亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

拝啓 母上様

ウチのチビは5歳の男の子。すんげえ甘えたで、いつも私や奥さんにべったりである。パパは平日ほとんど家にいないので休日は「パパ!パパ!」と、あれ見ろこれ見ろ、これはこうやるんだぞ、仮面ライダーはどれだけ強いのかなどを必死で私に説明してくる。しかしながら肝心な時はやはり母親である。たまに「友達とご飯行ってくるねー」と夜出掛けたりすると、私と二人で布団に入るわけだが「ママがいい」とポロポロと涙を流す。「たまにはママにも遊ぶ時間あげないとねー」なんて言いながらぎゅーっと抱きしめて二人で絵本を読む。2~3分で寝息をたてる息子の顔を見ながら、私はどんな息子だったんだろうかと思案する。

私は母親の事をずっと「お母ちゃん」と呼んでいた。周りを見渡すと皆「お母さん」であったが、「お母さん」なんて呼ぶのが何とも照れくさくて、中学に入るくらいまで「お母ちゃん」と呼んでいたのではなかろうか。よく覚えていない。いつの間にか「オカン」に呼び名が変わっていた。よくよく考えると、息子と同じく私もずっと「お母ちゃん」にくっついていた。学校から帰れば「お母ちゃん」がやってる内職を手伝い、台所で夜ご飯を作る「お母ちゃん」の隣でつまみ食いをし、風呂から出れば耳掃除をしてくれと膝枕をせがんでいた。今でこそこんな捻くれた腹黒い強がりジジイだが、小さな頃はすぐ泣く所謂泣き虫だった。何かあるとすぐにビービーと泣いて「お母ちゃん」のお尻にしがみ付いていた。

小さな頃の事はあまり覚えていないが、一つだけ鮮明に覚えている事がある。ウチの近所に住むお金持ちの石倉さんのパパは私をえらく可愛がっていた。息子が欲しかったがその家は娘しかおらず、私を本当の息子のように可愛がった。ある日「うちの子になれ」とその石倉さんは私に言った。お金持ちだし何でも買ってくれるし「じゃあお母ちゃんに言ってくるね!!!」と私は家に帰り「石倉さん家の子になる」と言った。お母ちゃんは「そんなん言わんといて」と泣き出し、私は小さいながらにお母ちゃんを悲しませた事がショックで一緒に泣いてしまった。私は泣きながら石倉さん家に「やっぱりここの子にはならない」と言いに行き、石倉さんは「変な事言って申し訳ない」と謝りに来た。石倉さんとはそれから少し疎遠になったような気がする。

ザコン野郎は気持ち悪いという話をよく聞くが、男はやはりお母さんが好きだ。私の奥さんを見てれば分かるが、あんなに息子の事を心配してあんなに可愛がっててあんなに息子が大好きなんだ。嫌いになんてなれないよ。あんなに息子の事ばかり考えてあんなに息子の幸せを願ってるんだ。息子におっぱいをあげている時、息子が病気の時、息子が怪我をした時、悲しいと泣いている息子を奥さんが抱きしめている時、私は「愛」を知ったのだ。なんて綺麗な光景だと思いながらも、母親には敵わないなと思った覚えがある。少し寂しさを覚えながらも、私に出来る事は何かと考える。大丈夫だ。この船は絶対に沈まないと家族に安心を与えながら船をこぎ続けるしかない。

カレンダーで予定を見ていたら、もうすぐ母の日だなぁと気付いた。毎年忙しさにかまけて何も出来てない。私の母親も「お母ちゃん」、私の奥さんも今は息子たちの大事な「お母ちゃん」、二人とも私の大好きな「お母ちゃん」だ。何かしてあげようかなと思いながらも照れ臭さが邪魔をする。たまには一緒に食事でもしようかお母ちゃん。私はもう今年で44歳になるんだ。私が大きくなったのかあなたが小さくなったのかは分からないが、私はあなたに似て大きな声でよく笑う。私の最大の武器はあなたに貰ったんだ。年に一度くらいしか顔を見せないから「あんたまだ生きとったんか」が母親の口癖になったけど。私がどれだけ可愛がられたかは奥さんが息子を可愛がる姿を見てると大体分かるよ。耳の後ろやらへそのゴマの匂いを何度も嗅いで「くっさ!!!」と言ってる。

