亡霊の戯言

どんな理由があれど悪は悪。価値観?知るかそんなもん。

私が息子にHIKAKINを見せたくない理由

今や子供が将来なりたい職業にYouTuberなるものがランクイン!されているらしい。ほー、なんて思いながら聞いていたのだが、我が家にもその問題は静かにやってきた。息子は私に似ずイケメン細マッチョ幼稚園で女子に告白されまくりの超リア充という最強スペックを持っているのだが、やはり子供である。仮面ライダーウルトラマンをこよなく愛し、女の子に「結婚しようね♡」などと言われようともそんな事には気にもとめず仮面ライダーになるべく日々特訓として隙あらば親父のケツを蹴るという修行を繰り返している。そんなリア充の彼だが最近気になるワードを発するようになった。「HIKAKIN」である。なぜそのようなワードを知っているのだと妻に聞いたところ、どうやら友人宅でその映像を見たらしい。見たものは仕方ないが、家で、そして私の前で「HIKAKIN」を見ることは出来ない。何故なら「見せたくないから」に他ならない。では何故見せたくないのか。それは「面白くないから」という事になる。誤解がないようにもう一度言おうか。「私が面白いと思わないから」である。息子が最近HIKAKINの名前を出しているのは少し前から聞いていたので、見てもないのにイメージだけで閲覧規制するのは如何なものかと思い私もHIKAKINの動画を数本見てみた。申し訳ないが私の思う「面白い」とはかけ離れたものであった。確かに子供は好きだろう。分かりやすい内容と音と変顔と字幕スーパー。しかしながら、あれを「面白いこと」と我が子に刷り込まれるのは関西人の私にとってこんなに悲しいことは無い。あの程度の笑いで子供を笑わせろというのであれば私でも出来る。私の思うHIKAKINの凄さは「面白さ」ではなく、企画力や編集の上手さ、数分で動画を完結させる台本なのだと思う。その裏方作業の上手さと同時に演者をこなし、コストをあまりかけずに動画を配信し広告料を稼ぐと。そんな事を5歳児に言っても仕方がない。顔芸やキレ芸で人を笑わせるのも別に良いのかもしれない。しかし息子よ。少し考えて欲しい。我々は関西人じゃないか。相手の言葉の切り返しであったり、会話の中の「間」であったり、皮肉や自虐、そしてベタな笑いと関西には色んな笑いがそこらじゅうの日常にある。そしてそれらが大げさなほどに詰まっているのが吉本新喜劇なんだ。今度連れてってやるよ。私も小さい頃から吉本新喜劇を見て育ち、その中に面白さや会話のリズムを知らずのうちに勉強したんだ。関西では面白い男がモテるんだ。面白い男ってのは騒いだり変顔する男の事じゃねぇぞ。面白いを面白いとちゃんと感じて見つけることが出来ること、そして頓知が効いてて賢い男の事だ。

 

父さんがモテたかどうかは関係ない。

 

 

はてなの風景が変わってもなお私がここにいる意味とは

はてなにいると言ってもどうだろうか。消しちゃったブログを含めて2年半ぐらいか。ただの新参者だ。しかしながら私がはてなに足を踏み入れた時の風景は今とは全く違うものだった。ホッテントリにはポジティブな熊さんやらマンガ描く人やらレールに乗りたくないと喚き散らす若者やらで溢れていた。互助会がどうのこうのとシュプレヒコールが上がる中、訳も分からず、この場所の性質や空気も理解せずに書いた私の記事もよく燃えた。何がどうと言う話ではなくただただ単純に「面白いから」ここにいたしいるのである。そして先程ふとホッテントリを眺めていたら思ったのだ。ブログ書く人いないなぁと。私は人のブログを探してまで読まないのでいつもホッテントリで面白そうな人を読者登録していた。今は増田ばかりが並んでいる印象。まぁ良いんだけどね。良いんだけどこれがあの時「欲しい情報が埋もれてる」「新参、互助会消えろ」と叫んでいたブクマカ達の望んだ風景なんだろうか。私はあのブロガーでザワザワしてた時の方が見ていて面白かったなぁなんて。探さなくても勝手に変なのがホッテントリに上がってくるから。キャンピングカーもわざわざ見に行くほど物好きでないし。どうなんだろ。そして私はなんでまだここにいるのかななんて事を考えててね。こんな弱小ブロガーいてもいなくても変わんないんだけど、そこに私がいる理由があるんだろうなぁと。有名になりたい訳でもなんでもない。私はただあの人達に自分を知って欲しいんだろうなーなんて。不特定多数、その他大勢の承認欲求ではなく、あの人達への承認欲求。知ってもらうには面白い記事を書けば良いんだろうけどあの人達に面白いと思われる記事は私には書けない。それは頭が悪いという事とあの人達が面白がる事は朧気ながら分かるけど私にそれに対する興味も情熱も無いという事。言及したりコメントしたりで方法はあるんだろうけどそんな事して知ってもらうのは嫌なのだ。ちゃんと、ちゃんと「あぁ、アイツね」と認識されたい。分かるかなぁ。分かんねぇだろうなぁ。多分、この気持ちが薄れるまで私はここにいて私が思う事、ゴミのような言葉をインターネッツに垂れ流し続けるんだろう。

