポン」するのか。私はよく知らない人の頭に触るなどは失礼極まりないと思っているのでやった事はもちろん無いが、これを「良」とする男達は何をもって「良」としているのだろうか。何を見たんだろう。小栗旬やら玉木宏あたりか。玉置宏なら逆に許される気がする。この「頭ポンポン」や「頭ワシャワシャ」について、自分に置き換えると分かるのだが私のようなハゲを巧みにスプレーやワックスで隠す髪型をしていると「頭ポンポン」若しくは「頭ワシャワシャ」をされたらまずぶん殴るだろう。何時間かかると思ってるんだ。トップはもちろんの事、不自然さが無いようにサイドにも気を遣い、前髪は自然な立ち上がりを、何?セグレタ?それ使ったら前髪ふんわりすんの?ほんとに?などとセグレタを買っても当たり前のように前髪はふんわりなんてしない。このセグレタは髪のコシの話をしているのであって髪の量の話はしていない。では仕方あるまいとまた髪の「造作」に戻るわけだがあまり作りすぎると草刈正雄みたいなわざとらしい髪型になる。想像してみるが良い。髪型は草刈正雄で顔面がアンパンマン。圧倒的である。こんな圧倒的な髪型・顔面で外に出ようものなら皆が振り返るだろう。そうならないためにも髪の造作は重要なのだ。アンパンマンの顔は髪が無い前提で成り立っている。私はそのアンパンマンの顔面に毎日髪を乗せているのだ。似合う髪型なんて諸君に想像出来るだろうか。マンガが得意な諸君は一度アンパンマンに似合う髪型を乗せてくれないだろうか。不可能だろう。しかし私はその不可能を毎日やってのけているのだ。それほど考え抜いて時間をかけた頭をポンポン若しくはワシャワシャされたらそれは殴って良いだろう。あ、失礼、自分に置き換えて少々ヒートアップしてしまったようだ。申し訳ない。私が言いたいのは若かろうがオッサンだろうがイケメンだろうがそうでなかろうが、よく知らないまたは関係の薄い人の頭をポンポンする男なんて9割バカなんだから助走つけて殴って良し。そんな話です。

 

 

いつかギラギラする日


娘がクズと結婚する

読んだ。私はいつも2つの人生を経験してるなぁと思いながら日々過ごしている。一般的に言われるド底辺の生活、それは100円を握りしめて今日を乗り越えるものも、数十万するワインをなんの躊躇もなく空ける成功者達との談笑も、である。私は若い頃「爺さんになってもこのまま肉体労働をしながら1日1万円の日当を貰いながら死んでいく」とよく思っていた。諦めていたわけでは無い。何の疑いもなく、それが当たり前だと、それ以外に何かあるの?てなもんである。そこで思うのだ。二十歳を超えて職人見習いなどクズだと言うのは簡単である。では一流企業に勤めている人間がクズではないのか。職人見習いが不幸で一流企業の人間が幸せなのか。いや、そんな事は絶対に無い。私は一人親方の職人で年収3000万の人間を沢山知ってるし大手ゼネコンのクソ野郎も沢山知っている。その先の答えは「その人間による」のだ。我々にその人物の未来なんて見えない。もっと言えば自分自身の未来も見えない。私も明日どうなってるのかなんて分からないのだ。幸せとは何か。幸せに絶対などない。昨日チビと2人で屋台の唐揚げを買って車の中で食べた。パパこれめっちゃ美味しいなぁ!と言いながらほぺたを膨らませるチビを見てると、一回数万円払って食べる高級焼肉なんかよりずっと美味しくて幸せだった。幸せとは何か。金か。ステイタスか。私が今見ている景色は、30過ぎてまだバンドやってて月15万しか収入無くていつも発泡酒飲んでるけど毎日ゲラゲラ笑ってるウチのメンバー、30代で大手サブコンの課長やってて年収1000万超えてるけど殆ど家に帰らずにいつも眠そうな顔して現場で図面描いてる取引先の人間。多分、どっちも不幸でどっちも幸せなんだ。幸せなんてその人の中にしか無いんだから我々には分からない。じゃあ我々が若い人達に何が出来るんだと言えば「教える」ことだったり「助ける」ことだったりであると私は思う。我々ジジイやババアは、ヒントを、失敗した経験を沢山持っている。私は年配の人の話を聞くのが大好きだ。その話が正解なのか不正解なのかはどうでもいい。受け入れるのか受け入れないのかは私の判断だ。まずは色んな人の色んな話が聞きたい。そこにヒントや気付きがあるのだ。じゃあ我々も若い人達にヒントを出そう。最終的には職業ではなく人間性だろう。会って話せば大体分かるんじゃないかな?誰かの幸せを他人が推し量ることなんて出来ないのだ。もし私に娘が出来て、結婚したいという彼を連れてきた時に「ネットで月100万稼いでるけど海外の帰りのチケット代をクラウドナントカで集める人なの♡ 面白いでしょ♡」と言われたらどうだろうか。全力で否定するだろう。ふざけるのもたいがいにしたまえ。とりあえず帰りたまえ。
f:id:punkrockers:20180504131014j:image