 

やめてあげてくれないか奥さん。そして私にも「ちょっと!嗅いでみて!!!」と勧めないでくれ。私は別に嗅ぎたくない。

 

 

愛を求めて彷徨うオッサン

さて昨今周囲を見回すと愛され女子ならぬ愛されオッサンをよく目にする。オッサンが愛されたいだと?何を言ってるんだお前はと思われるだろうが、確かにそれは現実に多く存在する。もっと見て欲しいオッサン、もの悲しいオッサン、寂しくすると死んじゃうオッサンとその形態は様々であるが、目の奥にそっと潜む殺気すら感じる光を見てしまうと同じオッサンである私ですら怖じけずいてその動きを止めてしまう。記憶に新しいのは新潟県知事である。結果として狂おしい程にドライなJDに情報をキャッチ&リークされて買春となってしまったわけだが、愛されたいが故の行動なんだろうなと若干ではあるが哀愁を感じた。しかしながら、素敵な出会いをご提供と銘打っているあの手の出合い系サイトが売春の温床であるのは暗黙の了解、金を払わずに「愛が欲しい」などとケンシロウのように囁けば出会い系女子に扮した「嬢」の後ろにはバキバキにキマったアミバが鎮座している事だろう。「遊び」と「愛」は同じ場所にはない。オッサンが愛されるにはどうしたら良いのだろうか。検証していきたい。

はにかむオッサン

書いていて吐き気がするし死ねばいいのにと思ったのでこれはダメだろう。

欲しがるオッサン

何を?と若干イラっとした。これもダメだ。

幼児化するオッサン

オッサンに可愛いは作れない。やめた方が良い。

荒ぶるオッサン

恐い。

甘えるオッサン

供給過多である。そもそも需要が無い。

励ますオッサン

禿げますオッサン。

泣くオッサン

男のくせに泣くんじゃない。

喜ぶオッサン

もはや何してもダメなんじゃないかと錯覚してきた。

 

どうだろうか。様々な愛されオッサンを検証してみたがどれもしっくりこないし気持ち悪い。で、あれば我々オッサンは何も作る必要などないのではないか。

ありのままのオッサン

キモい。

 

私が接していて「あーこの人良いオッサンだなぁ」と思うオッサンは自分を大きく見せないオッサンである。所謂謙虚なオッサンだ。良く見せようとせずとも人はちゃんと見ている。良いことも悪いことも我々は見られているのだ。その積み重ねが今の自分。で、あれば誰かに優しくしたいし困っていれば助けてあげたい。見てくれはどうでもいい。その優しさが戦略的でも構わない。誰かが見ている前提でも優しさには変わりない。そう、私は腹黒くてヤラシイオッサンであり続けるのだ。

 

 

ブラック企業に勤めてしまった場合の対処法を伝授しようか

ふとブログの世界を見回すとブラック企業に勤めて文句を垂れているだけの人ばかりが目に付く。クソやらヤッちまいたいやらと言うのは自由だがそんな事をグチグチとWindowsから世界に発信しても自分の環境は変わらない。何も変わらないのだ。ではどうすれば良いのか。誰も書かないからこの記事ではそこに触れていきたい。何を隠そう私もブラック企業で数年働いていた。15年ほど前だろうか。今の仕事をするきっかけになったので今となっては感謝している。まずそのブラック具合を挙げていこうか。