 

 

私は人に好かれるような人間ではない

と思いながら日々生活しているので、自分の思いを相手に押し付ける事はしない、ように出来るだけ気をつけている。常に相手の自分に対する評価はマイナスだと思っているのである。どれだけ付き合いが長くてもこれがプラス域になる事など無い。ずっとマイナスだからずっと相手に気を使い、気を配ろうと努力する。言葉使いは別だ。「お前シバくぞwww」と言いながら何か足りないものや困ってる事は無いかと観察する。これはここブログや女性相手でも同じだ。相手が私を好きになんてなるはずがない。認識してもらえるだけ、気を使ってもらえるだけで有難いといつも思っている。好かれているなどと思うのはただの驕りであり怠慢である。私はこれを「カッコ悪い」と定義付けているのだ。そしてこれらは私「が」好きな人に全て適用される。しかしながら腹の中は別だ。私にだって嫌いな奴はいる。そこはしっかり線を引いて距離を設定する。結局のところ人間関係なんてものは、全て好きか嫌いかという2択とその距離で良好な関係を築く事が出来ると思われる。私はいつも誰に対してもその距離は少し遠い。しかしながらすぐに声を掛けられるその微妙な距離をいつも考えるのだ。これは20代の頃店舗販売の時に学んだ。ベタベタとくっついて回る販売員は鬱陶しいし、かと言って何か聞きたい時に誰もいないとダメなのだ。相手の理想は「聞きたい時だけ、話したい時だけそこにいてほしい」のである。相手が気を使わない程度の近さで相手の視界を邪魔しないように離れる。相手が何を見ているのかを観察し、相手が欲しい答えを用意する。人間関係も営業も販売員も全て同じだ。欲しいものや買いたいものはお客さんが決めるのであって販売員が決めるのではない。相手が私を好きになる決裁権は私にあるのではない。相手にあるのだ。では売りつけるのではなく買って頂くにはどうすれば良いのか、相手に私を好きになってもらうにはどうすれば良いのかは自然に見えてくる。相手主導で相手から振り向いてもらう方法。これは自分が好かれる人間だと錯覚していると絶対に見えない。

 

おっぱい揉みたい。

 

 