 仕事で香川に向かっています。渋滞で死にそう。

 

老いをちゃんと受け入れたい

あっちを見ても山口、こっちを見ても山口と最近は山口ネタで溢れかえっている。トゥウィッターではフェミニスト達がリトゥウィートという拡声器を使いながら声高にアジテーションを飛ばす。オッサンのくせに。失せろオッサン。オッサン死ね。まぁあんな事をしでかしたのなら言われても仕方あるまい。被害を受けたJKを悪者にするような発言もあるようだがそんなバカな話はない。失せろオッサン。そんな事を言い放つオッサンは消えろ。私も同じ思いである。私は若くありたいと思ったことがない。太っているのは健康に良くないから痩せないとなぁとは思うが、若い格好をしたりとか若く見られたいとは全く思わない。私は若い頃から早くオッサンになりたかった。今はどこからどう見ても醜く太った薄らハゲの立派なオッサン。満足である。スリーピースのスーツを着てダレスバッグを片手にオールバックで顔は笑いジワだらけ。全くと言っていい程に女性は寄り付かない、完璧な、完膚なきまでにオッサンなのである。私の作り上げるオッサン像はまだまだだ。クロコのセカンドバッグに若干の躊躇をしている自分に苛立つほどである。オッサンになるべく日々訓練をしながら周りを見渡すと、昨今のオッサンが少し変化している。おい貴様なんだオッサンのくせにその斎藤工みたいなパーマは。おいおいお前オッサンのくせにヘッドホン!ヘッドホン!おい貴様オッケーグーグルとか言ってんじゃねえ。何お前らモテようとしてんの?マジで?俺たちオッサンだろ?オッサンはオッサンのエリア的なもんがあるだろ?そこ飛び出して勘違いしてモテようと寄っていく系のやつはやめとけって。分かるよ。20代の頃から気持ちは変わってないのは分かる。でも俺らはもうオッサンなんだ。オッサンは寄ってっちゃダメなんだよ。孤高でないと。滲み出ないと。オッサンのカッコ良さは「余裕」なのさ。俺が知ってるカッコ良いオッサンは、見た目も全然若くないし流行りのお洒落でも何でもない。気遣いが出来て所作がスマートで独特の強さがあるオッサン。それは取ってつけたようなものじゃない。ザクザクと顔にシワ刻んで色んな修羅場を経験して得たダンディズム。私はちゃんと年を取りたいんだ。若くなくていい。私は山口メンバーみたいな「勘違い」をしたくないんだよ。酔ってJK呼び出すようなオッサンにはなりたくない。アル中やら酒のせいにしてるけどありゃただの俺まだイケてる的なオッサンの「勘違い」だよね。今日は2時間の打ち合わせの為だけに往復5時間かけて東京トンボ帰り。早く東京に事務所作りたい。

何者かになりたいと願っても何者でもないから何者にもなれない

と私は常々思っていて、ブログ論やらブログのテクニックについて私は全く興味が無い。面白ければ読まれるだろうし面白くなければ読まれない。今私のブログにアクセスが無いのは検索エンジンやら見た目やら書き方のテクニックではなく、単純に面白くないから読まれないのである。しかしながら自分でも独特の空気感なるものは作れていると思っているのでその他大勢に読まれなくともまぁ良いか、てなもんである。読まれたい症候群になると毒や棘が無くなって、この不穏で薄暗い埃っぽさや泥臭さのようなものが薄れるのでこのまま「ヤな感じ」で継続していきたい。こんな私でも仲良くしてくれる神のようなブロガーさん達が少数ではあるが存在し「あれ誰のこと書いてるの?」とよく聞かれる。答えは簡単である。誰のことも書いていない。ニュースやら増田やら誰かの記事を読んで「ふと思ったこと」をテーマに文章を組み立てて、組上がれば書いて更新するし組み上がらなければ更新しない。だから私の下書きフォルダには「組み上がらなかった屍のような記事」がバカみたいに数多く並んでいるのだ。ほぼ書き上がってるのに最後上手く締まらないだけで放置するのも勿体ないなぁなんてたまに見返すが屍になった記事は息を吹き返さない。私が書く記事など8割は嘘っぱちで小粋なアメリカンジョークなわけだが、それが嘘かどうかなんて読んでる人も私も関係ない。信じるならそうなんだろうし嘘だと思うなら嘘なんだろう。私が良い人なのかクズ野郎なのかは読んでる人が判断するのであって私も良い人ぶるつもりはない。私が読むブログも同じである。良い人とされるブロガーの「厭らしい部分」を見つけたり、逆に嫌な奴ブロガーの「優しい部分」を見るのが私は好きなのだ。何が真実かなんてどうでもいい。このブログで形作っている「私」が実際に存在するのかどうかすら怪しいこのインターネッツの世界で、あわよくば何者かになろうなんてそんな烏滸がましいことは思っていないし何者かになれるなら「もうなっている」だろう。ここでそんな夢をみるくらいなら小さな「面白いこと」を見つけてほくそ笑んでいるのが私にはちょうどいい。