  • 給料は手取り13万(当時30歳前後)
  • 拘束時間は朝8時~翌午前2時
  • 休みはほぼ無し(休めと言われるが仕事が追い付かない)
  • 朝礼で社訓絶叫&強制1分間スピーチ
  • 専務がベンツを社長がセルシオを会長がキャデラックを乗り回して成功例を誇示
  • リストアップという名の「お前の知り合いの連絡先ここに全部書け」
  • 営業という名の「お前そこに全部連絡して商品売ってこい」
  • 営業会議という名の成果発表&吊し上げ
  • 専務をヨイショ!飲み会強制参加(カラオケが嫌いになった)
  • 人がいるところでお前はバカだと罵倒
  • 悲しみの果てに何があるのかなんて俺は知らない見たことも無い
  • 営業経費は基本自腹(請求しても返ってこない)
  • 資金繰りが苦しいからアコム行って借りてこいと借金させられる
  • 大きな案件を受注したのに仕入れの金が無いから断ってこいと言われる
  • お前社長やる?って言われる
  • お前ちょっと銀行行って金移してきてくれと言われて6000万くらいの現金移送を紙袋でやらされる
  • これからは英会話ぐらい出来ないとダメだと社内英会話スクール立ち上げワケの分からん外人が会社に飛び入り強制的に入会月謝3万を巻き上げられる(手取り10万に降格)
  • ウチの会社は能力のある者のみ稼ぐ事が出来るんだと言われ信じていたが部長(当時40歳くらい)の給料が手取り25万という事が判明
  • 専務からあからさまに無視されて「あれ?俺幽霊になったのかな?」と錯覚する。
  • 社内英会話スクールの講師(アメリカ人女性)が専務の愛人という事が発覚
  • 同僚がずっと携帯弄ってるから「いつも携帯で何してんの?」と聞くと専務から100万渡されて増やせと言われたから会社の仕事せずにデイトレーダーしてる
  • 女にモテない奴は仕事が出来ないと罵られる
  • 車の運転が下手な奴は仕事が出来ないと罵られる
  • 俺(専務)に気遣いできない奴は仕事が出来ないと罵られる
  • 仕事はなんたるかという有難い言葉を頂戴している時の専務のパソコン覗いたらソリティア
  • 影の薄い社長今里新地で韓国人の愛人作ってるのが奥さんにバレる
  • グループ会社がポンポン出来るが何やってる会社なのか分からないし人がいるのかすら不明
  • 経理が酒乱
  • 我が社は営業会社である!と豪語しているが営業している営業マンが見当たらない
  • 顧客がいない
  • 影の薄い社長愛人に車を買い与えてすぐ捨てられる
  • 自社ビルだと聞いていたのに今月家賃が払えないと経理が死にそうな顔してる
  • 営業会議で「中国から安く仕入れてネットでパンティー売る?」みたいな話してる
  • 影の薄い社長糖尿病が悪化して車に乗った瞬間気絶するように寝る
  • 役立たずと罵られて最低と人に言われて要領よく演技できず愛想笑いも作れない死んじまえと罵られてこのバカと人に言われてうまい具合に世の中とやっていくこともできない全ての僕のようなロクデナシのためにこの星はグルグルと回る劣等生で十分だはみ出し者で構わない

このまま書いていると10万字を超えそうなのでこの辺でやめておこう。どうだろうか。これをブラック企業と言わずに何と言うのか。数年勤めたが病んではいないし私は元気だ。これは強さでも何でもない。私だって痛いものは痛いんだ。ではどうやって乗り切っていたのか。上記の事を「面白い」に変換し、私は仕事の成果を出すのをやめたのだ。上司にお前はバカだと罵られても「バカはお前だ」とほくそ笑んでそれらを右から左に受け流すだけで月13万(正確には10万)貰えるのだ。ブラック企業で悩んでいるあなた達は真面目過ぎる。何かがおかしいと思ったら「辞める」か「責任感を放棄」すればいい。クビ?良いじゃないか。そんな会社辞めちまえ。何かアドバイスするとすれば、リスクヘッジとして少ない給料を貰いながら沢山の人に会って、知り合いや「自分の」お客さんを増やすんだ。ブラック企業に勤めている真面目なあなた達はいつも「社内」を見て仕事をしている。我々が見るのはお客さんだ。社内なんて見なくて良い。上司の顔色なんてどうでも良いのだ。社内で何を言われようとも私たちが見るのはお客さんの顔。そして仕事にちゃんと向き合っていればそのお客さんが、知り合いがちゃんと見ているし助けてくれる。バカな上司のバカな指示を真面目にこなすことなんてない。ブラック企業に勤める我々の仲間は、社内ではなく社外にいるのだ。まぁ頑張ってくれ。健闘を祈る。