ニートになんてなれなかった

昨今よく聞くニート。ふとニートって何だろと思ったのでググってみた。その意味は「15歳から34歳までの、家事・通学・就学をせず、職業訓練も受けていない者」とある。なるほど。凡そ想像していたものと一致した。そして思った。私はニートになどなれなかったなと。上記ニート条件を満たすには「実家」にいないといけない。学校にも行かず仕事もしないなら収入が無い。という事は必然的に実家に居座る事になる。この時点で私はNoを突きつけるだろう。我々の世代で果たしてこのニートと呼ばれる人達が数多くいたのかどうかは私は知らないが、今のように当たり前に表面化するほどはいなかったのではないかと思っている。それは何故か。我々の世代で「一人部屋」なるプライベーツが護られる孤高のスペースを持つ猛者が少なかったからである。私も例に漏れない。セピア色の少年時代、あの時を思い起こすと大体どの家庭も兄弟が多く二人部屋、三人部屋が主であり、二段ベッドが必ず友人の部屋にはあったし私の家にもあった。一人部屋なんてものは夢のまた夢、のび太ですらドラえもんが部屋に居座ると我々のそのプライベーツは無いに等しいものであった。スネちゃまのような金持ちは当然のように一人部屋であったがそんな金持ちはクラスに数人、その他大勢は大体兄貴か弟と同じ部屋で日々の生活を送りそれが当たり前であった。我々悪ガキは兄貴と一緒の部屋の友人の家に行き、よくエロ本を捜索したものである。それはまるで世界共通で定められた事のようにベッドと布団の間に隠されており、デラべっぴん・スコラ・デラべっぴん・スコラ・ザ・ベストと綺麗に並べられていた。そういった少年時代、中学・高校時代を過ごした我々は、早く実家を出たかったのである。当たり前だ。オナニーひとつ取っても我々は命懸けだったのだ。一人暮らしを切望し、願い、そして今か今かとそのタイミングを見計らっていた。その理由は自立などという一見偉そうで生意気な事を親にプレゼンしつつも、真意は自由なエロビデオ・エロ本の閲覧、女を家に連れ込みたいという煩悩のみであった。周囲を見渡しても「一人暮らし = 自立 = エロ」これが殆どであったように思う。しかしながら今はどうだ。子供にもプライベーツは必要だと完全個室を親が用意し、三食昼寝付きとなればそこから出る理由が見つからない。三大欲と言われる性欲・食欲・睡眠欲がその実家の一人部屋で完璧にゲッツ出来てしまうのだ。修行中の僧侶でもこんな部屋に入れられたら煩悩だらけになるのは必至である。ウチの子供はまだ小さいが、これから大きくなるにつれ「我にもプライベーツを!!!」とシュプレヒコールをあげるだろう。しかし私は「家族じゃないかそんな寂しい事言うなよ」と生暖かい目でその話をけむに巻き、プライベーツが欲しいなら「ねだるな!勝ち取れ!」と言わんばかりに、完全なプライベーツは与えないようにしようと思っている。親父がいつ入ってくるか分からない空間しかない実家。それが彼らの自立を促すのではないかと密かに思っているのである。アーメン。

 

 

新しくギターを入手しました(ギターオタク以外気持ち悪すぎて読めたもんじゃありません)

友人が「もうずっと弾いてないし良いギターだから毎日弾く人の所にいる方がこのギターも幸せ。いる?」とLINEが来たので「いる。」と即答。ポールリードスミスというメーカーの美しいギター。Custom24。私はギターの中でこのギターが一番美しいと思っていて、廉価版は持ってるんだけど本チャンを手にするのは初めて。だって定価60万ぐらいするんだもん。買えねえよ。金持っててもそんな根性無いっす。さーせん。という事でこんな高価で美しいギターをタダで手にした影です。こんにちは。
f:id:punkrockers:20180314171050j:image

朝から仕事サボってずっとギター弾いてます。幸せです。ボディーのTOPはキルテッドメイプルという木目の綺麗な物が貼られています。今は突板とかプリントでこの木目を出した安いギターが出回っていますがコイツは本物。超ヤベー。見てると勃起するレベル。朝からずっと抱きしめてます。ほんと綺麗。可愛い。もう超好き。大好き。愛してる。
f:id:punkrockers:20180314171105j:image

ポジションマークは鳥が飛んでるようなポールリードスミスではお馴染みのポジションマーク。指板はあえてのローズウッド。良いよ。エボニーとかじゃなくていい。そんな高級感出さなくて良い。中域がごんぶとのローズ。甘くてねちっこいローズ。良いよ。あー可愛い。あーもう大好き。
f:id:punkrockers:20180314171116j:image

ピックアップ(マイク)はポールリードスミスオリジナル。私は結構いきなり自分の好みのピックアップに変えたりするんですがこれは触りません。だってポールがこのギターにはこれが一番良いって言って付けてるピックアップですもの。変えるわけありませんわ。音を出してみると、心地よく歪むもののハイゲイン向きではない模様。クランチあたりでブルースやロックンロール弾くと気持ちいい。んでクリーントーンがヤバい。あまーーーーーーーーーーいと井戸田が出てくるんじゃねーかってほど甘いフロント。これを機にJAZZとかに挑戦するのもアリ。理論で挫けて見ないフリしてたけど。評価がかなり高いトレモロも良い感じ。
f:id:punkrockers:20180314171123j:image

私の「欲」はどこ行ったんだと思っていましたがありましたね。欲。ギターに対する愛情とか欲はハンパねえっす。もうね。超好きなんだよおおおおおおおおお可愛いよおおおおおおおおおおおこの他にも沢山あるけどみんな超大好きなんだよおおおおおおおおおおお。女にモテなくたって(・∀・)イイ!! ギターが変わるとフレーズの癖も変わる。どんどん新しいフレーズが出てくる。楽しい。もうほんと可愛すぎて辛い。これから他の誰かに触られたりしたら嫉妬して発狂するかもしれない。このギターでパンクなんか下品すぎて弾けねえ。もっと勉強して練習して君に見合う弾き手になるよ。あーもう最高。たまんねえ。可愛い。大好き。もう今日は仕事しないんだ。朝からずっと触ってる。8時間くらい。あーもう大好き。好きすぎて死ねる。もうどこにも行かないでほしい。ああああああああsdfghjkl;:qざwsぇdcrvtfgybふんざwsぇdrctfvygぶhに、

www.youtube.com

 