 

昨日奥さんのおっぱいを人差し指でフニフニしたら怒られたのでこんなにおどろおどろしい文章になってしまった。無念である。

 

 

拝啓 母上様

ウチのチビは5歳の男の子。すんげえ甘えたで、いつも私や奥さんにべったりである。パパは平日ほとんど家にいないので休日は「パパ!パパ!」と、あれ見ろこれ見ろ、これはこうやるんだぞ、仮面ライダーはどれだけ強いのかなどを必死で私に説明してくる。しかしながら肝心な時はやはり母親である。たまに「友達とご飯行ってくるねー」と夜出掛けたりすると、私と二人で布団に入るわけだが「ママがいい」とポロポロと涙を流す。「たまにはママにも遊ぶ時間あげないとねー」なんて言いながらぎゅーっと抱きしめて二人で絵本を読む。2~3分で寝息をたてる息子の顔を見ながら、私はどんな息子だったんだろうかと思案する。

私は母親の事をずっと「お母ちゃん」と呼んでいた。周りを見渡すと皆「お母さん」であったが、「お母さん」なんて呼ぶのが何とも照れくさくて、中学に入るくらいまで「お母ちゃん」と呼んでいたのではなかろうか。よく覚えていない。いつの間にか「オカン」に呼び名が変わっていた。よくよく考えると、息子と同じく私もずっと「お母ちゃん」にくっついていた。学校から帰れば「お母ちゃん」がやってる内職を手伝い、台所で夜ご飯を作る「お母ちゃん」の隣でつまみ食いをし、風呂から出れば耳掃除をしてくれと膝枕をせがんでいた。今でこそこんな捻くれた腹黒い強がりジジイだが、小さな頃はすぐ泣く所謂泣き虫だった。何かあるとすぐにビービーと泣いて「お母ちゃん」のお尻にしがみ付いていた。

小さな頃の事はあまり覚えていないが、一つだけ鮮明に覚えている事がある。ウチの近所に住むお金持ちの石倉さんのパパは私をえらく可愛がっていた。息子が欲しかったがその家は娘しかおらず、私を本当の息子のように可愛がった。ある日「うちの子になれ」とその石倉さんは私に言った。お金持ちだし何でも買ってくれるし「じゃあお母ちゃんに言ってくるね!!!」と私は家に帰り「石倉さん家の子になる」と言った。お母ちゃんは「そんなん言わんといて」と泣き出し、私は小さいながらにお母ちゃんを悲しませた事がショックで一緒に泣いてしまった。私は泣きながら石倉さん家に「やっぱりここの子にはならない」と言いに行き、石倉さんは「変な事言って申し訳ない」と謝りに来た。石倉さんとはそれから少し疎遠になったような気がする。

ザコン野郎は気持ち悪いという話をよく聞くが、男はやはりお母さんが好きだ。私の奥さんを見てれば分かるが、あんなに息子の事を心配してあんなに可愛がっててあんなに息子が大好きなんだ。嫌いになんてなれないよ。あんなに息子の事ばかり考えてあんなに息子の幸せを願ってるんだ。息子におっぱいをあげている時、息子が病気の時、息子が怪我をした時、悲しいと泣いている息子を奥さんが抱きしめている時、私は「愛」を知ったのだ。なんて綺麗な光景だと思いながらも、母親には敵わないなと思った覚えがある。少し寂しさを覚えながらも、私に出来る事は何かと考える。大丈夫だ。この船は絶対に沈まないと家族に安心を与えながら船をこぎ続けるしかない。

カレンダーで予定を見ていたら、もうすぐ母の日だなぁと気付いた。毎年忙しさにかまけて何も出来てない。私の母親も「お母ちゃん」、私の奥さんも今は息子たちの大事な「お母ちゃん」、二人とも私の大好きな「お母ちゃん」だ。何かしてあげようかなと思いながらも照れ臭さが邪魔をする。たまには一緒に食事でもしようかお母ちゃん。私はもう今年で44歳になるんだ。私が大きくなったのかあなたが小さくなったのかは分からないが、私はあなたに似て大きな声でよく笑う。私の最大の武器はあなたに貰ったんだ。年に一度くらいしか顔を見せないから「あんたまだ生きとったんか」が母親の口癖になったけど。私がどれだけ可愛がられたかは奥さんが息子を可愛がる姿を見てると大体分かるよ。耳の後ろやらへそのゴマの匂いを何度も嗅いで「くっさ!!!」と言ってる。

 

やめてあげてくれないか奥さん。そして私にも「ちょっと!嗅いでみて!!!」と勧めないでくれ。私は別に嗅ぎたくない。