 

 

パワハラやブラック企業の話を聞くとウンザリする

www.keikubi.com

私はこの人のブログがあまり好きではない。読者登録も早々に外したしTwitterも見ないようにしていた。ふと今日のはてなブログのトップを見るとデカデカと鎮座していたのでポチーと開けてしまった。

 

警察は相変わらずである。

 

 

いまから10数年前、私上司を撃った彼と同じく、

18歳で警察官になり上司からパワハラを受けた。

 あの事件はパワハラだったのだろうか。ニュースでしか見聞きしていないので真相は分からないが、どこのニュースでも「叱責されたので撃った」「怒鳴られたからやった」と書かれている。叱責がパワハラなのか。ニュースを見て私が思ったのは素直に「撃った奴の頭がおかしい」である。昔ながらの体育会系・厳しさなどはあるのかもしれないが、叱責とパワハラを紐づけて書くこの記事は読んでいて気分が悪い。

警察がクソだというのは簡単だ。警察内部の事情なんて私は知らないし毎日のように不祥事だってある。しかし、私が今、外へ一歩出て包丁やバットを振り回すアホがいたとする。私は何の躊躇もなく110番で警察を呼び、その警察官は命を懸けて私の替わりに戦ってくれるのだ。警察官は我々一般人より強い。当たり前だ。身体も心も我々より強くなるべく、日々訓練している、してくれているのだ。警察官になろうと志す人を私は無条件にカッコイイと思うし尊敬する。全ての危険に立ち向かう警察官は強くなければいけないのだ。警察内部の教育の厳しさはそこに理由があるのではないかと私は思う。

 

警察が不祥事を起こすたびに、

このブログのアクセスが急激に伸びる。 

 

最近は数日で40万を超えるアクセスがあった。

いかがなものかと思う・・・・

 

さてさて・・・・上司を射殺か・・・・

 

警察だけでなく、社会に足を踏み込むと、

ぶっ殺してやりたい上司の一人や二人いるもんだ。

 パワハラはダメだ。そんな事は私にでも分かる。しかしこの話はどうなんだろうか。警察の不祥事なんだろうが、この殺された警察官はぶっ殺してやりたい上司の一人だったんだろうか。

www.asahi.com

警察をクビになった著者が当時どんな酷い事をされたのかは私は知らない。が、この記事を読むとまるで被害者上司のパワハラが原因での犯行のように受け取れる。こんな浮かばれない話があって良いものか。厳しいのがパワハラなのか。ブログでは恐ろしい数字のPV数を叩き出し、本を出し、莫大な数のフォロワーを持つ、今は強者となったあなたはこんな記事を書くべきでないと私は思う。今まで人より大変な思いをしてきたんだろうが、恨み節や呪いのような文章ではなく、せっかく強者となったのだから人を笑わせるような文章を書いてもらいたい。嫌なら見るなと言われるんだろうが、私はこの手のパワハラブラック企業の話を聞くのはもうお腹いっぱいだ。そろそろ私は「じゃぁどうすれば良いのか」という改善策が聞きたい。人が死んだ話をわざわざ私は聞きたくない。

 

 