以上、現場から変態がお送り致しました。スタジオにお返しします。

 

 

私の夢

私の夢は「死ぬ寸前まで忙しくしてる事」である。だから死ぬその時まで私の夢は叶わない。私の周りには成功者が沢山いる。そしてその「成功」の概念は様々であるが、皆同じような事を口にする。沢山のお金を所持して自由な時間を手にすること。好きな時に旅行に行き好きな時に眠り好きな時に好きな物を食べる。それって楽しいのかなぁと素直に私は思うのだ。私は仕事が楽しい。それは意識高いわけでもキラキラしてる訳でも無い。単純に「自分が考えたもの」を使ってお客さんが喜んでお金を払ってくれるのが嬉しいのである。独立して飯が食えない期間があったのでその思いは尚更である。こんな私に声を掛けてくれるのは感謝以外に何も無い。だから私は死ぬまで忙しい、それが楽しいのである。会社を大きくするつもりは無い。目標はある。10人で10億。全員がスペシャリストの頭脳集団を作りたい。だから簡単に人を雇わない。社長も専務も関係ない。全員が横並びの「アイツらすげーな」という組織を作りたいのだ。別に会社組織でなくとも構わない。私には人に自慢出来る学歴も何十年培った技術も何も無い。しかし業界で誰もやらないアイデアと販売力はある。その営業力と人脈を使って1人ずつスペシャリストを集めて回るのだ。あれやこれやはしない。一点集中で死ぬまでブレずにこれをやり続けるのだ。私のこのコンセプトに賛同してくれるプロ達だけで作る組織。私は常に新しい事を考えてそれを形にする。それを技術者達が理論や保証の肉付けをしていく。考えただけで楽しいじゃないか。今度優秀な人がまたウチに入ることになった。人数なんて関係ない。少しずつ、ちょっとずつ、一人一人が化け物のような集団を作るのだ。AIだと?そんなもの関係ない。人間にしか出来ない仕事を創造してやるよ。365日24時間そればっか考えてるんだ。ヒントは沢山ある。少人数で全員が一千万プレーヤーだ。楽しいぜー。現実社会でモンスターを集めるんだ。モンハンなんて目じゃない。ヒリつくぜ。

 

 

ヤクルトはただの砂糖水

僕がこう思ったのにはちょっとワケがあるんだ。先日会社の人間が少し体調を崩した僕に向かってこう言った。

乳酸菌飲料を飲むようになったら風邪ひかなくなった」

僕は思ったよ。何それって。最近急に乳酸菌乳酸菌ってみんな言い出してて、奇妙なことを口走るようになった。風邪引かないとか二日酔いが無いとか彼女が出来たとか。

意味が分からない。乳酸菌なんて昔からあったじゃないか。代表的なものはヤクルト。あの小さなボトルに何億個かどうか知らないけど乳酸菌が入ってて健康になるとかどうとか。

僕もたまに飲んでたけどすぐやめた。小さすぎるんだよ。だからサントリーからビックルが出た時は嬉しかった。あの美味しいヤクルトみたいな飲み物が沢山飲めるってね。でもその後またピルクルみたいなパチモンのパチモンみたいなものも出てきてね。

500mlでしょ?飲めないよそんなに。あんな甘ったるいものを500mlも。というかもうここですでに乳酸菌関係ないよね。ただのジュース。ヤクルトをもっと沢山飲みたい!って我々消費者が求めた結果、ヤクルトまでがただのジュースに成り下がった。所詮、砂糖水なんだよ。

ヤクルトはヤクルトを美味しく作りすぎた。良薬口に苦しって言うじゃない。身体にいいならもっと不味く作るべきだったんだ。悲しいかな僕はヤクルトを飲まない人になった。

どうだい?チルド氏( id:cild )が倒れたって聞いたから応援の意味もあってモノマネしてみたんだ。チルド氏のブログに面白いお題があったからね。批判は好きにすればいいよ。

今日はそんなところ。