世界でいちばん熱い夏

www.youtube.com

何を隠そうキッズの頃の私はブルーハーツだラフィンノーズだのとパンクの皮を被ってイキがりながら家ではこっそりとプリンセスプリンセスを聴いていた。そのきっかけは何の番組か本だったかは忘れたが、ギターの中山加奈子がキースリチャーズのポスターと一緒に写っている姿があまりにも色っぽくてカッコ良かったからである。ダイアモンドのPVだったかな?忘れた。そして家ではプリプリのレコードをかけてギターのコピーをし、外ではロン毛をなびかせてそこら中にメンチ切りながらパンクロッカーを装う心の不安定な高校生であった。余談だがロン毛など流行らないその頃に校則違反で髪を伸ばしていたので、学校の鬼教官に髪を引っ張って引きずり回された挙句その鬼教官の必殺技は「インキンアタック」であり、ノーパンにホットパンツの鬼教官が私の顔に跨ってインキンをグリグリされるという「笑ってはいけない」でもそんな罰ゲームは無いであろう罰を受けていた。記録ではない記憶に残る教官であった。今やったら教育委員会に叱られますよ教官。元気ですか?私は元気です。話を戻そう。まぁそんなロクでもない高校生だった私は女性が苦手であった。百貫デブだった私は高校ですでに痩せてはいたが、これは初めての彼女が出来る前の話である。デブを拗らせた私は「俺に彼女なんて一生できない」「こんなブサイク好きになってくれる女なんていない」「ギターが俺の女」「お前(安物の最初からネックが反っててチューニング合わないギター)が傍にいてくれたら良いよ...」「あー空からラムちゃん降って来ねえかなー」などといつも思っていたわけだ。しかしながら当時の私はパンクロッカーである。教室でイチャイチャしてるパリピを薄目で見ながら全身から怒りを醸し出していた。クソッタレが。俺は終わらない歌をずっと歌っててやるよ。とブツブツ言いながら教科書の端っこに☮マークを書いていると後ろから誰かが私に声を掛ける。「お前ギターやってんの?」何だお前は馴れ馴れしい野郎だな。ぶっ飛ばすぞこの野郎と思いながら口から出た言葉は「うん...」である。チキンである。ファミチキである。ファミチキパンクである。ファミチキパンクはその頃からギターマニアだったので高校生にしてはかなり詳しい方だった。そのいけ好かない野郎はギターの話をするうちに大親友と化し一緒にバンドをやる事になった。コイツは誰でも知ってる後の大スターになるのだが私の身バレが恐いので秘密にしておく。今は何やってんのか知らん。そのスターは高校でもスターだった。メチャモテ。いつも周囲に4~5人の女子が群がっていた。そんなスターが休み時間には私の所に来てギターの話をして帰っていく。いつの間にか私の周囲にも女子がいる環境になったのだ。何これ。ウマい。ファミチキは旨辛ファミチキに格上げとなった。ある日、その中の一人の女子が「髪の毛長いねー。ファミチキの枝毛探していい?」と言ってきた。口から内臓が出そうになるのを悟られないようにしながら「良いよ別に」と平静を装った。休み時間はいつもその子が私の髪の毛を触っていた。今でも髪の毛や顔を触られるのは好きである。数か月か過ぎた頃、その女子に校舎裏に呼び出された。こんなテンプレ本当にあるんだなと思いながら教室は静かにざわついた。予想通り「好きだから付き合ってほしい」と告白されたのである。嬉しかった。嬉しかったが忘れたのか貴様ら。私は旨辛に格上げになったとはいえ所詮はファミチキである。断ったのだ。理由はよく分からん。底抜けのバカである。当時のファミチキの頭をギターでカチ割ったら中から極少量のカラメル無しのプッチンプリンが出てくるに違いない。しかし断ったのだ。教室に戻ると泣いているその子の周りに鬼の形相をした女子達。ですよね。そうなるよね。分かるー。世界で一番寒い夏の寒波は数週間私を襲い続けた。これは女性が苦手で小心者のファミチキが起こした悲劇である。今でも女性はあまり得意な方ではないが、私はこれを硬派だと解釈してこれからも生きてゆく。

 

誰がファミチキやねん。

 

 

たった一つのことだけを、ただただ信じるなんて

不器用だとか一途だとかそんなものは覚悟でもなんでもない。ただの「逃げ」であると私は思う。モテるとかモテないも関係ない。私の全ての相手は「人間」だ。特定の誰かに誰かだけに好かれようとして踠いて見返りを期待するからその見返りを手に出来ない分だけ絶望するのだ。人間に好かれたいなら私は人間でないといけない。私が女性の感性ばかりを磨いても仕方ないのだ。男を味方につける方法、女性に接する方法、どの人にはどういう言葉や話し方が良いのか、あの人の好みや嫌いなもの、何をされて喜んでいるのか。こんなものにコツなんてものは無い。沢山の人と会って沢山の本を読んで沢山の映画を観て沢山経験するしかない。そして何百回も何千回も失敗してその失敗を自身の手法から外して成功例を少しづつ増やすのである。たった一回の失敗で絶望している暇などない。あっという間に40代に突入し50代となる。良いか?期待するから絶望するんだ。その手に掴むまで、その一つだけを信じる必要などない。斧を持って追い掛け回すことだけが狩りではないのだ。人の数だけその方法は全て違う。時間が無いなんて嘘だ。真剣にやってるなんて嘘だ。手っ取り早い方法で、そこに期待する事で自分を安心さているんだ。これは麻薬だ。蓋を開けて何もなかった時、私の心がまたザワザワして次の期待度の高い安心を求めるのだ。こういう時は必ずと言って良いほど動いている時間より考えている時間の方が長い。痛みに慣れるのが早いんだ。何をビビってるんだ。人間に会いに行くんだ。人間と上手く話せるようになるんだ。人間に心配りを、人間に思いやりを、人間の心を理解できるように、私は集中して沢山の人間の声を聞くのである。

 

と、いうような事を15年前の売れない営業マン時代の私は考えていた。

営業の話だ。まぁ気にするな。

 

 

人のふり見て我がふりを直す

某マリさんのブログを見ていたらブコメで某自称恐ろしい程に傑作しか湧いてこない天才小説家ブロガーとやり合っていたので興味深く見ていた。嫌いだと言ってるのに何故分からんのだとのワンツーに仲直りしたいんだという右ストレート、そこへ仲直りなんてしたくないと見事に合わせたカウンター。まぁ私はこの小説家が好きではないので相変わらずアホだなぁと思いながら見ていたわけだが、私も不特定多数の人達からこのアホと同じように思われている可能性は大いにあるよなぁなどと思案したのである。好かれてるか嫌われてるかで言うと薄気味悪い嫌味の塊みたいな私のブログみたいなもんは嫌われてるに決まっている。私のブログは極々少数の神のような、慈悲に満ちた優しい人達によって成り立つ。そして私はその気にしてくれている優しい人達に甘え、気持ち悪いと思われてんだろうなぁと認識しながらもブコメを書いてしまうのである。これはちょっと考えた方が良いよなぁと人のふり見て思ったのだ。これでは私もあのアホと一緒だと言われても致し方ない。インターネッツは顔を合わせて話すわけでも何でもないから自身の想いを優先しがちである。これはやはり私の本意ではないのだ。私が私の言葉で嫌われるのは構わないしそれはしょうがないが、嫌だと言っている人にまた言葉を投げるのはやはり配慮が無い。好かれたいわけでも嫌われたくないわけでもないが、そこから敢えて絡みに行くみたいな事はもうやめにしたい。私のような気持ち悪いオッサンの1/3の純情な感情は不快でしかないのである。壊れるほど愛しても1/3も伝わらないし純情な感情は空回りしてI LOVE YOUさえ言えないMY HEARTとまた気持ち悪さに拍車がかかって来たので今日はここまでとする。